検便で検査できる【大腸がん】

大腸ポリープがなどの症状がでると言われている
大腸がん
検便に引っかかった人は要注意ですよ

view409

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸がんとは

  • 長さ約2mの大腸に発生するがんで
    日本人に対してがんが出来やすい所と言えます
    転移の可能性が高いがんなのです

  • 程度によって異なるが

     

    血便や下痢、下血、便秘の繰り返しなどが多いのです

  • 症状

  • 血便・下血・下痢・便秘・貧血
    便が細い、残便感、おなかがはる、腹痛
    等が主な症状です

  • 中でも多いのが

     

    血便の頻度です
    痔でも同じような症状があるので
    注意が必要でしょう

  • 有効性が確立されている検査は

  • 健康診断でおなじみの検便です
    症状が出る前に検診などで早期発見が可能です
    早期発見できれば、完全に治る可能性が高くなります

  • 根治

     

    早期に見つかれば根治といって完全に完治します
    しかし、再発が怖いという人でも
    切除を行えば根治が可能なのです
    大腸のがんは比較的直しやすいでしょう

  • 大腸がんにかかる割合は

  • 50歳代から増加し始め高齢になるほど高くなる傾向にあります
    大腸がんで亡くなる人の数は少しずつ減っています
    生存率が高い事が分かるでしょう

  • 割合の事を罹患率という

     

    罹患率は増加していましたが1990年あたりから
    横ばいの傾向があります
    医療技術が進歩している証拠でしょう

  • オストメイト

  • 外科的手術を行うと人工肛門を作る事があります
    この人工肛門を増設した人の事をオストメイトと呼びます
    お腹から便を排出する事を目的としています

  •  

    早期発見が大切です
    オストメイトになると大変な事が多くなります
    自己排便が出来なくなるという事は不便が多いのです

    予防に努めましょうね