布団に入って寝る事出来ていますか?出来ない人は【入眠障害】かもしれません!

布団にはいってもなかなか寝付けない事ありませんか?
もしかしたら入眠障害かもしれません
まとめてみました

view317

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 入眠障害とは

  • 一般的には眠るまでに30分以上をかかり、それを本人が苦痛と感じていれば、入眠障害の疑いがあるとされています。
    日本睡眠学会で発表された「睡眠実態調査2002」では「床に入ってから眠りにつくまでの時間」を30~60分と答えた人が全体の約3割を占めていました。
    入眠障害は心配ごとや精神的ストレスなどが原因で起こりやすくなると考えられています。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
     

    古いですが参考までに

  • 入眠障害
    夜は必ず11時には床につくようにしているのに眠れない。本を読んだり、携帯電話をいじったり、お酒を少し飲んでみても眠れない。時計をみると1時2時。明け方にやっと眠っているようだ。
    出典 :「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」 - 睡眠障害
  • 原因はなんなのか

  •  

    布団にはいってもなかなか眠れない・・・原因はいろいろ考えられます。
    一番多いのは、心配ごとや精神的ストレスではないでしょうか?
    ただし、それ以外にも知らず知らずのうちに、寝つきが悪くなる生活になっている可能性もあります。

  • 対処方法は多数ある

  •  

    対処法は沢山あります
    自分にあったタイプの対処法を見つけてくださいね

  • 不眠の場合はまず、仕事や家庭生活でのストレスや心配事、「今夜も眠れないのではないか」「8時間眠らなくては」と、眠れないことや眠ること自体がプレッシャーとなってしまうことなど心理的なものがあげられます。
    出典 :「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」 - 睡眠障害
  • ※昼間の緊張が解けない。過緊張性の不眠(睡眠障害)
     働いている人の中で一番多いのが、昼間の緊張が解けないために起こる不眠(睡眠障害)です。 緊張していることで神経が高ぶった状態になり、神経が休むはずの夜になっても緊張が解けないためになかなか寝つくことができず、寝入っても眠りが浅く、睡眠不足になってしまう状態です。
    「今日は遅くまで残業で疲れ切って帰ってきたのに、なかなか寝つけなかった。」
      そんなときは、緊張をとってリラックスする工夫が必要です。疲れているからといってすぐ布団に入っても、緊張が取れなければよい睡眠は得られません。布団に入る前に30分リラックスする時間を持ちましょう。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
     

    リラックスはストレスの発散にもなります

  • ※ストレス性・精神外傷性の不眠(睡眠障害)
     責任の重い仕事についた時、悲しい思いをした時、人間関係が気になっている時など、スト
    レスや心が傷ついてしまったときに眠れなくなってしまいます。
    「プロジェクトの担当になって以来、どうも寝付きが悪いな・・・」
    「彼女にふられてから、ベッド に入るとついくよくよして考え込んで、目が覚めてしまう。」
     そんなときは、思い切って気分転換しましょう。眠る場所を変えることで思った以上に効果があり
    ます。移動できない場合は、環境をかえてみるのも効果的です。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
     

    考え過ぎは良くありません
    違う事を考える事で脳への負担を減らせます

  • ※年かしら?加齢性の不眠(睡眠障害)
    睡眠は生涯を通じて量・質ともに変化します。年齢とともに、朝早く目が覚めるようになったり
    、眠りが浅くなったりすることは正常なことです。
    睡眠の変化は、若い世代からはじまっているのです。「40の声を聞いたばかりなのに、もう
    明け方、目が覚めやすくなった気がする・・・」というのは、正常なことです。
      そんなときは、睡眠時間にこだわらないことです。年齢や体調によって睡眠時間が変わっ
    てくるのは正常のことなので、睡眠時間が短くても足りるようになったのに「眠れなくなった」と感じると、それだけで「睡眠障害」になってしまいます。肯定的に考えるようにしましょう。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
     

    プラス思考は大切ですね

  • ※カフェイン・アルコールによる不眠(睡眠障害)
     ご存知のように、コーヒーやお茶などに含まれているカフェインは睡眠の障害になります。また、意外なことに、アルコールは寝つきを良くする効果も少しはありますが、睡眠を害します。
    「最近、寝付きが悪いから、寝酒をするようになったのに、それでも朝、早く目が覚めてしまう。」
      というのは、お酒が悪い可能性があります。
      カフェインの効果は3時間から5時間は続くので、午後4時以降は取らないように気をつけましょう。アルコールも取りすぎると睡眠ではなく麻痺状態になってしまうので、少量にしておきましょう。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
     

    何事も過ぎてはいけません


  • ※環境性の不眠(睡眠障害)
     睡眠環境が悪ければ、眠れないのはあたりまえなのですが、寝室の騒音、明るさ、温度や寝具の選択に無頓着な方が多いようです。これだけが、原因ではない場合でも、睡眠環境を整えることは、よい睡眠を取るためには大切です。
      そんなときは、寝室の環境や寝具を見直してみましょう。一般的には、ベッドの幅は両手を広げた幅が理想と言われています。またかけ布団も睡眠に不満を感じるようになったら軽い羽毛布団がよいでしょう。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
     

    自分に合わせた寝具を用意しましょうね

  • ※睡眠が足りている睡眠充足状態
     たとえば、夕方に昼寝をしてしまえば、誰でも寝つきが悪くなります。また、睡眠時間が5時間程度の短時間で全く問題のない人もいます。そのような人が8時間普通に眠った翌日は、寝つきが悪くなります。睡眠時間は個性的なものですから神経質になりすぎないことも大切です
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
  • - 入浴は38から39℃のお湯で20分間位で終わるようにする。
    - 入浴直後は眠りに入りにくいので、火照りを鎮めてから眠る。
    - 夜間の運動は避ける。
    - 夜遅くに食事をしない。
    出典 :「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」 - 睡眠障害