よりよい睡眠のために、正しい枕の選び方

一日の半分近くを一緒に過ごす枕。より深く、快適な睡眠のために、自分にあった枕を選ぶことは非常に重要なことです。知っているようで知らない、その秘密をまとめます。

view275

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 熟睡するためには、熟睡することのできる枕の選び方を理解することが重要です。

    枕は、寝ている時のあなたの姿勢を快適に保ち、質の高い睡眠をとるために欠かすことのできない重要なアイテムです。

    合わない枕を使用し続ければ、不自然な姿勢で睡眠をとることとなり、寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下してしまいます。そのため、熟睡するためには、あなたに合う枕の選び方を理解することが重要になります。
    出典 :枕の選び方を学ぼう!熟睡できる枕の選び方の3つの重要なポイント | iGotit
  • 選び方の三大要素は高さ、素材、形状

  • 1.高さ

  • 自分ではわかりづらいので、専門家の人に計測してもらうことをお勧めします。

  • 熟睡するための枕の高さは、統計学的には、女性が3cm、男性が4cm程度であるといわれています。しかし、頭の形状や大きさは人によって異なるため、個人個人に合う高さを調べるということが大切です。

    また、厳密に言えば、熟睡するための枕の最適な高さは、「直立に立っている時の頭の角度と、仰向けに寝ている時の頭の角度が同じになる高さ」です。直立に立っている時がもっとも人におって自然で楽な姿勢であるため、寝ている時も同じ姿勢になることができれば、リラックスして熟睡することができるのです。
    出典 :枕の選び方を学ぼう!熟睡できる枕の選び方の3つの重要なポイント | iGotit
  • 最近では首にシワが出来ることを懸念して枕を使用しない人が増えていると聞きますが、その場合頭部が心臓よりも低くなるので血液循環がスムーズでなくなってしまい、起床後の顔のむくみにつながってしまいます。4~5kgもある頭を1日中支え続けている首を休ませてあげることが枕の最大の役割なので、ちゃんと自分の高さに合った枕を使用することがマストです。
    出典 :正しい枕の選び方 [布団・寝具] All About
  • 2.素材

  • これは実際に寝てみることが一番。またアレルギーなどと関係することもあるので注意が必要です。

  • 枕の素材には様々な種類があります。種類によって頭を置いた時の感覚が異なるため、あなたが落ち着いて気持ちよく眠ることのできる素材を探すことが、なによりも重要です。

    枕は素材によって、メンテナンス可能かどうかが変わり、また枕の寿命も変わってきます。あなたの考えや方針によって、これらの点を考慮することが大切です。

    枕選びにおける素材の選び方

    枕の素材を選ぶ際には、「素材のメリットとデメリットについて理解し、あなたの好みに合う素材を選ぶこと」が大切になります。
    出典 :枕の選び方を学ぼう!熟睡できる枕の選び方の3つの重要なポイント | iGotit
  • 3.形状

  • 最近は、驚くほど様々な形状が販売されていて、すごく迷います。

  • 枕の形状を選ぶ際には、「肩や首もとを支える構造か」ということと「寝返りしやすい構造か」ということを基準に選ぶことが大切です。

    肩や首もとを支える構造の枕を利用することで、周辺の筋肉もリラックスして熟睡することができます。反対に、枕による支えがなければ、頭を支えるために首筋や肩の筋肉に力が入り、この状態が続くことで首のハリや肩こりが生じてしまいます。

    また、あなたは毎晩20〜30回程度の寝返りをうっています。そして、寝返りをうつことで、身体の上下の位置を入れ替え、血液や体液の流れを促進しています。これらが促進されることで、より深い睡眠を得やすくなります。
    出典 :枕の選び方を学ぼう!熟睡できる枕の選び方の3つの重要なポイント | iGotit
  • 石田屋『眠りの王国』vol50 ~枕の正しい選び方~

  • お泊り会@IKEA in 船橋店 ネムリエセミナー 枕編

  • 腰痛とも関係があるようです。

  • マットの状態と腰痛が関係しているのはよくわかりますが、まさか枕自体が腰痛にリンクしているとは知らない人も多いのでは?

  • 奈良県生駒市|腰痛を改善するための枕選び「生駒フットケア整体院」