流産の確率は15%!?妊娠初期の流産防止

妊娠が発覚後、どうか避けて通りたいのが流産。
妊娠初期の場合、流産を防ぐのが難しいといわれていますが、何かできることはないのでしょうか。
ということで今回は、妊娠初期の流産を防止するために知っておきたいマメ知識をまとめてみました。

view405

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 知っておこう!流産の定義

  •  


    ただ「流産」という言葉を聞くと、不安な気持ちが先走ってしまいますよね。
    流産防止について学ぶため前に、流産の定義や原因を知っておきましょう。

  • 流産とは、妊娠22週未満に、なんらかの原因で赤ちゃんが母体の外に出てしまうことをいいます。そのうち、妊娠12週未満の流産を早期流産、妊娠12週以降を後期流産と分類します。早期流産でもその多くは、胎児心拍が確認できる妊娠初期におこります。
    出典 :妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About
  • 実は流産は珍しくない!?その確率は?

  • 流産の確率は15%程度と言われ、100人の妊婦さんがいたら12~20人くらいの人が流産してしまいます。
    出典 :流産~妊娠初期の流産
  • 流産と聞くとびっくりしてしまいますが、決して特別なことではなく、誰にでも起こりうることなのですね。

  • 妊娠初期に流産してしまう主な要因は?

  •  

    流産の可能性は一般的に15%、その大多数が妊娠初期といわれています。
    妊娠を喜んだのもつかの間、何かいけないことをしたのではないか、と自分を責めてしまうことに…。

    妊娠初期の流産は、一体どうして起きてしまうのでしょうか?

  • 初期の流産は、主に受精卵・胎児に問題があって妊娠が継続できないケースが大半。受精卵の染色体異常や、胎児の臓器が育たないといった理由であり、妊婦さんが生活に気をつけたからといって防げるものではありません。
    出典 :妊娠初期流産 赤すぐ | 妊娠初期の流産についての説明や妊婦さんの体験談
  • 原因のほとんどは染色体異常などの避けられないものであり、決して「あの時無理をしたから」ではありません。
    出典 :流産~妊娠初期の流産
  • 妊娠初期の流産防止は難しい、でもできることもある!?流産防止法のアレコレ

  •  

    妊娠初期の流産では胎児側に問題があることが多いため防ぐのが難しいということですが、
    それでも何かできることがないかと思ってしまうのが本音。

    そこで本題、妊娠初期の流産を防ぐために良いとされること、注意すべきことはないかを探ってみましょう。

  • 強いストレスや刺激は禁物、十分な睡眠と栄養を!

  • 流産を予防するためには、過労を避けストレスをためない、重いものを持ったり階段の上り下りは注意し、風邪、便秘、下痢などに注意し十分な睡眠と栄養をとり、はげしい運動や旅行は避け性生活は控えめに、以上のことに留意しましょう。
    出典 :流産を予防する方法
     

    妊娠初期は流産しやすいという事を頭に入れて、ちょっとムリかなぁと思った時には回りに頼ってくださいね。
    普段よりもリラックスして過ごすことを心がけましょう!

  • 気血は胎児の成長に集中させるべきなので、むやみに気血を巡らせすぎないようにします。 つまり、動きすぎや激しい運動は禁物ということです。
    出典 :流産の原因と防止 | 妊娠中のマメ知識 | 不妊・妊娠サプリメントとお灸「プレママプラス」| 不妊治療中・妊娠前・妊娠中・出産後の栄養補給に
  • 冷え性改善で流産しない体づくりを!

  • 一般的に、妊娠が成立してすぐの時は、身体、特にお腹を冷やさないように気をつけましょう。
    出典 :流産の原因と防止 | 妊娠中のマメ知識 | 不妊・妊娠サプリメントとお灸「プレママプラス」| 不妊治療中・妊娠前・妊娠中・出産後の栄養補給に
     

    女性の身体に様々な悪影響を引き起こす、「冷え」にはくれぐれもご注意を!

  • 冷え性改善の方法としては、半身浴、下半身を温めるアンダーウェアを身につける、靴下重ねばき、 体を温める食べ物を食べる、温かい飲み物を飲むなどなど、ありとあらゆる【 冷え取り対策 】を試して来ましたが、 その中で一番てっとり早く、そして何より私自身が効果を実感したものはやはりマカでした。
    出典 :冷え性と生活習慣改善で~流産予防
  • 妊娠したら挑戦したい【流産防止用レシピ】

  • 出血をしてしまったら医師に診てもらい、安静な生活を!

  • 普通は妊娠初期の流産のはじめには出血があり、下腹部がつっぱったような感じになるので、妊娠初期に出血したら医師みてもらいましょう。
    このように出血や下腹の痛みなどの流産の症状があるのに赤ちゃんは育ってる状態のことを切迫流産といいますが、このときは外出はひかえて、安静な生活を送りましょう。
    出典 :流産を予防する方法
  • 神様にお祈りする

  • 私も毎度トラブル続きで悩んだり不安になりますが、今後どうなるかは神のみぞ知るってことで祈るしかないです。
    私も今毎日騙し騙し過ごして祈ってます。
    出典 :初期流産は防ぐことは出来るのでしょうか…? | 妊娠のQ&A【OKWave】
  • おうちでのんびり過ごす

  • もし、安静にしていたほうがなんだかいいような気がするとか、動き回るのは何だか不安、というのであれば、診断書を出してもらって、おうちでのんびりされるのはいいと思いますよ、ベビーちゃんがくれた休暇だと思って。
    出典 :初期流産は防ぐことは出来るのでしょうか…? | 妊娠のQ&A【OKWave】
  • たとえ流産をしても決して自分を責めないで!

  • 流産をすると、自分の不注意だったと自分を責めてしまう人も多いと思いますが、妊娠初期の流産のほとんどは、受精の時点で、すでに運命が決まっています。いくら母親が注意していても、流産を避けることはできません。つまり、赤ちゃんは途中でだめになったのではなく、与えられた時間を全うし、生ききったということになります。
    出典 :妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About
  • いかがでしたか。
    妊娠初期の流産の場合、なかなか防止するのは難しいですが、自分の身体と向き合うチャンスでもあります。
    妊娠が発覚したら、ぜひ今の生活を見直してみましょうね。