長期間ひどい疲れがとれないアナタは、「慢性疲労症候群」を疑え!

いつまでたっても疲れが抜けない感じが続く・・・そんな症状がある人は、「慢性疲労症候群」の可能性があります。あまりに長期に続くと、社会生活が遅れなくなることも。症状を知って、健康管理、予防に役立てましょう。

view5364

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 「慢性疲労症候群」の定義は?

  •  

    どうしても疲れがとれないと思ったら・・・

  • 「慢性疲労症候群」というと、簡単に言えば、ひどい疲れがあまりの長期間にわたって継続した状態のことです。では医学的に、正式にはどのような定義になるのでしょう?

  • 慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん)は、原因不明の強度の疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)に及び継続する病気である。英語 chronic fatigue syndrome や myalgic encephalomyelitis(筋痛性脳脊髄炎)、 post-viral fatigue syndrome(ウイルス感染後疲労症候群)の頭文字から CFS、ME、PVFS と呼ばれる。また重篤度が伝わらない・慢性疲労と区別がつきにくいということから、chronic fatigue and immune dysfunction syndrome(慢性疲労免疫不全症候群)CFIDSという呼称をアメリカ患者団体が利用してもいる。以下 CFS と略す。
    出典 :慢性疲労症候群 - Wikipedia
     

    「CFS」という略呼称も定着しています。

  • NEWSアンサー『慢性疲労症候群 「疲労」と呼ばないで』(2012_03_22).mp4 - YouTube

     

    ただの「疲労」ではなく、筋肉の働きに障害が。

  • 慢性疲労症候群(CFS)とは
    •慢性疲労症候群(CFS)とは
    ◦原因不明の強い全身倦怠感,微熱,リンパ節腫脹,頭痛,脱力感や, 思考力の障害,抑うつ等の精神神経症状などが起こり,
    ◦この状態が長期にわたって続くため,
    ◦社会生活が送れなくなるという病態である.
    ◦日医雑誌第119巻・第8号/平成10(1998}年4月15日RK-701

    •頭痛、倦怠、微熱などを呈する症候群である。特異抗核抗体が証明された。
    出典 :慢性疲労症候群
     

    1998年という昔から定義されているものなのですね。

  • 慢性疲労症候群の症状を教えて!

  •  

    たいしたことない微熱だからと放っておかないで!

  • ●微熱・頭痛・のどの痛みがある  

    慢性疲労症候群の代表的な症状として微熱があげられています。平熱より0.5~1.5℃程度高い熱が半年以上にわたって持続します。解熱鎮痛剤などを用いても熱があまり下がらないことも特徴といえます。 また、かぜをひいたときのような、のどの痛みや頭痛がするようになることがあります。

  •  

    スポーツの後などではなく、突如動けないほどの筋肉痛は疑い大です。

  • ●ひどい筋肉痛が起こる

    全身または特定の部位に激しい運動をした後のような筋肉痛が現われ、身体を動かすことができないほどの痛みになることがあります。

  •  

    思い当たる原因もないのに疲れている、そんな「疲れ」に要注意

  • ●疲労感がある(とれない)

    慢性疲労症候群では、日常生活に支障をきたすほどの疲労感が引き起こされます。 ちなみに、仕事や育児など、疲労の原因がはっきりしている場合は「慢性疲労」であり、慢性疲労症候群には当てはまらないので注意してください。

  •  

    外へ出るのが億劫で仕方ないといった症状にも気を付けましょう。

  • ●気分障害

    うつ病に似たような症状がでて、気分の落ち込みが続き、仕事にでられない、学校にいけないというほどまでになる場合があります。一般的には、うつ病の症状は朝に重く、午後に軽減される傾向がありますが、慢性疲労症候群の場合、午後のほうが憂うつ感が強まる傾向にあります。
    他にも、注意力や集中力の低下などもみられます。物忘れがひどくなるなど、認知症のような症状がでる場合もあります。

  •  

    夜中に何度も目が覚める・・・そんな症状ありませんか?

  • ●不眠と過眠。睡眠障害がある。

    自律神経の異常により、寝つけない、眠りが浅い、早く目が覚めてしまうなどの「不眠」や、朝起きられない、日中に極度の眠気に襲われるといった「過眠」の症状、さらにはこれらが、一日のうち同時に現われることもあります。

  • 慢性疲労の症状を改善する治療法!脳疲労 自律神経疲労 身体疲労解消 ...

     

    自分でできる慢性疲労の症状を改善できる治療法を共有してくれています。

  • 思い当たる症状があるようなら、長く続きすぎないうちに、また悪化して日常生活に支障をきたす前に、専門医に相談するなどして対応しましょう。