脳血管障害というのは何か

死亡原因の第3位にあげられている疾患の脳血管障害

いわゆる脳卒中はどの様な病気なのでしょうか
脳血管障害とは国際疾病障害死因分類による疾患名です

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どの様な病気なのか

  • 脳血管障害(脳卒中)は悪性新生物、心疾患に次ぐ、日本人の死亡原因の第3番目となる代表的な疾患で、寝たきりの原因の1番となる疾患です。高齢化社会や生活習慣病の増加により、その患者数は増加しており、その治療や予防が大事になっています。
    出典 :脳血管障害
  • 〈死亡原因第3位。回復後、後遺症が残ることも〉
     脳血管障害(のうけっかんしょうがい)は、国際疾病障害(しっぺいしょうがい)死因分類による疾患名であり、一般に脳卒中(のうそっちゅう)といわれるものです。
     日本国内では、がん、心疾患に続き、死亡原因の第3位にあげられる疾患で、平成10年には、約13万人もの人が脳血管障害によって死亡しています。
     脳卒中というと、脳内の血管が切れて出血するというイメージがありますが、実際は、脳内の動脈が破れたり、つまったりすることで血液が流れなくなり、脳に障害がおよぶというものです。
     脳血管障害では、死亡にいたらなくても、手足のまひや言語障害、意識障害、運動障害などの後遺症が残ることがあります
    出典 :脳血管障害 とは - コトバンク
  • その他の死亡原因は

     

    1位 癌
    2位 心疾患
    です
    これらにも気を付けていきたいです

  • 脳動脈の破綻で起こる出血性の障害は

  • ●脳出血(脳溢血)
     脳出血は一般に脳溢血(のういっけつ)ともいわれているもので、脳実質内で動脈が破れ、血液が流れでるものです。脳出血のほとんどが高血圧を原因としています。血圧が上がると動脈に高い圧力がかかりますが、この圧力がかかり続けていると、動脈壁に弾力がなくなり、もろくなっていきます。そしてこの動脈が耐えきれずに破裂してしまうのです。
     破裂して出血しても、いずれ動脈は自然とふさがり、出血がおさまりますが、流れでた血液が凝固して血腫(けっしゅ)となり、周囲を圧迫し、脳の働きが衰え、さまざまな神経症状がでてくるのです。
     神経症状には頭痛やめまい、吐(は)き気(け)などがありますが、多くは突然発作を起こし、はげしい頭痛に襲われ、意識障害をともないます。また、最初にそのような症状がみられ、時間が経つとろれつがまわらなくなったり、手足の自由がきかなくなったりします。軽症の場合はこの程度の症状ですが、重症の場合は、意識を失い、いびきをかいたり失禁(しっきん)したりということもあります。
     後遺症は半身のまひが現れるのがほとんどですが、軽症なら顔面のまひや多少の言語障害、重症になると手足などの半身不随(はんしんふずい)やぼけなどが残ることもあります。
     突然の発作は日中に起こることが多く、とくに精神的に興奮したり、作業によって力んだりすると起こしやすくなるので注意しましょう。
    出典 :脳血管障害 とは - コトバンク
     

    この脳出血が起きたと予測される場合は
    むやみやたらに身体を動かす様な事は避けましょう

    最悪の場合、出血が広がり
    出血部位の分らない程の脳出血になり
    死亡率が急激に上がります

  • ●くも膜下出血
     くも膜下出血は、出血が起こる部位は脳そのものではなく、脳の表面をおおっている3層の膜のうちの、真ん中のくも膜と内側の軟膜(なんまく)とのあいだに走る太い動脈が破れて出血します。
     脳出血同様、最初ははげしい頭痛に襲われますが、痛みを感じるのは頭全体か、後頭部から首筋にかけてです。頭が割れるほどのはげしい頭痛が症状の特徴です。
     しかし、脳そのものの出血でないため、脳の神経に障害を残すことが比較的少なく、後遺症として半身のまひを残すこともあまりありません。また、ほかの脳血管障害にくらべ、起こる頻度が少なく、全体の10%にとどまっています。
     しかし、生命の危険にいたることが多く、くも膜下出血を起こした人の約30%が死にいたっている危険な疾患です。
     脳出血と同様に高血圧の人に多くみられますが、血圧が正常な人でも、精神的興奮や極度なストレス、排便時のいきみ、作業中の力みなどで血圧が急激に上昇した場合に起こることがあります。また、40~50歳代に多くみられるほかの脳血管障害にくらべ、くも膜下出血は30歳代でも起こりやすい疾患です。
     人間ドックや健康診断を受ける際には、年齢が若くても、脳ドックなどで脳内の血管のようすをチェックしておきましょう。
    出典 :脳血管障害 とは - コトバンク
     

    頭が割れると思うほどの激しい頭痛なので、他と違いがわかりやすいと思います

    早めの発見が必要です

  • 脳動脈がつまって引き起こされる虚血性の障害

  • ●脳血栓
     脳血栓は、脳の動脈に血栓(血のかたまり)ができて、血管をつまらせてしまうために起こります。血流が滞ると、脳の組織に血液が行き渡らず、脳の一部が壊死(えし)し、障害が生じるのです。

    ●脳塞栓
     脳塞栓は、脳動脈内で形成された血栓がつまるのではなく、体内のほかの部位で形成された血栓が血管をとおって脳内に運ばれ、脳の動脈内にひっかかり、脳動脈をつまらせてしまう疾患です。

    ●一過性脳虚血発作
     また、虚血性脳疾患に含まれ、脳梗塞の前兆ともいえる疾患が、一過性脳虚血発作です。
     症状は脳梗塞と同様に、顔面や手足のまひ、感覚障害、ろれつが回らないなどの神経症状がみられますが、症状が現れても短いと1時間程度から、長くても24時間以内にその症状は消えてしまいます。
    出典 :脳血管障害 とは - コトバンク
  • ラクナ梗塞とは脳梗塞のうち頻度の最も高いタイプで、脳深部の穿通枝という1mm以下の非常に細い血管が閉塞することで生じる脳梗塞です。梗塞の範囲は1.5cm以下と小さく、症状は他のタイプの脳梗塞に比較して軽いことが多いですが、運動や感覚などをつかさどる大事な部位にも穿通枝は向かっているため、梗塞範囲は狭くても非常に強い後遺症を残すことがあります。治療は抗血小板剤の内服や点滴治療が中心になります。
    出典 :脳血管障害
     

    もっともおおい脳梗塞はこのラクナ梗塞

  • 対策として

  • 食生活での予防

     

    ・タンパク質
    ・ビタミン
    ・ミネラル
    は不足すると血管の栄養状態が悪くなる為
    血管が破れやすく、出血しやすくなります

    しっかりと摂っておきましょう

  • 納豆を摂取する

     

    納豆に含まれている
    [ナットウキナーゼ]
    が血栓の予防には効果的だと言えます

    積極的に摂取してほしい物です

  • 傷んだ血管を回復するには

     

    大豆が効果的です
    言語障害が残ってしまい上手く話す事が出来ない時には
    水飴状まで煮詰めた大豆の水煮が回復に一役買ってくれます

  • 摂取を控えたほうが良いものは
    [塩分]
    です
    血圧の上昇は血管に負担がかかります
    バターやラード、クリームなどの油脂分を多く含む食品は
    脳梗塞を呼ぶ危険があるので気を付けましょう

    これらに気を付けて
    日常生活を送ってください