意外と皆知らない? 健康診断で気をつけること

会社員なら年に一度は必ずやってくる健康診断。必要なものだと思っていても、ついつい適当に受けてしまっていませんか? 健康診断で気をつけるべきことを幾つかお伝えいたします。

view938

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康診断ってどうして受けなきゃいけないの

  • 健康診断(健診)は、自覚症状のない人を対象に、異常なところがないかチェックすることが目的です。健診で受ける検査項目は、法律で決められています。血圧、尿、血液検査、貧血、肝機能、腎機能、血中脂質、糖代謝など
    出典 :受けて終わりじゃダメ! 年に一回、健康診断を受けるワケ:Men's HOLOS
     

    高血圧など、特に自覚症状のない病というのも世の中には存在しています。病気の早期発見、早期治療のためにはこうした定期的な健康診断をするのが一番なのです。

  • 健診は、メタボリックシンドローム、通称メタボの予防のためとも言えます。
    メタボから起こる病気は高血圧、脂肪肝、高脂血症、糖尿病など生活習慣病とも呼ばれ、中でも最大の目的は、糖尿病の予防。糖尿病は、肥満によって引き起こされることが多い病気だからです。それにメタボになると、血圧やコレステロール値が高くなるため、40代以上になってから動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞につながる恐れもあるんです。
    出典 :受けて終わりじゃダメ! 年に一回、健康診断を受けるワケ:Men's HOLOS
     

    メタボの要件も、きちんと医学的に定められています。健康診断でメタボですと言われないように、日頃から節制しておかなければなりませんね。

  • 健康診断を受ける際に気をつけること

  • 前日や検査当日の食事については色々と注意があると思います。
    まず、基本として前日の極端な飲み過ぎ、食べ過ぎはやめましょう。当日の体調不良などにもつながりかねません。
    出典 :これだけは避けたい!健康診断受診時のNG [健康診断・検診・人間ドック] All About
     

    特に飲酒は避けましょう。「いつも飲んでいるんだから飲んで行くのか普段の私よ!」なんて強がっても数値は良くなりません。

  • 特に血糖値をチェックする場合には朝食は絶食で臨まれるようにして下さい。血糖値の基準値は「空腹時血糖」が基本になっています。
    出典 :これだけは避けたい!健康診断受診時のNG [健康診断・検診・人間ドック] All About
     

    お水を飲むくらいは大丈夫ですが、基本は朝食抜きで。食後はどうしても血糖値が上がってしまうため、きちんとした数値が分からなくなってしまいます。

  • 胃カメラや胃のバリウム検査を行う場合にも、食事があると胃の中にそれらが残ってしまい、胃の粘膜表面がきちんと観察できないケースがありますので注意が必要です。
    さらに、大腸カメラや大腸バリウム検査を行う場合には、前日からの食事の指示(施設ごとに文書が作られています)と下剤の服用をきちんと行いましょう。
    出典 :これだけは避けたい!健康診断受診時のNG [健康診断・検診・人間ドック] All About
     

    事前の医師からの指示に従いましょう。病気の早期発見のために必要なことしか言われません。

  • 意外に忘れがちなのが当日の服装。レントゲン、超音波、胸部・腹部の聴診、触診など衣服を着脱する必要がある検査は意外に多いものです。
    検診センターによっては上着だけ検診衣に着替えるというところもあるのですが、こういったところではワンピースだと困ってしまうというケースがあります。
    出典 :これだけは避けたい!健康診断受診時のNG [健康診断・検診・人間ドック] All About
     

    健康診断にスタイルを補正するための下着やお洒落は必ずしも必要ではありません。一応検診を受けるための着替えを用意してくれているところもありますが、事前に自分で脱ぎ着しやすいような服装をしていきましょう。

  • 「来月健康診断なので、今、節制しています」というお話しをお伺いします。それがずっと続けば良いのですが、健康診断直前だけ極端に節制し、それが終わったら、暴飲暴食、というのはもちろんよろしくありません。
    出典 :これだけは避けたい!健康診断受診時のNG [健康診断・検診・人間ドック] All About
     

    一時的に対処をすることで劇的に健康状態が良くなる訳ではないのです。健康診断前だけでなく、毎日を節制して過ごしましょう。

  • 健康診断の結果はこうやって見よう!

  • γ-GTP……細胞の膜にある酵素で、肝臓や胆道に異常があるときに値が高くなります。胆石発作や、アルコールの取りすぎで異常値が出やすい値。お酒を飲みすぎている人はこのγ-GTPが飲酒量に応じて上がることが多い。ほかの肝機能項目が正常値でもγ-GTPが異常であれば、要注意です。
    出典 :受けて終わりじゃダメ! 年に一回、健康診断を受けるワケ:Men's HOLOS
     

    お酒の飲み過ぎは肝臓に大きな負担を掛けてしまいます。γ値が上がっていたら要注意のサインです。

  • 尿酸……古い細胞が代謝されるときに生まれる老廃物。細胞の核に含まれるプリン体が分解されるときに作られ、腎臓でろ過され、尿に排泄されます。
    出典 :受けて終わりじゃダメ! 年に一回、健康診断を受けるワケ:Men's HOLOS
     

    こちらは腎臓の数値。腎臓は体内のろ過装置ですので、ここの数値が上がっていくといずれ痛風になってしまうことも。

  • 中性脂肪……コレステロールとは異なる脂質の一種。体を動かすエネルギーとなります。アルコールや甘いもの、果物を取りすぎると数値が上がりやすい。数値が高すぎる人は膵炎(すいえん)に、低すぎる人は栄養失調に注意しましょう。
    LDLコレステロール……血管壁に付着して、動脈硬化を促進するもの。悪玉コレステロールと呼ばれます。
    出典 :受けて終わりじゃダメ! 年に一回、健康診断を受けるワケ:Men's HOLOS
     

    要するに血中の脂肪です。これが高いと突然血管が詰まってしまったりなど、恐ろしい病に発展してしまう場合も。適度な運動や食生活の見直しで対処しましょう。