気持よく眠って気持よく目覚めるために必要なこと!

気持ちよーく眠って気持よく目覚めるために出来ることを紹介しちゃいます!

view378

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気持よく目覚めるためには、気持よく眠れる環境を整えよう

  • 寝る前にスマホ、テレビ、パソコンの電源は切る

  • 「ベッドに入った後も携帯電話が手放せない……」という方もいらっしゃるのでは。電子機器のディスプレイが発するブルーライトには脳を覚醒させる働きがあります。そのため、就寝前にこれらの機器を使用することは寝付きを悪化させ、睡眠の質を著しく低下させてしまいます。テレビやパソコンの使用も、同様の理由から就寝前にはオススメしません。ベッドに入る前の一時間はすべての電子機器をオフにし、読書など、気持ちを落ち着けるための活動に使いましょう。
    出典 :心地良い眠りを手に入れる、就寝前の4つの心構え:Men's HOLOS
     

    出来ればゆったりと落ち着ける間接照明など、柔らかい照明の下でくつろぐ時間を作りましょう。スマホを握りしめて寝てしまう・・・なんてのは熟睡を妨げるものです。

  • 人間のメカニズムを利用して気持よく寝よう

  • 私たちが眠りに就こうとする時、無意識のうちに体の芯の温度を低下させ、体を休めようとする体内のメカニズムが働きます。このメカニズムを応用することで、就寝前の体温調節を工夫して、自然に体を睡眠へと導くことができます。適度な運動や入浴による体温の一時的上昇は、その後の低下によってこのメカニズムを呼び起こすのに役立ちます。また、室温はやや涼しめに設定しておいたほうが、この機能の働きを助けるため、眠りに就きやすくなると言えます。
    出典 :心地良い眠りを手に入れる、就寝前の4つの心構え:Men's HOLOS
     

    簡単に言えば、人間は体が冷える時に眠気を感じるということです。お風呂でしっかり温まり、体が冷めてくるタイミングでベッドに入れば気持ち良い睡眠が手に入ります。

  • 寝酒は厳禁!

  • 文字通り、眠りを助長するためにお酒を飲む行為である“寝酒”。アルコールには交感神経をほぐしてくれる働きがあるため、眠りに就くのを助けてくれる可能性は否定できないとされています。しかし、アルコールは体内で消化される過程において覚醒に作用するため、眠りに就いた後の睡眠の質を低下させてしまいます。総合的に考えて、“心地良い眠りを手に入れるための薬”としてアルコール飲料を飲むことは賢明とは言えません。
    出典 :心地良い眠りを手に入れる、就寝前の4つの心構え:Men's HOLOS
     

    寝酒は習慣にしてしまうと良いことがありません。それならば気分転換をしたりストレッチをしたりしてから寝るようにしましょう。

  • 眠れない、寝なきゃ!という焦りは考えない

  • どうしても眠れない……。そんな時は、無理に眠ろうとはせず一度ベッドから出て、30分間だけ本を読むなどして、気分を紛らわせましょう。ベッドに体を横たえ、なぜ眠れないのかを考えてしまいがちですが、かえって不安や心配を増幅させ、ますます眠れなくなる恐れがあります。
    出典 :心地良い眠りを手に入れる、就寝前の4つの心構え:Men's HOLOS
     

    眠れないということで悩んでしまうとますます快眠からは遠ざかってしまいます。いっそ、「これで勉強する時間が出来たわ」くらいの気持ちでドーンと構えましょう。

  • しっかりと暖かい状態で眠れるようにする

  • 手足が冷えていると眠りづらくなります。なるべく、手、足を暖かくして、血を巡らせれるようにしましょう。
    出典 :眠れない夜にコトンと眠れる方法 | nanapi [ナナピ]
     

    特に冷え性の人に効果的。しっかりと全身を温めるように対策することで、気持よく眠りに入ることが出来ます。

  • 寝る前は難しいことを考えない

  • 呼吸をゆっくりして、その自分の呼吸に意識を集中してみましょう。あるいは鼻の頭に意識を集中して他のことを考えないという方法もあります。

    もっと本格的にやりたい、という人は、瞑想もオススメです。
    出典 :眠れない夜にコトンと眠れる方法 | nanapi [ナナピ]
     

    寝る前に考え事をしていると、脳がしっかり休めません。何も考えず、ゆるーい気持ちで目を瞑りましょう。