虫歯治療から数年……詰め物が取れちゃった時の対処法

歯医者で虫歯治療をして詰め物をしてさあ安心!と思ったら詰め物が取れちゃった・・・。慌てず冷静に再治療をしましょう。

view7876

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 虫歯ってイヤですよね

  • 痛くて辛くてイヤ~な虫歯。人々の声をのぞいてみましょう。

  • ふうう
    今日はいろんなとこ行って用事して
    あっという間だったよ!
    ちょっと休んでまた行動開始!

    虫歯出来たのはしょっく〜
    そりゃあ歯が痛いわけだ〜(ノω;`)
     

    虫歯ができるとショックが大きいですよね。

  • 歯医者初回完了。突如詰め物が取れた歯は土台の虫歯が進行してた為との事。とりあえずチュイーンと削って何か詰めた。
     

    詰め物の中で虫歯が進行することはけっこう多いみたいです。

  • 虫歯の詰め物治療について

  • 虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰めるだけで治療を終わることもあります。

    ただし、虫歯の大きさや噛み合わせの状態によっては詰め物ではなく、クラウン(被せもの)による治療となることもあります。
    出典 :インレー(歯科の詰め物)【歯医者/歯科情報の歯チャンネル】
     

    主に虫歯被害が小さい場合の治療が詰め物のようですね。

  • 保険の詰め物の治療費は初診料なども含めて、大体2000~4000円程度です。

    保険外の詰め物・インレーの場合は歯科医院によって治療費に大きな差がありますが、大体1~5万円位です。
    出典 :インレー(歯科の詰め物)【歯医者/歯科情報の歯チャンネル】
     

    詰め物によって治療費に大きな差があるようです。

  • 奥歯の治療詰め物編

     

    奥歯の詰め物治療について詳しく説明されています。

  • 虫歯の詰め物の寿命はどれくらい?

  • 一般に保険治療での詰め物、かぶせものでは4~5年を目
    安に再治療が必要となってきます。寿命内に再治療をすると、再度同じ修復・補綴処置が可能ですが、寿命以上に使って
    しまうと、とんでもない運命が待ってます。 
    出典 :削るな!つめるな!かぶせるな!神経とるな!
     

    治療後、詰め物をしても定期的な歯科検診って必要なんですね。

  • 虫歯の中で細菌が繁殖すると、詰め物の中という狭い空間で細菌が発酵してとてつもない悪臭を放つのです。その繁殖は詰め物の中で行われているので、いくら歯をキレイに磨き、舌の汚れを取り、デンタルフロスを通し隙間のプラークを取り、体調管理に気を付けていても……口臭は発生してしまうのです。
    出典 :その口臭……虫歯の詰め物が原因ではありませんか? [歯のホワイト二ング・口臭対策] All About
     

    あまりに長い間詰め物を放置すると口臭の原因にもなります。

  • みなさんはどれくらい詰め物してますか?

  • 詰め物が取れた時の対処法

  • 治療後に詰め物が取れてしまった時の対処法を集めてみました。

  • 一週間程度であればまず問題はないと思いますが・・・
    もし心配であれば開いている歯科医院で仮詰めだけしてもらってはいかがですか。
    出典 :銀歯が取れてしまったが、かかりつけの歯科がお盆休み【歯科相談室】
     

    お医者さんによれば1週間くらいはとりあえず大丈夫かもとのことです。

  • 長期間、放置することでばい菌が中に入り込まないとも限りません。
    それから、とにかくよくはブラシをして汚れが付かないようにすること、キシリトールガムとかリカルデントガムなど噛むのもいいと思います。洗口剤もいいと思います。
    出典 :銀の詰め物が取れた後、治療までの期間について | 歯医者・歯科の検索相談・歯のねっと
     

    キシリトールなどはやはり良いんですね。

  • 詰め物やかぶせ物が外れてしてしまった場合、虫歯になっていなければそのまま付け直すことが出来る可能性もありますので、 できるだけ早めにかかりつけの歯科医院を受診すると良いです。 ただし、外れてしまった原因は虫歯以外にもたくさんあるので原因を解決することが歯の寿命に関わってくるかと思います。
    出典 :詰め物が取れた | 三田 赤羽橋の歯医者 インプラントなら宮田歯科 | 港区 田町 麻布十番 芝公園からも好アクセス
     

    取れた詰め物もそのまま付け直す治療が可能な場合があるようです。

  • 詰め物と歯の隙間から虫歯になった歯

     

    かなり痛そうです。

  • 定期的な歯科検診と適切な治療を

  • 一度治療して詰め物をしたからといって安心してはいけません。定期的な検診と、必要があれば適切な治療をしてもらいましょう。