脳貧血の原因と脳貧血を予防する7つの方法

脳貧血はなぜ起こるのか?原因と脳貧血を予防する7つの方法をまとめました。

view18806

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳貧血の原因とは

  • 脳貧血の原因は、長時間座っていることなどが原因で、血液が重力で下に集まってしまうため、脳までうまく血液が循環しないことから起こります。そこから急に立ち上がることで頭に血液が不足して、めまい、顔面蒼白、冷や汗、脈が遅くなるといった症状があります。
    出典 :脳貧血の原因・症状・予防など​ ​​​
  • 血液も重力には逆らえないんですね。

  • 長風呂でのぼせてしまうのも脳貧血

  • 脳貧血とはあくまで俗称で、一般には起立性低血圧と言われています。起立時か、持続して立っているときなどに血圧が低下し、一過性の脳循環不全になる症状です。
    出典 :脳貧血について教えてください。脳貧血は何が原因で起きるのしょうか?あと病院... - Yahoo!知恵袋
  • 一過性のものですから気に病む必要はありませんが、やっぱり気になる症状ではあります。

  • 精神的な原因で起こる場合もあれば、寝不足で起こることも。
    あと便秘や、足の筋肉が弱いせいだったり、汗をかきすぎたせいだったり。
    血圧が低いと、ヤバい症状が出ますからね。
    出典 :脳貧血 | フリーページ
  • 低血圧なことと、精神的なことが大きな原因のようですね。

  • 血液自体が薄いとか、血液中の成分が不足しているわけではありません。
    出典 :【脳貧血・低血圧】 - 脳貧血と低血圧の症状や原因と治療を解説 - プラス貧血
  • 一般的に言われる貧血とは実は脳貧血のことであり、血液循環の不具合によって起こるものだということを覚えておきましょう。
    出典 :脳貧血 - ふらつき原因ガイド
  • そうだったんですね!それなら少し安心しました。

  • 脳貧血にならないためには

  • 自律神経(血液の流れや血圧・心拍数などをコントロールしているもの)が弱まり、脳貧血を起こすのです。そのため自律神経の乱れの原因になるストレスや疲れ、睡眠不足には気をつけましょう。
    出典 :脳貧血は低血圧やストレスが原因で起こる
  • 脳貧血を予防する7つの方法

  • 1.) 動く時や体の向きを変える時は急に動かないようにし、必ず一呼吸置いてから動く
    2.) 頭だけを動かすのではなく、体ごと動かす
    3.) 朝食を食べるようにする
    4.) こまめに水分を補給する
    5.) 睡眠をしっかり取る
    6.) 自律神経を鍛える(ジョギング、水泳、自転車などの有酸素運動をする)
    7.) ストレスを溜めないようにする
    出典 :脳貧血を予防する7つの方法
  • この7つの方法は、健康的な生活・美容にいい生活にも繋がりそう。
    この方法で脳貧血が予防できるなら、いいことづくしになりそうですね。