女性に多い疾患【膠原病】一体これはなに?

女性に多い疾患として取り上げられている膠原病
しかし、一体これはどのようなものなのでしょうか
内容を詳しくまとめてみました

view299

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膠原病とは

  • 膠原病とは、アレルギー疾患の一種ですというと、驚く方は多いと思います。
    アレルギーとは、自己の生命を守るために、体内に異物が入ってきたときに
    防衛物質を出して異物を排除する反応であり、
    特にウイルスや細菌が侵入してきたときに自己防衛する機能を免疫と呼んでいます。
    出典 :膠原病とは?初期症状や原因、治療法について | TREND STYLE
  • ところが、何らかの原因で、本来自己防衛するため、外界の物質を攻撃するはずが、
    誤って自己の成分を攻撃してしまい、臓器や組織を壊してしまう場合があります。
    これを自己免疫疾患といい、膠原病は色々ある自己免疫疾患の一つになります。
    出典 :膠原病とは?初期症状や原因、治療法について | TREND STYLE
     

    これが膠原病です

  • これらも膠原病という概念にあたる

  • •全身性エリテマトーデス(SLE)
    •関節リウマチ(RA)
    •強皮症
    •結節性多発動脈炎
    •多発性筋炎・皮膚筋炎およびリウマチ熱
    •混合性結合組織病(MCTD)
    •シェーグレン症候群
    •ウェゲナー肉芽腫症
    •ベーチェット病
    •リウマチ性多発筋痛症
    出典 :膠原病とは
     

    多いですが全て膠原病の疾患です

  • このような膠原病という概念にあてはまる疾患の特徴としては、多発性の臓器病変を有する多臓器疾患であるということです。そのため、発熱、関節痛、全身倦怠感をはじめ、非常に多くの症状が生じることがあり、診断までに時間を要することも少なくありません。また、現在でも病態・病因がすべて明らかにされたわけではなく、治療面においても、当センターも含め多方面での基礎・臨床研究が進行中です。
    出典 :膠原病とは
     

    研究中のものが多いのが難点な所とも言えます

  • 特徴として

  • ・女性に多い病気である
    ・症状の現れ方で早期発見につながる
    ・有効な薬の開発が進められている
    出典 :膠原病とは?初期症状や原因、治療法について | TREND STYLE
  • 欧米では現在「膠原病」の名称が論文や教科書で使われることはほとんどなく「結合組織疾患」(connective tissue disease)や「リウマチ性疾患」(rheumatic disease)の名称が多く用いられています。

    一方、わが国では「膠原病」の名称は語呂の良さもあり、ともすると病名としても誤用されるきらいはありますが,現在でも広く定着しています。
    出典 :膠原病とは
     

    膠原病は病名ではないそうです

  • こんな症状がでる

  •  

    ・発熱
    ・咳
    ・関節痛
    ・下痢
    ・腹痛
    ・手足の痛み
    ・しびれ
    ・倦怠感
    ・湿疹

  • これらの症状が1か月以上続くようであれば、
    大人であれば、総合内科があるような大きな病院がよく、
    できれば膠原病内科、膠原病・リウマチ内科にかかると早期発見に繋がります。

    また、子供の場合は、小児科や整形外科でもいいのですが、
    アレルギー学会認定医のいる病院に行くと良いでしょう。
    出典 :膠原病とは?初期症状や原因、治療法について | TREND STYLE
     

    アレルギーの一種なので、アレルギー学会ですね

  • 基本的には対処療法しかない

  • 基本的には対症療法として薬の投与を行うのが殆どである。
    使用される薬の代表としてステロイド剤と免疫抑制剤がある。
    症状を軽く抑え、服薬量を少なく、長く続けていけるようにする事が大切である。
    出典 :膠原病とは
     

    症状があったらすぐ受診するようにしましょうね