美肌の大敵・・・紫外線・・・その対策は?!

紫外線は美肌の大敵!!
効果的な対策はどのようなことでしょうか?!

view201

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 紫外線の種類・・・

  • わたしたちの肌に届く紫外線には、A波とB波があります。

    A波は肌に届く紫外線の9割を占め、B波よりも肌の奥深くまで届くのが特徴。

    室内でも曇りの日でも肌の奥深くまでじわじわ侵入し、繰り返し浴びているうちに、肌のハリや弾力を低下させて、肌のたるみなどを招きます。

    一方、波長の短いB波は表皮細胞に影響を与え、真っ赤な日焼けやヒリヒリとした炎症を引き起こし、シミになることもあります。
    出典 :紫外線の種類と、皮膚への影響 - 紫外線と美容のマメ知識 | オレゾ - ロート製薬株式会社
     

    紫外線には2種類ありそれぞれが肌に悪影響を及ぼし、それぞれの紫外線が及ぼす効果が異なります。

  • 紫外線の影響・・・UVーA・・・

  • ●肌の黒化
    ●シワ・タルミなどの促進

    「UV-A」は、日ざしを浴びた後に、肌をすぐ黒くする紫外線です。雲や窓ガラスなども通過して、ゆっくりと肌の奥深く真皮まで届き、シワやタルミなどの肌の老化を促す原因となります。
    出典 :紫外線について│美容知識│三口産業株式会社
     

    A波は肌の老化の原因となるということは、じわじわと悪い影響を及ぼすということです。

  • 紫外線の影響・・・UV-B・・・

  • ●肌の炎症
    ●シミ・そばかすの生成

    「UV-B」は、主に表皮に強く作用して、日ざしを浴びた数時間後に、肌に赤く炎症を起こす紫外線です。メラニン色素を増加させ日焼けによるシミ・そばかすの原因を作ります。
    出典 :紫外線について│美容知識│三口産業株式会社
     

    B波はシミ・そばかすの原因や肌に炎症を起こすということは、すぐに悪影響が起きるということです。

  • 紫外線に効果的な美容成分・・・

  • もともと体には、活性酸素を抑制する酵素を持っていますが、加齢とともにこれらの酵素が減尐し、能力も衰えます。そのため、老化すると肌にシミやシワができてしまうのです。

    UVケアのためには、紫外線を吸収する成分や、活性酸素を抑制する酵素と同様の作用を持つ成分、基底細胞を守る成分、コラーゲン、エラスチンなどを保護する成分、紫外線によるDNAの損傷を修復する成分などを取り入れると効果的です。
    出典 :UV紫外線に効果的な成分・オウゴンエキス等|美容成分.com
     

    老化によって紫外線の影響を受けやすくなり、さらに肌の老化が進むのでその対策が加齢と共に必要となってきます。

  • 美肌と晩ご飯・・・

  • 日中に紫外線を浴びた当日に、内側から栄養補給してあげることが必要です。つまり、その日の晩ご飯がとても重要な役割を担っているということ!

    新しく細胞を作るためには、亜鉛・α-リノレン酸などの栄養分が必要。次のような食品に多く含まれています。

    ■亜鉛が多く含まれる食品

    ・牡蠣

    ・牛肉

    ・チーズ

    ・卵黄

    ・豆腐

    ・ゴマ

    ・アーモンド

    ・緑茶 など

    このように、亜鉛は比較的多くのジャンルの食材に含まれているので、料理にも取り入れやすいはず。体にとってとても重要なミネラルで、火傷の回復・ニキビの改善などの効果もあります。紫外線を多く浴びてしまった日は、上記を意識して摂るようにしましょう!

    ■α-リノレン酸が多く含まれる食品

    ・シソ油

    ・えごま油

    ・くるみ

    上記の油は熱を加えると酸化してしまうので、調理に使用するというよりドレッシングなどで摂るのがオススメです。これらは体内でEPA・DHAに変化するため、これらを多く含む魚類にも似たような効果が得られると言われています。

    亜鉛とα-リノレン酸を一緒に摂るなら、豆腐サラダにゴマドレッシングなどはいかがでしょうか? さらに、シミの発生を予防するためにビタミンCの多い野菜や果物も摂るとベストです!
    出典 :美容液だけじゃダメ!実は紫外線ケア「晩ご飯」が超重要
     

    晩ご飯が紫外線対策に効果的で、バランスの良い食事と質の良い睡眠を得るように心がけて、身体のメンテナンスが十分に行えるようにしましょう。