2016年度から不妊治療の公費助成が42歳までに制限されます

不妊治療への公費助成が42歳までという年齢制限付きに変わるとのことです。このことについて、あなたはどう思いますか?

view718

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊治療:公費助成、「42歳まで」16年度から 厚労省検討会、了承

  • 公的な不妊治療支援の新制度を検討している厚生労働省の検討会(座長・吉村泰典慶応大教授)は19日、公費助成の対象を「42歳まで」とする年齢制限について、2016年度から適用することを了承した。また、39歳以下の人が助成を受けられる通算回数の上限を、現行の10回から6回に減らす回数制限については、14年度から実施する方針で合意した。

     厚労省は医療保険が適用されない体外受精について、年間所得が合算で730万円未満の夫婦を対象に、費用の一部を助成している。体外受精や顕微授精の治療費は1回当たり30万円程度かかる。現在は、通算5年、計10回を限度に、1回15万円(採卵せずに凍結卵を使う場合は7万5000円)を給付する。給付回数は、1年目は3回まで、2年目以降は2回までだ。

     新制度では、助成を受けられる対象を42歳までとする年齢制限を初めて設け、年間の回数制限をなくす一方、40〜42歳は通算3回まで、39歳以下は6回までとする。

     今年度までに助成を受けている人の移行措置として、15年度までは現行制度を適用する。吉村座長は、出産に至った9割以上が6回までで妊娠していることなど不妊治療の成功率や高齢出産の危険性から、「43歳以上の人が不妊治療を受けることを禁じるものではないが、(公的助成の通算回数の)制限はやむを得ない。現行制度で助成を受けている人に不利益がないように考慮した」と話した。
    出典 :不妊治療:公費助成、「42歳まで」16年度から 厚労省検討会、了承- 毎日jp(毎日新聞)
  • 年間の回数制限は解除されるというメリットはあっても、年齢制限をされてしまえば困る人も大勢いるのではないでしょうか?

  • 不妊治療の助成金、年齢制限「42歳まで」の理由とは?

  • ・加齢とともに体外受精での出産成功率が減るため(32歳までは約20%、40歳で7.7%、45歳では0.6%に落ち込む)
    ・高齢妊娠は流産や合併症のリスクが増えるため(43歳以上では50%が流産)
    ・公費負担の抑制(2004年度は約25億円、2012年度には約200億円)
    出典 :不妊治療の助成金、年齢制限「42歳まで」の理由とは?
  • 42歳を超えてもなお不妊治療を続ける人は、リスクが高いことも承知の上でしてると思うんですよね。
    なのに国が勝手に制限して治療をやめさせる方向へ持っていくのは、う~ん。どうなんでしょうねえ^^;

  • 厚労省によると、受給件数は制度が始まった04年度に約1万7600件だったが、12年度は6.5倍の11万5200件に急増している。
    出典 ::日本経済新聞
  • もしかしたらこういう点も関係してるのかも知れませんね。

  • 早期集中と言われても、不妊治療には体力も必要です^^;

  • 現在受けられる不妊治療の助成金

  • 対象治療法
    体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」といいます)

    助成の対象者
    特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された法律上の婚姻をしている夫婦

    給付の内容
    1年度あたり1回15万円、2回までとし、通算5年支給

    所得制限額
    730万円(夫婦合算の所得ベース)
    出典 :不妊に悩む方への特定治療支援事業の概要|厚生労働省
  • 助成金は住んでいる地域自治体への申請で給付されます。

  • 不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧

  • 関連まとめ