薄毛の効果的!薄毛対策の食べ物

薄毛って男性の悩みというイメージが強くないですか?でも、最近では薄毛に悩む女性が増えてきているのです。「まだ大丈夫」と思っていると急に・・・なんてこともあり得ます。すでに薄毛が気になっている方も、そうでない方も食べ物で簡単に薄毛対策を!薄毛対策の食べ物をまとめました。

  • Hachi 更新日:2013/12/26

view461

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 亜鉛の効果

  • たんぱく質を皮膚、毛髪、爪、筋肉、骨、臓器などに変える働きがあります。
    また、アルコールの分解、抗酸化、免疫活性化などの効果もあります。
    重要なのはもちろん、たんぱく質を毛髪に変えるというところです。
    また、毛髪はケラチンというたんぱく質で構成されています。
    亜鉛にはそのケラチンの生成を助ける効果もあります。
    また、ホルモンバランスを整え、乱れたヘアサイクルを戻してくれるという効果もあります。
    出典 :薄毛、若はげと亜鉛の関係は⁈|20代の若はげと女性の薄毛の予防対策法まとめ
  • 亜鉛を多く含む食べ物

  • 亜鉛は魚介、肉、レバー、海藻、野菜、豆類などに含まれ、特にカキはよい供給源です。
    出典 :亜鉛の上手な摂り方-栄養食品効果効能
  • ダントツに含有量が多いのが生牡蠣で13.2mg。
    出典 :薄毛対策のために亜鉛食品を摂取します!
  • 魚介類には亜鉛を多く含んでいる食ベ物がたくさんありますが、同じ動物性食品である肉類の赤身部分にも亜鉛が多く含まれているので、食事に赤身部分を取り入れるのも◎!
    出典 :【亜鉛が多い食品・食べ物】効果・欠乏・過剰摂取 | ダイエットSlism
  •  

    あまり頻繁に食べれる物ではないですが、亜鉛がかなりたくさん含まれている食品と言えます。

  • ビオチンの効果

  • 毛髪や皮膚の健康維持 髪の寿命をのばす 皮下組織の毛細血管を太くして血流を上げる 皮膚全体(頭皮も!)の新陳代謝を活発化
    出典 :髪に良いビタミンと過剰摂取でハゲるビタミン。 | ハゲ学
  • ビオチンを多く含む食べ物

  • ビオチンは牛や豚の肝臓、かれいやいわしなどの魚類、ゆでた大豆などに多く含まれます。卵黄にもたくさん含まれていますが、卵白に含まれるアビジンとよばれるたんぱく質がビオチンと結合するとその吸収を妨げてしまうので、卵の取りすぎが返ってビオチン不足を引き起こしてしまいます。ただし加熱調理すればアビジンの影響は受けなくなります。
    出典 :ビオチンの多い食べ物>>
  • ビタミンEの効果

  • 細胞の膜が酸化を防ぐことにより老化を防ぐ効果。
    血液をサラサラにする効果で、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などを予防。
    頭皮細胞を壊す酸化脂質の生成を抑え、血行を良くする効果があるため、育毛目的には積極的に摂取したいビタミンです。
    出典 :脂溶性ビタミン、過剰摂取で薄毛にダメージ! - フサフサライフスタイル
  • ビタミンEを多く含む食べ物

  • ビタミンEは、 油、種実類、魚卵に多く含まれます。
    出典 :ビタミンEの多い食品と、食品のビタミンEの含有量一覧表 | 簡単!栄養andカロリー計算
  • レバー、牛肉、豚肉、ベーコン、かつお、鮭、たらこ、
    アーモンド、バター、ひまわり油、大豆油、煎茶、玄米、
    緑黄色野菜、小麦胚芽
    出典 :老化を防止するビタミンE|ハゲ薄毛を止める方法とは
  •  

    レバーは亜鉛もビオチンもビタミンEも摂れるので育毛にとても効果的な食品ですね。

  • ビタミンEは、ヒマワリ油など植物油に多く含まれています。酸化しやすいので、ドレッシングなど、加熱しないでそのまま食べるとビタミンEを効率よく摂取することができます。またビタミンCと一緒にとると、抗酸化作用が高まります。
    出典 :【ビタミンE】 - 食品と欠乏
  • ビタミンB群の効果

  • ビタミンB郡は代謝の補助など生命活動に関係する作用が多いビタミンです。
    神経系や薄毛の大敵と言えるストレスにも関係しています。
    体のなかで起こる様々な反応(代謝)のサポート役も担っています。
    ビタミンB群それぞれ薄毛改善に大きな役割を持っているため、どのビタミンB群も不足したくないとろこです。
    出典 :薄毛改善とビタミンB:薄毛改善大作戦
  • ビタミンB群を多く含む食べ物

  • 1.B1の多い食品は、穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類など
    2.B2の多い食品は、レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類など
    3.B6の多い食品は、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉など
    4.B12を多い食品は、魚介類やレバーなど
    出典 :【ビタミンB群】 - 食品と欠乏
  • ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉、小麦胚芽や玄米などの穀類、落花生や大豆などの豆類・種実類、うなぎなどです。中でも豚肉ついでうなぎは一度に食べる量も多くビタミンB1自体の含有量も豊富なので、補うにはもってこいの食品です。

    出典 :ビタミンB1の多い食べ物>>
  • ビタミンB2は野菜や穀類などの植物性食品よりも、肉や魚などの動物性食品に多く含まれます。なかでもレバーは、1度に取れる量も多いので補給にはおすすめです。ドジョウややつめうなぎ、鶏卵やキャビアなどの卵類にも豊富に含まれます。
    出典 :ビタミンB2の多い食べ物>>
  • ビタミンB12は、肉類、魚類、乳製品などの動物性食品に多く含まれ、植物性食品には、ほとんど含まれていません。
    出典 :ビタミンB12が多い食品・食材