ダイエットのための肥満と遺伝について知っておこう

ダイエットしていても中々効果が出てこない・・・

それは遺伝が影響している可能性があります。

肥満と遺伝との深い関係を知るとダイエットの考え方が変わるかも?!

view408

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肥満には「エネルギー消費が少ない」といった太りやすい性質の遺伝子が関係している。
    出典 :独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床研究部
     

    「エネルギー消費が少ない」という働きをする遺伝子の影響とは・・・効率が良い?悪い??

  • 肥満に関係する遺伝子は世界中で50以上見つかっており、1つの遺伝子の関与は小さくても、複数が組み合わさると肥満する確立は高くなる。
    出典 :独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床研究部
     

    遺伝と環境との相互の影響を肥満も受けているので、遺伝子だけの関与で発生するものではないと言えます。

    しかし、どんなに環境を変えてもダイエット効果が出てこないというのは利己的な遺伝子の関与が大だということなのでしょう。

  •  







    ベーター3アドレナリン受容体遺伝子

  • この遺伝子に変異を持つ人の人口割合は、日本人では約34%で、内臓脂肪型の肥満になりやすい。
    出典 :独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床研究部
  • 両親から1つずつもらう2つの遺伝子のうち、1つでも変異遺伝子だと(ホモ、ヘテロ)標準タイプの人にくらべて代謝量が一日当たり200Kcal近く低下する(肥りやすい)(りんご型)。
    出典 :独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床研究部
     

    代謝が200kclも低下するとは・・・食べなくても太るかも・・・辛

  •  







    脱共役タンパク質

  • この遺伝子に変異を持つ人の人口割合は、日本人では約25%で皮下脂肪型の肥満になりやすい。
    出典 :独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床研究部
  • ヒトUCP遺伝子が2つとも変異遺伝子だと(ホモ)標準タイプの人にくらべて代謝量が一日当たり100Kcal近く低下する(肥りやすい)(洋なし型)。
    出典 :独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床研究部
     

    代謝量だけではなく脂肪のつきかたが異なるという遺伝子の関与・・・怖

  •  







    ベーター2アドレナリン受容体遺伝子

  • この変異遺伝子タイプを持つ人は、日本人口の約16%で痩せやすい。
    出典 :独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床研究部
  • 両親から1つずつもらう2つの遺伝子のうち、2つとも変異遺伝子だと(ホモ)標準タイプの人に、くらべて代謝量が一日当たり200Kcal近く上昇する(痩せやすい)(バナナ型)。
    出典 :独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 臨床研究部
     

    痩せる遺伝子とは・・・食べても痩せる・・・空回りしてるみたい

  • 体型

  • ・内臓脂肪でお腹ぽっこり

    ・太るとへそ上が迫り出す

  • 特徴

  • ・男性に多い

    ・糖分で太りやすい

  • 性格

  • ・明るい ・温厚 ・素直 ・マイペース ・大雑把

  • 好きな食べ物

  • ・糖分大好き ・ご飯 ・パン ・芋 ・和菓子 ・ビール

  • ご飯に対する姿勢

  • ・ご飯の時間に食べられないとイライラする

    ・焼き肉屋でもすぐにご飯を注文する

  • 体型

  • ・下半身太り

    ・お尻や太ももに皮下脂肪がたくさんつく

  • 特徴

  • ・ダイエットに悩む女性の多くのタイプ

    ・脂肪で太りやすい

  • 性格

  • ・真面目で頑固 ・気が強い ・一つのことにのめり込む

  • 好きな食べ物

  • ・脂肪大好き ・肉 ・ラーメン ・ポテトチップ ・揚げ物 ・洋菓子

  • ご飯に対する姿勢

  • ・主食よりおかず

    ・肉が大好き

    ・ジャンクフードも大好き

  • 体型

  • ・手足がひょろりと長くほっそりとした薄い身体

    ・筋肉が少ない

  • 特徴

  • ・食が細く食べても太らない

    ・貧弱な体型で悩むケースも

  • 性格

  • ・神経質で完璧主義 ・身だしなみなど細かいところに拘る

  • 好きな食べ物

  • ・野菜 ・豆腐 ・魚類 ・海藻 ・果物 ・ヘルシーなもの

  • ご飯に対する姿勢

  • ・食べなくても平気

    ・偏食が多い