妊娠中のカフェインの影響

摂りすぎれば妊娠中でなくとも影響はあります。何杯飲んで平気か・刺激物質・経験談など。

  • S 更新日:2014/02/12

view236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 摂りすぎは良くない?

  • カフェインのとりすぎはよくないとは言います。
    つわりが酷い人は「唯一飲めるのがストレートティー」という人も少なくありません。

  • どのくらい飲んで大丈夫?

  • 上記で挙げたような紅茶(ストレート)であれば、1日500ml飲んでも問題無い人は多くいます。
    ペットボトル1本分という事になりますが、できれば1日3杯までがベストです。

  •  

    これくらいなら安心♪

  • 珈琲の刺激物質

  • 赤ちゃんに奇形が出る可能性。
    母体に作用することで、赤ちゃんを育む環境に影響する可能性。
    胎盤を通して、直接赤ちゃんに影響がある可能性。

  • 流産、死産

  • 流産率・死産率が上がる事もあります。
    珈琲を1日150ml迄の人に比べて、300ml以上の人だと、死産のリスクを高めるという報告があります。

  •  

    ノンカフェインなら安心!

  • 妊娠中の飲用経験者

  • 殆どの人が、お腹の中にいる子供への影響は皆無に等しいです。
    妊娠中に飲める物は貴重ですから、気にせずに楽しく飲んで、リラックスしましょう★