五月病になった時のための対策マニュアル

新年度を越えた後にふとやってくる五月病。誰しもがなりうるものだからこそ、もしなってしまった時のための対処法を身につけましょう。

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 五月病ってどういうもの?

  • 五月病という病名自体は、医学書には載っていないんですよ。医学的には「一過性の不適応状態」と呼ばれて、心理的・社会的なストレスを乗り越えた後に起こる症状を指します。「なんとなく元気がない」、「食欲がない」、「やる気が出ない」、「物事に関心を持てない」などが一般的な症状ですね。
    出典 :~美人心理カウンセラーに聞く~ 五月病を解消する3つのヒント:Men's HOLOS
     

    最近何となく元気がない、やる気が出ないなどの時は五月病になっているかも。

  • 五月病になりやすいのはどんな人?

  • 面目すぎる人や頑張りすぎる人は、環境に過剰に適応しようとして自分を抑え込んでしまいます。その結果、大きなストレスを感じてしまい、発症しやすくなります。
    出典 :五月病になってしまう原因と対処法 - NAVER まとめ
     

    真面目で几帳面な人は、4月頃から始まる急激な環境の変化によるストレスなどを、真正面から受け止めようとしてしまいがち。その結果気が付かない内にこころに疲労が溜まってしまい、五月病になるのです。

  • 五月病になった時のための対処マニュアル

  • 「○○せねば!」の完璧主義をやめる
     何でも完璧にこなそうとする人は、そもそも「5月病」だけでなくうつ病にもなりやすい体質です。新しい仕事に新しい人間関係、何でも完璧にこなせる訳がありません。だって、「新しい初めての挑戦」なんですから。自分のイメージしていることの8割できれば上出来!程度に思いましょう。
    出典 :ニュースリリース|株式会社アファリス
     

    人間というのは不完全な生き物です。完璧主義も突き詰めすぎると、自分に強いストレスを強いてしまうことに。時には肩の力を抜きましょう。

  • 焦らない
    新しい環境に適応できずに時間がたつと、自分だけが取り残されてしまったような気持ちになり「何とか周囲に溶け込まなくちゃ!」という焦りが生じてしまうと思います。しかし、焦っている時に行動しても、空回りして結局心身共に疲れて終わることが多いのも事実。この時期はあまり焦らず、周囲の流れに身を任せてみてはいかがでしょうか。
    出典 :ニュースリリース|株式会社アファリス
     

    焦るのと急ぐのは違います。焦りは更なる焦りやミスを呼び込んでしまうものですので、焦っているなと感じたらひとまず深呼吸して落ち着きましょう。

  • 1人で悩まない
    「自分だけできていないのでは?」「自分だけが周囲に馴染めていない気がする」という悶々をした気持ちは1人でため込まず、友人などに打ち明けてみましょう。人に話すことで気分も軽くなりますし、意外と自分と同じようなことで悩んでいる5月病仲間が見つかると思いますよ。
    出典 :ニュースリリース|株式会社アファリス
     

    どんなに優れた人であっても、全てを自分一人で抱え込むのは困難です。五月病で調子の悪い時は、思い切って周囲の人に相談してみましょう。相談でなくても、愚痴を聞いてもらうだけで心はすっきりです。

  • 睡眠を十分にとる
    うつ病や5月病は心の病気ではなく、脳内の伝達物質の問題です。つまり、脳みそに十分な休息を与えることが、うつ病や5月病対策にもなるのです。睡眠不足は脳だけでなく、免疫力の低下を引き起こし、頭痛・めまい・下痢といった身体症状にもつながります。睡眠を十分とり、脳と体に十分な休息を。
    出典 :ニュースリリース|株式会社アファリス
     

    つらい時に無理をする必要はありません。十分な休息を取ってまた頑張りましょう。

  • 新しいことにチャレンジしたりして、生活の中に刺激を与えるのも効果的です。
    出典 :五月病の対処法
     

    新しいモチベーションを自分の中に生み出せたら、いつの間にか五月病からは脱出しています。

  • 食生活にも気を配る
    五月病の憂鬱な気分は、脳内のセロトニンという物質が不足しているために起こることがあるそうです。
    セロトニンの生成を高めるためには、セロトニンの原料となるトリプトファンを多く含むバナナ、乳製品、卵黄、ナッツ類、大豆製品、赤味の魚を摂取することが有効だと言われています。
    出典 :五月病になってしまった! そんなときの対策案 | nanapi [ナナピ]
     

    栄養バランスの良い食事をすること、ストレスに効果的な栄養を取ることで、体の内側から強くなれます。

  • リラックス効果があるアロマテラピーは五月病の改善・予防にとてもおススメです。人間は好きな香りをかぐ事で気分が落ち着いたりもします。そのため、寝る前にアロマオイルをハンカチ等に数的垂らし、枕元に置いておきましょう。
    出典 :五月病をアロマテラピーで予防・改善
     

    アロマでなくとも、好きな香りであれば効果は出ます。自分にとって居心地の良いリラックス空間を作り、そこでゆっくりと休みましょう。

  • 専門機関に相談する
    症状が重い場合には、心療内科など専門機関に相談することも選択肢にいれましょう。
    出典 :五月病になってしまった! そんなときの対策案 | nanapi [ナナピ]
     

    心療内科・・・? と不安になる必要はありません。カウンセリングを受けることでストレスの原因がはっきりしたり、症状を抑える治療を受けることが出来るのです。