健康管理にはストレスがポイント?ストレスを溜めない10箇条!

日常生活には沢山のストレスが存在しています
育児・会社・人間関係・・・etc
ストレスを溜めない為の10箇条を
守る事で、少しでも解消してみませんか?

view350

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ストレスとは何か

  • ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、その原因となる刺激(ストレッサー)のことです。たとえば、ボールを指で押すと、へこみますよね。このへこみや、へこみを起こす力がストレスなのです。
    出典 :ストレスが溜まる意味・仕組み [ストレス] All About
     

    このように説明されても感じている物とは
    別な感覚がしますよね

  • へこんだボールは時間がたてば元に戻るように、私たちもストレスを受けて体調を崩しても、休めばたいてい健康な状態に回復します。これは、「ホメオスタシス」(生体恒常性)という、正常な状態に戻ろうとする体の働きのおかげです。
    出典 :ストレスが溜まる意味・仕組み [ストレス] All About
     

    中学校~高校の辺りでホメオスタシス(オメオスターシス)については
    教えて貰っていると思います

  • ところが、圧迫が強すぎたり長すぎたりすると、ボールは元に戻らなくなってしまいます。私たちの体も同じように、ストレスが強すぎたり、長くさらされていると、ホメオスタシスが働かなくなってしまうため、ストレスの影響が強くならないようにコントロールする必要があるのです。
    出典 :ストレスが溜まる意味・仕組み [ストレス] All About
  •  

    現在は「ストレス社会」と言われています
    殆どの人がこのホメオスタシスを正常に保ててはいない
    という事です

    ストレス社会になってしまった日本では
    そのストレスに対しても一緒に生きていかなくてはならないのです

  • 厚生労働省が5年に1回行っている労働者健康状況調査によれば、「仕事や職業生活でストレスを感じている」労働者の割合は50.6%(1982年)、55.0%(1987年)、57.3%(1992年)、62.8%(1997年)、61.5%(2002年)、58.0%(2007年)と推移しており、今や働く人の約6割はストレスを感じながら仕事をしていると言えます。この割合を年代別に見てみると(2007年の調査結果)、55.4%(20歳代)、62.2%(30歳代)、63.1%(40歳代)、55.2%(50歳代)、37.1%(60歳以上)となっており、30歳代・40歳代のいわゆる働き盛り世代のストレスが高く、この傾向は男女ともに共通しています。
    出典 :ストレス軽減ノウハウ:2 ストレスとは|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(うつ病・自殺対策を含む)|厚生労働省
  • ストレスを溜めない10箇条

  • このストレス社会に生きている日本人or外国人は
    劣勢化における雇用状態や待遇の為に
    想像も絶するストレスと戦っている事になります

    そのストレスを感じにくくする10箇条です
    信じて行う事
    行う勇気
    この二つが大切です

  • 気分転換をする事

  • 気分転換は大切

     

    ずっと同じ物事を考えていると息詰まる様な感覚は今までに感じた事ありませんか
    そんな時には気分転換が必要になってきます
    ストレスは、今向き合っている物から来ていると思って下さい

    気分転換を行い
    他の物に集中して少しの間でも忘れる事が出来れば
    多くのストレスは何処かに行っています

  • 自分の時間を持つようにしましょう

  •  

    仕事→家族サービス→寝る
    それでも良いですが

    たまには自分の時間を持ちましょう
    一人で過ごす事
    これが本当に大切な意味が分かります

  • 趣味を楽しむ

  • 趣味はお持ちですか?
    趣味を持っている人の方が、物事の成功率が高い傾向にあります
    何故なら、趣味によって気分が晴れやかになる為
    新しいアイデアなど、新鮮な発想(インスピレーション)が沸いているからです

  • その他7箇条

  • ・満足出来る睡眠をとる
    ・疲れた時は十分休む
    ・不満などは我慢しすぎない
    ・家族や友人と良く話をする
    ・問題を独りで抱え込まない
    ・失敗やミスを気にしすぎない
    ・完全主義にならない

  • ストレスの内容を具体的に見ると、人間関係(38.4%)が最も多く、仕事の質(34.8%)、仕事の量(30.6%)と続きます。これを男女別に見ると、男性では仕事の質(36.3%)が最も多く、人間関係(30.4%)、仕事の量(30.3%)と続くほか、会社の将来性(29.1%)や定年後の仕事・老後の問題(24.1%)についても3人から4人に1人の割合で不安を訴えていることが分かります。一方女性では、人間関係(50.5%)でストレスを自覚している人が約半数を占め、続いて仕事の質(32.5%)、仕事の量(31.1%)と続いています。
    出典 :ストレス軽減ノウハウ:2 ストレスとは|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(うつ病・自殺対策を含む)|厚生労働省
  •  

    ストレス社会に生きるあなたに

    全てあなたが完璧にする事が出来たら
    上手くいくのですか?
    失敗がない人間はいるのですか?
    考えてみてください
    あなたと同じような人は
    この世の中に沢山います

    ストレスを溜めすぎないように
    気を付けてくださいね

    大切な物を
    見失わないように