経口避妊薬の副作用をしってしっかり使おう!飲んではいけない人もいるそうです!【ピルの知識】

飲んではいけない人や副作用についてまとめました
もちろんメリットもあります
参考にしてくださいね

view291

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 副作用はあるようですが・・・

  • ピルの飲み始めには、軽度の吐き気や乳房の張りなど「つわり」に似た症状が出ることがあります。また、月経と月経の間に出血(不正性器出血)がみられることもあります。軽度のものであれば、ピルの服用を2~3ヶ月間続けるうちに治まります。
    出典 :ピルの副作用、ピルを飲んではいけない人 [薬] All About
     

    軽度のものなら問題ないよう

  • ピルユーザーの場合、性的活動の開始=感染機会の開始とピルの服用開始がほぼ一致しています。
    そのため、服用期間や服用中止後の経過年数などでグルーピングすると、
    癌化の時期と一致してしまいます。
    ピルユーザーで子宮頸がんが多いように見えるのは、
    このようなからくりが絡んでいます。
    出典 :避妊薬ピルの副作用と副効果/ピルとのつきあい方
  • ・ 一番重要な副作用は血栓症(エコノミー症候群など)です。卵胞ホルモンには血液を固まらせる作用があるため血の固まりが出来やすくなります。
    ・ 悪心、不正出血、乳房の張りなど3割のかたに見られます。しかしそのほとんどは3ヶ月内服を続けるとおさまってきます。
    出典 :ピルと避妊(ピルの効果、副作用 | よくある質問) | 堀 産婦人科(港区 品川区 目黒区 大田区)
  • ピルだけに頼るのは危険。最近では10~20代前半の人工中絶だけでなく、クラミジアやヒトパピローマウイルスなどの性感染症が増加しています。ピルには性感染症の予防効果は一切ないので、性感染症予防のためにもコンドームを性器挿入行為の前から着用するようにしましょう。
    出典 :ピルの副作用、ピルを飲んではいけない人 [薬] All About
     

    一応こちらにも注意しておく必要があるでしょう

  • ピルの服用で女性が死亡するリスクはごくわずかです。 ただし、たばこを吸う習慣のある人がピルをのむと、 喫煙量と年齢によりますが、血栓症や心筋梗塞にかかる 危険性を高めるという報告があります。 たばこを吸う習慣がありピルを服用したい人は、まず医師に相談しましょう。
    出典 :ピル・わかるページ
  • 画像はクリックで拡大

     

    ピルも薬なので、副作用というイメージからリスクが心配されます。 10万人の女性が
    1年間に死亡するリスクとして、 ピルと日常的なリスクを比較してみると、 「健康な非喫煙者が受けるピルのリスク」が1に対し、喫煙は167にもなります

  • 飲んではいけない人はいる!

  • 35歳以上で1日15本以上タバコを喫う人
    血栓性静脈炎、肝塞栓、またはその既住のある人
    乳癌、子宮体癌、子宮頸癌、子宮筋腫 または疑いがある人
    脳血管、心血管系の異常のある人
    肝機能障害がある人
    高血圧、血栓症、心筋梗塞にかかったことがある、またその疑いがある人
    糖尿病、高脂血症の人
    妊娠(または、その可能性)、授乳中の人
    最近手術をした、また手術の予定のある人
    出典 :ピルの副作用、ピルを飲んではいけない人 [薬] All About
     

    これらの人はいけません!医師の指示を仰ぎましょう

  • ピルの作用は以下の点です

  • <1>排卵を抑える
    <2>子宮内膜を妊娠しにくい状態にする
    <3>頚管粘液を精子が子宮に入りにくい状態にする
    以上の3点の作用で避妊効果をもたらします。正しく服用した場合ほぼ100%の効果があり他の避妊法より確実です。
    出典 :ピルと避妊(ピルの効果、副作用 | よくある質問) | 堀 産婦人科(港区 品川区 目黒区 大田区)
  • 避妊以外の効果

    最近はピルを避妊以外の目的で処方することも多くなりました。おもな症状として、子宮内膜症、生理痛、過多月経、不規則な生理の周期、生理前の諸症状 [月経前症候群(いらいら、便秘、下腹痛、ニキビなど)] などがあげられます。
    出典 :ピルと避妊(ピルの効果、副作用 | よくある質問) | 堀 産婦人科(港区 品川区 目黒区 大田区)
  • こんなものもある!

  • 「モーニングアフターピル」と称し、緊急避妊薬と同じ効果が得られるホルモン濃度の量の経口避妊薬(ピル)を服用するというパターンです。これには、製剤に含まれるホルモン量の関係から、低用量よりも中用量の経口避妊薬が使われることがあります。
    出典 :緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の基礎知識 [薬] All About
  • こういう時に使用する

     

    ヒトの性交は、妊娠の目的だけでなく、コミュニケーションとして行われることがあります。妊娠を望まない場合は避妊をすることになります。 ただ、さまざまな理由により避妊ができなかったり、コンドームが外れてしまうなどの理由で避妊に失敗してしまうこともあります。