1度できてしまったら枝毛の修復はできない!?

せっかく伸ばした髪の毛に枝毛ができてしまったらどうしよう??
できることなら何とかして枝毛修復を試みたいものですが、実際のところはどうでしょう。

view957

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 枝毛修復は可能なの?

  • 毎日、ケアを欠かさないようにしていても枝毛を見つけてしまうととてもショックですね。
    特にロングヘアであれば、せっかく伸ばしたのだから、何とか切らずに枝毛修復をすることはできないかと思うのは当然です。
    枝毛ができてしまったときの対処法とは?

  • 枝毛を見つけた場合の処置の仕方としては枝毛の部分から3cmぐらいをカットするしかありません。枝毛は他人の目にもつきやすく、髪の手入れをちゃんとしていないのかと思われてしまう可能性もあります。
    出典 :枝毛の修復|サラサラヘアー.com
  • みなさんの言うとおり、きるしかないです
    でもきるなら美容院で切ったほうがいいです。
    ハサミが悪いとまた枝毛になっちゃいます
    切った後はトリートメントして枝毛対策です
    出典 :枝毛、切れ毛をなんとかして補修したい! -chieco(チエコ)-
  • 他の方もおっしゃっていますが、枝毛は髪が傷んでしまった状態ですので、カットされることをおすすめします。
    髪を切っても痛くないですよね?それは、髪が死んだ細胞だからです。
    (爪を切っても痛くないのと同じ理由です)
    死んだ細胞ですので、修復することはありません。
    出典 :枝毛、切れ毛をなんとかして補修したい! -chieco(チエコ)-
  • 枝毛ができてしまったら、残念ながら1度切ってしまうしか対処法はないようです。
    しかし、大切なのは傷んでしまった部分を切った後です。
    せっかくリセットしたのだから再び枝毛を作らないためにケアをする必要があります。

  • どうすれば枝毛を予防できるの?

     

    枝毛修復は不可能なため、できてしまったら切るしかありません。
    でも、せっかく伸ばした髪を切りたくない!
    そのためには枝毛を作らない工夫をしよう。

  • まず、枝毛は髪が乾燥状態になっている時が一番できやすく、そのため日頃から髪の毛を乾燥させないようにすることが大切です。
    たとえば、少しでも乾燥が気になってきたら、毛先中心にオイルやトリートメントをその都度、馴染ませることも乾燥予防には大変効果的です。
    出典 :枝毛予防に効果的な方法
     

    乾燥はお肌だけではなく、髪の毛にとっても天敵なんですね!

  • ぬれた状態は髪が一番無防備な状態なので、無理なブラッシングを裂け、ドライヤー前に洗い流さないトリートメント剤等で、先に髪をコーティングをしておいて、摩擦や熱のダメージを防ぐながら、毎日のヘアケアしておくのも重要なことです。
    出典 :枝毛や切れ毛の防止法について|体と髪の健康を科学する
     

    どれも日常的に行えるケアばかりです。ぜひ実践してみたいですね。

  • 健康な髪は健康な体の上に作られます。大切なのはバランス良く何でも食べることです。
    出典 :枝毛切れ毛/枝毛切れ毛の予防と対策/大阪府堺市のエステサロンのピュール
     

    たんぱく質やミネラルをはじめ、各種栄養素をバランスよく摂取することは髪の毛にも大切なんですね

  • 髪を乱暴にとかすと、私たちが想像する以上に髪にダメージを与えます。
    例えば、髪の根元から毛先まで一気にとかした場合、もつれが毛先近くに集まり、無理にとかそうとすると、髪に大きな力がかかります。
    その結果、毛先近くのキューティクルがはがれたり、コルテックスが裂けたりして、枝毛、切れ毛の原因になります。
    出典 :枝毛切れ毛/枝毛切れ毛の予防と対策/大阪府堺市のエステサロンのピュール
     

    ブラッシングに気をつけるだけでも随分と違ってきます

  • 効果的なトリートメントの使い方は?

     

    トリートメントの効果を最大限に引き出す使い方ってあるのかな?

  • トリートメントは毛先の傷んだところに重点的につけます。すぐに流しても効果はありますが、2〜3分置くとさらに効果的です。また蒸しタオルで温めたり、お風呂場など湯気のあるところでは、キューティクルが開き髪の内部まで浸透します。
    出典 :枝毛は治りますか?また予防するには?|大阪心斎橋の美容室リプリゼント
  • 髪にトリートメントが浸透したらすすぎ残しのないようによくすすいで頭皮に残らないよう注意してください。トリートメントのすすぎ残しは頭皮のトラブルを招く要因にもなりますので、シャンプーと同じようにしっかりと洗い流すことも大切です。
    出典 :枝毛のトリートメント|サラサラヘアー.com