妊娠中のペットはNG?

よく、妊娠中はペットはNGという話を聞きます。本当にダメなんでしょうか?なんでダメなんでしょうか?

view350

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ネコで気を付けたいことがある

  • では本当にペットは危ないのか。
    いいえ、とんでもない(^^)
    これは何も妊娠したからと言うのでなく守らなければいけないことですが、キチンとした知識を身につけていくつかの注意事項を守れば、安心してペットと赤ちゃんの誕生を待つことが出来ます。
    以下、今まで獣医さん達に伺ったお話や経験をもとに、お話してみますね。
    (一応この文章は、何人かの獣医さん達にチェックしてもらいました。)

    一番皆さまからの相談で多いのが「ネコのトキソプラズマ」でしょうか。
    これはトキソプラズマと言う原虫(細菌やウィルスのように小さい)が、ネコの排泄物から人に感染すると流産や奇形が生ずる、と言うものです。
    ではどういうときに流産や奇形になるのか。
    一度に大量に感染する→流産。
    妊娠初期に感染した場合→水頭症の赤ちゃんの可能性
    と言うわけで、子供が出来たと言うと回りの人は「ネコを飼うのはやめなさい」と言うのです。
    また産婦人科でも妊娠発覚直後のトキソプラズマ検査の結果で高い抗体値を持っていると、お医者様は堕胎を勧めてしまったりします。

    ここでポイント。
    トキソプラズマは妊娠中の感染が問題である。
    そうです。「妊娠中に初めて感染する」のが問題なのであって、妊娠前に感染し、すでに抗体がある場合は問題なし、なのです。
    ですから産婦人科の検査で高い抗体値が出ても、2~3週間後に再検査をして4倍とか8倍とかに抗体値が上昇していなければ、これは古い感染であり、赤ちゃんへの心配はありません。
    1回で古い感染か新しい感染か分かる検査もあるそうですので、そのあたりは産婦人科で相談してみてください。

    中には「長いことネコを飼っているから抗体はあるはず」と思っていらっしゃる方、私も10年ほど一緒でしたが、妊娠直後の検査は陰性でした。
    ネコが感染してなければ、人に抗体の出来るはずもありませんね。
    ですから必ず検査は受けて下さい。

    次に感染が認められなかった場合、次のことを頭に入れてください。
    ・ 感染源はある一定の時期しか排せつされない。その時にはネコの具合も悪い。
    ・ 人間への感染性を有するまでには排せつ後48時間位の時間が必要。
    と言うわけで、まさか室内飼いの場合にはそんな長い時間ウンチを放置しないでしょうから、心配無し。
    外飼いの場合はお庭でするでしょうが、慎み深いネコは必ず土の中に埋めますので、ガーデニングなどで土いじりをするときには気をつけましょう。
    いずれにしてもネコのトイレの掃除は家族がしてあげたり、本人がするときは炊事用の手袋をしたり、手洗いを慣行したりの安全策をとりましょう。
    出典 :妊娠と赤ちゃんと動物と
  • 安全策をとれば、問題ないようですね。

  • 犬やネズミにも注意

  • レピトスピラ症はネズミや犬に見られる病気で、そのフンや尿から人にうつりますが、妊婦さんが感染してもおなかの赤ちゃんに影響するなど、大きな問題はありません。感染予防としては犬には定期的に予防接種を受けさせる、トキソプラズマ症同様、ペットの尿やフンは直接触らない、フンの始末をしたあとはよく手を洗うこと。
     
     皮膚病は犬や猫に多く見られますが、とくに猫の真菌症や疥癬虫症には注意。かゆみを伴う湿疹が人にもうつることがあります。予防としてはペットはこまめにシャンプーして清潔にすること、皮膚の伝染病などにかかっていないか定期的に動物病院でチェックするとよいでしょう。
    出典 :ペットといっしょに暮らす場合に気をつけるべき基本的なことを勉強しておきましょう - gooベビー
  • とにかく清潔に!を合言葉にすれば大丈夫そうですね。でもシャンプー中に大人しく出来ないワンちゃんの場合、シャンプーを家族の誰かに変わってもらった方が安全そうです。

  • ネコの爪に注意

  • (1) ネコひっかき病
    バルトネラ菌という細菌によっておこる病気です。ネコ、特に子ネコ(原因の70%は子ネコ)の爪や口腔内、血液、皮膚にこの細菌が存在し、人をひっかいたり咬んだりして感染しますが、傷のない場合も40%ほど見られます。また、ネコに寄生するネコノミの腸管で増殖し、糞の中に出るので、人がノミに咬まれても感染します。ネコノミが繁殖する夏から秋にかけよく発症します。ネコの保菌率は約7%で、暖かい地方は保菌率が高いようです。
     症状は、ひっかかれてから1週間前後で虫さされのような丘疹ができ、2~3週でリンパ節の腫れと痛み、発熱、悪寒、倦怠感などの風邪様症状が出現します。傷がない場合は風邪と誤診されることが多く、注意が必要です。症状は数週から数ヶ月続き、通常は自然治癒します。5~10%の人は重症型になり、脳炎や眼の奥の炎症が起こり、迅速な抗生物質による治療が必要です。予防法はネコと接触した後の手の洗浄、ひっかき傷の消毒、ネコノミの駆除です。
    出典 :ペット由来感染症
  • きちんとノミ対策をしている飼い主さんなら、問題なさそうですね。

  • 鳥にも注意

  • (2)オウム病
    オウム病クラミジアという病原体が原因です。インコ類(原因の70%)やトリの糞に存在し、乾燥した糞を吸入したり、唾液中にいるクラミジアがえさの口移しによりヒトに感染します。輸入されたトリの50%、ハトの20%は保菌しています。40歳以上の大人がよく発症します。症状は1~2週間の潜伏期の後、突然高熱で発症し、頭痛、倦怠感、筋肉痛などインフルエンザ様症状が特徴です。急性肺炎から肺炎の見られない軽症型まで様々です。抗生物質が有効ですので早期の診断が重要です。予防は乾燥糞をすわないようマスクをすることやえさの口移しをしないことです。
    出典 :ペット由来感染症
  • 鳥は犬猫と違って予防接種やシャンプーなどといった手が使えませんから、一時的に実家にあずかってもらうなどの措置が必要かもしれません。

  • 他に気を付けることは?

  • ペットをいつも清潔にしよう
    シャンプーやブラッシングはまめに。体毛や口のまわりをタオルでふくだけでもちがいます。トイレは2つ用意して1日おきに使いましょう。使わない日はよく干して。

    ふんをさわったあとは手を洗おう
    ペットのふんや尿を処理したり、ペットの体をさわったあとは、石けんで手をよく洗うことを習慣に。見えないところにも意外と病原菌が存在しています。

    部屋の掃除はまめにする
    ほこりのたまった部屋はダニやノミの温床に。清掃はまめにしましょう。閉め切った部屋にもすみつきやすいので、換気はまめに。冬でも数時間に1回は窓を開けて。

    おなかの上に乗せないようにする
    おなかの上にペットを乗せることが、直接流・早産につながるわけではありませんが、重みや飛び乗った衝撃でおなかが張りやすくなるかもしれません。寝室を分けるなど工夫を。

    口うつしで物をあげない
    ペットは皮膚病があると、舌でなめてかゆみをおさえたり、肛門をよくなめたりします。当然口のまわりは雑菌も多くなるので直接キスをしたりするのは禁物です。
    出典 :ペットがいる家に赤ちゃんがくる! 【妊娠中編】 - gooベビー
  • やっぱり清潔が一番のようです。あと、過度なふれあいはやめておきましょう。