不妊・生理痛・PMSにも?【布ナプキン】は女性の身体と環境の味方

近頃よく聞く「布ナプキン」ですが、お手入れや持ち歩きがめんどくさそう…。
なんだか経血が漏れそうで怖い…どれぐらいの頻度で変えなきゃいけないの?
そもそも、布ナプキンにするメリットは何なのでしょう?

view741

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • めんどくさそうだけど…なぜ「布ナプキン」なのか?

  • いつもお世話になってるナプキンは危険?

  • 紙ナプキンが何から出来ているか、ご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。

    血液をゼリー状に固める高分子ポリマー、塩素漂白された不織布など、これらは発がん性のあるといわれる石油系の化学物質がたくさん使われているのです。

    タンポンに至っては、ダイオキシンまで検出されているのです。

    ナプキンも、塩素漂白の過程でこのダイオキシンが発生する可能性があるといわれます。

    ダイオキシンは子宮内膜症や流産、死産の原因になるといわれるほど危険なものです。

    私たちの大切な、命をつなぐ器官に、たかが便利だという理由だけであたかも素晴らしいものとして紙ナプキンがあることが、私には納得がいきませんし、このようなものは存在するべきではないと思っています。

    女性の体に蓄積されてきた紙ナプキンの化学物質は、子宮がんや子宮内膜症といった病気やつらい生理痛、PMS、生理不順・過多などにとどまらず、もし子供が出来たなら、その子供たちにも少なからず影響を与えます。
    母体の化学物質の影響は、子供の喘息やアトピーとの関連性も強く指摘されています。
    出典 :紙ナプキンが体に与える影響
  • 布ナプキンのメリットは?

  • ムレ・かゆみ・ニオイの予防

  • ・ムレ・かゆみ・かぶれがなくなります。
    使い捨てナプキンは、石油素材です、通気性が悪いのもなっとく。
    なので必然的にむれたり、かぶれたりするんですね。
    布ナプキンは、下着と同じ「布」でできいますから、
    適度な通気性で蒸れたりかぶれたりすることはありません。


    ・いやな ニオイ が無くなります。
    生理中の悩みのひとつ・・ニオイ でもこれって経血のニオイだと思っている人、誤解ですよ。
    生理中のあの不快な臭いは、使い捨てナプキンの高分子吸収剤と血液が反応してでる臭いなんです。
    だから布ナプキンでは純粋な血液の臭いだけ。 ほとんど気になりません。

    出典 :布ナプキン.jp なぜ布ナプキン?
     




  • 生理痛が軽くなる?

  • 生理痛が軽くなる?!
    布ナプキンに変えてから生理痛が軽くなったという声をたくさん頂いています。
    科学的な根拠はありませんが、私は布ナプキンに変えて劇的に楽になるのを実感できました。
    目からウロコです!
    布で出来ているので暖かくカラダの大事な部分を冷やさないからかもしれません。


    使い捨てナプキンに含まれる化学物質が影響しているのかも。




    生理が短くなる?!
    軽くなったという声についで多いのが、生理の期間が短くなった!という声です。
    生理の期間が短くなるのは女性にとっては本当にありがたいですよね。

    出典 :布ナプキン.jp なぜ布ナプキン?
  • 自分の体調を知るきっかけになる

  • みなさんは自分の経血の状態を意識していますか?

    実は私の場合、ケミカルナプキンを使っていた時は交換後に、すぐにポイっと捨てていましたので、経血の状態を意識する以前に、見ることすらしていなかったんです。

    でもね、実は布ナプキンを使い始めてから自分の経血を見る機会が増えたんです。

    というのは、布ナプキンは繰り返し使うものなのでお洗濯の際、軽く手洗いをする時、浸け置きする時に経血と向き合うことになるんですね。

    出典 :布ナプキンの<メリット>を知りたい方へ
  • 環境にも優しく

  • 厚生労働省薬事工業生産動態統計によると、2003年度のケミカルナプキンの生産量は 約80億枚で、これらはすべてゴミとして処分されることになります。(日経ビジネス)

    OECD(経済協力開発機構)の調査によると、日本では、1日1人あたり1キログラムのゴミを出しており
    年間で1家庭から1~2トンのゴミが出ているそうです。

    さらに右の表から分かるように、日本にあるゴミ焼却場数はダントツに多くヨーロッパの環境先進国の10倍以上で、ダイオキシン排出量も世界一ということでした。


    出典 :布ナプキンの<メリット>を知りたい方へ
  • 布ナプキンってめんどくさそう・・・

  • 交換頻度は?

  • <布ナプキンの交換時間>

     今まで使われていた紙ナプキンと同じくらいの時間で交換して下さい。

     慣れて来ますと、意外とモレずに長く使えることが分かりますが、
     血液は空気に触れて、長時間経過すると変質しますので、
     あまり長時間、同じナプキンでお過ごしにならないことをお勧めいたします。

     ★ご注意点★
     紙ナプキンは吸収が横に広がりますが、布ナプキンは縦(下)方向へ吸収しますので、
     見た目では吸収量が分かりかねます。
     付けていることを忘れてしまうほど快適な布ナプキンですが、適度な交換は忘れないで下さい。

    出典 :布ナプご使用方法 - 和みの風
  • お手入れ方法

  •  血液は、熱いお湯で固まる性質を持ち、乾くと落ちにくくなりますので、一番の基本は、
     【ぬるま湯か水】で【乾かないうちに浸け置き洗い】です。

     1.洗浄液の用意
      →バケツや洗面器(蓋付きがお勧めです)等の容器に、
       重曹やアルカリウォッシュを溶かした、水かぬるま湯を用意します。

     2.す す ぐ
      →使用後の布ナプキンを軽く押し洗いし、血液を適度に押し出し、
       肌側の面を下にして、用意したバケツ等に入れます。

     3.浸け置き
      →一晩ほどそのままつけ置きます。

     4.洗  濯
      →つけ置き後(翌朝)、洗濯機で洗う場合はネットに入れて下さい。

     5.干  す
      →出来れば、殺菌効果のあるお日様に当てて干すことをお勧めします。



    出典 :布ナプご使用方法 - 和みの風
  • 「お家にいる時だけ」から試してみるのもいいかもしれませんね♪