0歳児の赤ちゃんでも楽しめる絵本!親子で読みたいファーストブック

「赤ちゃんが絵本を楽しめるの?」実は10ヵ月ぐらいから絵本を楽しく読める子が多くなるそう!まだまだ絵本は早いかな~?と思っているパパママ必見!0歳児でも楽しめる絵本を、先輩パパママのレビューを元にまとめてみました。

  • MUMMY 更新日:2014/05/15

view2342

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • え?赤ちゃんて絵本がわかるの?まだ早いんじゃなーい?

  • 一人一人ちがいはありますが、赤ちゃんは10ヵ月くらいになると、お母さんやお父さんの言葉を聞きながら絵本の世界に入っていけるようになります。
    出典 :福音館書店|年齢別おすすめ絵本 赤ちゃん1
     

    10ヵ月ぐらいで楽しく絵本が読める子が多いんですね~。早い子だともっと低月齢の頃でも楽しめるみたい!

  • はじめて絵本に出会う赤ちゃんにとって、絵本はお母さんお父さんと一緒に遊ぶおもちゃみたいなものです。ですから、はじめから終わりまでちゃんと読み聞かせなくてはと、無理をする必要はありません。
    出典 :福音館書店|年齢別おすすめ絵本 赤ちゃん1
     

    読み聞かせ、というよりは音で楽しむって感じなんですかね?

  • 0歳の赤ちゃんに絵本なんてまだ早いと思っているお母さんも、絵本を開くことで赤ちゃんと楽しい時間を分かち合えることに驚かれるはずです。
    出典 :0歳児・赤ちゃんにおすすめの絵本 [絵本] All About
     

    まだ早いと思っているパパママ、ぜひ試してみて!!

  • 0歳児にオススメな絵本を少しだけご紹介

  • いないいないばあ

     

    赤ちゃんとのコミュニケーションに欠かせない「いないいないばぁ」の遊びが、絵本になっています。表情豊かな動物たちが「ばぁ」と顔を出すと、きっとあかちゃんもにっこり!30年もの間、親しまれてきた定番中の定番。

    出典:http://www.lib-minamishimabara.jp/baby/

  • 「いない・・・」のことばにのせて絵本をめくると、動物が1匹ずつ「ばあ」と登場します。「ばあ」の心地よさと驚きを赤ちゃんと共有しながら楽しめて、遊びにもつながる絵本です。
    出典 :ブックスタート|Bookstart Japan
  • 世間の評判から、当時生後6ヶ月の子供にはじめて買った絵本です。
    『いないいない』『ばあ』でページをめくるたびに声を出して笑います。
    10ヶ月の今では「ご本読むよ~」と表紙を見せるだけでも、
    ニコニコ顔&猛スピードで私のもとまでハイハイしてくるほどのお気に入りです。
    出典 :Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
  • じゃあじゃあびりびり

     

    「わんわん」「ぶーぶー」「ぶいーんぶいーん」。イヌやネコ、車や掃除機など、赤ちゃんの身の回りにあるものが、擬音語とともに、はっきりした色使いで描かれています。日常生活の中での赤ちゃんへの言葉かけにもつながります。

    出典:http://www.bookstart.or.jp/lg/booklist.html

  • 赤ちゃんの身の回りにある音があふれるほどに詰まった絵本です。イラストもカラフルで赤ちゃんの興味を目と耳の両方から満たしてくれます。お出かけにも便利な手のひらサイズが嬉しいですね。
    出典 :0歳児・赤ちゃんにおすすめの絵本 [絵本] All About
  • 娘が四ケ月ぐらいから読み聞かせしました。
    ことばの面白さを小さな赤ちゃんでも楽しめるよう工夫されていると思います。これを読みながら娘の口から初めて”ぶーぶー””わんわん”と出た時のことは今でもはっきりと覚えています。もうすっかりボロボロになってしまいましたが今でも大事にしています。娘と私のとても大事な思い出の一冊です。
    出典 :Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
  • もこもこもこ

     

    「もこ」「にょき」「つん」「ぷうっ」・・・これらの音に絵が組み合わさった不思議な世界に赤ちゃんは大喜び。子どもの豊かな感受性に驚かされます。

    出典:http://www.lib-minamishimabara.jp/baby/

  • なんと説明したらよいのでしょう? とにかく、とても不思議な絵本です。「しーん」として何もない地面が、「もこ」となった瞬間、子どもはこの絵本の世界に引き込まれます。
    出典 :0歳児・赤ちゃんにおすすめの絵本 [絵本] All About
  • 6ヶ月になる息子が大好きな絵本です。保育士をしている母が保育所で一番人気な絵本、ということでプレゼントしてくれた『もこもこもこ』。はじめは半信半疑で読み聞かせていましたが、言葉のマジックというものを見せつけられている感じです。ぐずっていても「もこ」とかこの絵本の中の言葉を言うと、笑顔になってしまうので不思議で仕方ありません。
    出典 :Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
  • おつきさまこんばんは

     

    「こんばんは、おつきさま」おつきさまの表情の変化につられて赤ちゃんもにっこりしたり、泣きべそをかいたり。美しい色と落ち着いたストーリーが赤ちゃんに人気の1冊です。

    出典:http://www.lib-minamishimabara.jp/baby/

  • 娘が3ヶ月になりたての頃に購入しました。
    それまでも、隣に寝転がっていくつかの絵本を読み聞かせてましたが、じっと本を見つめるだけでした。
    まだ3ヶ月だしこんなものかなと思っていましたが、この本が届き、読んであげたらびっくり!最後のおつきさまが笑ってるページでニコニコ笑いました!
    嬉しくて3回も繰り返しましたが、やっぱり同じ。おつきさまの笑顔を見て、嬉しそうに笑います。
    今4ヶ月ですが、相変わらず喜んでますよ~
    出典 :Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)
  • がたんごとんがたんごとん

     

    がたんごとん、列車がやってきます。「のせてくださーい」と、赤ちゃんの大好きなものたちが乗り込みます。リズム感のあることばと、おはなしが楽しい1冊です。

    出典:http://www.lib-minamishimabara.jp/baby/

  • ストーリーが単調だという声もありますが、そこがこの本のいいところ。
    「がたんごとん」の繰り返しには、理屈抜きに口ずさめる心地よいリズムがありますし、
    シンプルな絵には、絵本の持つ「子どもの想像力を育む力」が潜んでいます。
    また、父親としては、読み聞かせるときになかなか声に出すのが恥ずかしい絵本が多いものですが、
    この本にはそんな心配もなく、子どもと一緒に楽しめます。
    出典 :Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
  • 関連リンク