早産の後遺症について

危険な時期と、安全な時期があります。
それらをまとめました。

  • S 更新日:2014/02/12

view251

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 悩む人は多い

  • 妊娠中、心配になるのが「流産」と「早産」です。
    早産はどんな障害が残るか、どんな影響が出るか、不安で仕方ないという方も多いです。

  • 早産の時期で違う

  • 早産による影響は、早産の時期によりけりです。
    つまり、早ければ早いほど影響は大きいという事です。

  • 具体的な危険時期

  • 5か月前後以内の早産の場合。
    助かる見込みは皆無です。

  • 後遺症が残りやすい時期

  • 後遺症が残りやすい時期は妊娠24~29週です。
    流産よりは時期が遅めですが、6ヶ月半~7ヶ月半前後になります。

  •  

    ちょっとでも困ったら病院へ!

  • 妊娠30週以上が安心

  • 30週以上になると、後遺症の心配は減ります。
    34週にもなると、ほぼ安全と言っても良いでしょう。

  •  

    安産が何よりです!