美容のためのリンパマッサージ

美容やお肌の健康にとって、リンパの流れが重要であることは女性なら誰でも知っていますよね。そのリンパの流れをよくするリンパマッサージですが、自己流でやっていませんか?

view314

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも医学的にリンパとは?

  • リンパ(英:lymph)はリンパ液ともよばれ 毛細血管から浸出した一般にアルカリ性の黄色の漿液性の液体である。血漿成分からなる。細胞間を流れる細胞間質液(間質リンパ)とリンパ管の中を流れるリンパ液はその濃度が違うが基本的に同じものであり、広義のリンパ液は細胞間質液(間質リンパ)とリンパ管内のリンパ液(管内リンパ)を含み、狭義のリンパ液はリンパ管の中のリンパ液(管内リンパ)を示す。タンパク質の含有量は血管内のほうが多く膠質浸透圧は血管内で約28mmHg血管外では約8mmHgと圧差があり。細胞間質液(間質リンパ)中の水分はこの圧差によって静脈に水分、電解質、血液ガスが静脈に戻り、筋肉の動きにより分子量の大きなタンパク質やウイルスなどの異物等がリンパ管に吸収され管内リンパとなる。 主な細胞成分はリンパ球であるが、末梢のリンパ管にはリンパ球はほとんど含まれず、リンパ節を経るほどその量は増加する。
    出典 :リンパ - Wikipedia
  • わかりやすく言うと・・・

  • 血液から染み出る組織液

    血液の中に血しょうという成分があります。この血しょうの一部が血管の外に染み出し、リンパ管に回収されリンパ液となります。

    リンパ管は体中に張り巡らされている

    リンパ管は内臓や皮膚といったところに網の目状に広がっています。よって、リンパ液も体中を流れていることになります。

    リンパの役割
    •老廃物の回収と排泄
    •細菌の退治
    •ウイルスなどへの抗体を作る
    •異物や細菌を血管に入れない
    出典 :リンパを流すって言うけどそもそもリンパって何者? | 美肌マニアの美容情報
  • ここで重要なのが・・・

  • 血液との違い

    血液は心臓をポンプとし全身に流れていますが、リンパは筋肉の動きによって自発的に流れています。
    よって運動不足になると、どうしてもリンパが滞りがちに。

    リンパの滞りによって起こる影響
    •むくみ
    •老廃物が排出されないため免疫の低下
    •疲労
    •肩こり
    出典 :リンパを流すって言うけどそもそもリンパって何者? | 美肌マニアの美容情報
  • つまり血液と違い、筋肉の動きのよって流れるものなので、人によってうまく流れなくなるということなのです!

  • リンパマッサージとは?

  • リンパマッサージは滞ってしまったリンパ液を、体の各リンパ節に流し込んで排泄し、リンパの流れをスムーズにするトリートメント方法です。
    出典 :リンパマッサージの方法 | やり方の基本ポイント紹介
  • 基本のやり方

  • リンパマッサージを行う上でもっとも大切な基本は、次の3つです。

        1.手順  2.方向   3.圧
     

     
    ■ 手順
    リンパの最終出口である鎖骨から始めてください。
    最終出口をスッキリさせておいてから、徐々に遠くのリンパ節まで順番に行ってください。
         
    例: 鎖骨 →顔 →脇 →腕 →そけい部 →脚

    【解説】
    リンパの最終出口は、鎖骨の下のリンパ節です。
    体じゅうのほとんどのリンパ(右腕以外)は、左鎖骨の下で静脈に合流し、排泄されるといわれています。
    体じゅうのリンパが集まるということは、とても詰まりやすいということです。

    リンパマッサージを行う際には、最初にこの鎖骨の下にあるリンパ節をほぐすようにして流しておきます。これは、「鎖骨のリンパ節を空ける」という表現をします。
    顔へのマッサージ、足へのマッサージ、お腹へのマッサージ、どの部位を行う時にも最初に鎖骨を空けてください。
    リンパの通り道を順番にキレイにしていくイメージで行ってください。
     

    ■ 方向
    全身にある各リンパ節に向かって、リンパを流してください。
         リンパマッサージを行う方向の目安(イラスト)

    【解説】
    リンパ管は最終的には鎖骨のリンパ節で静脈に合流します。でも、そこにたどり着くまでには様々なリンパ節を経由します。 たとえば、ふくらはぎ当たりであれば膝の裏のリンパ節、次にソケイ部など。
    体の各部にある主要なリンパ節に向かってリンパを流してください。


    ■ 圧
    皮膚のみに圧や刺激が伝わるくらいの「やさしい圧力」をかけてください。
       
    【解説】
    リンパ管は皮膚の表面に分布しています。皮膚の表面への圧力で十分です。
    よく、グイグイと押すようなマッサージで「リンパマッサージ」と言っていることもありますが、それは皮膚表面に行うリンパマッサージとは異なります。 温泉に入ったとき、自然と手で肩から腕をなでたりする動作をすることがありますが、そんな感じの「ソフトな」圧力が最適と言われています。
    ※最適な圧を簡単にかけるにはジェルやオイルを使うと便利です。
    出典 :リンパマッサージの方法 | やり方の基本ポイント紹介
  • わかりやすいやり方を動画で説明しているもの

  • 全身のマッサージ

  • セルフマッサージのやり方・リンパ・自分で 笠間・デトックスエステ

  • 自分でできる!!「リンパマッサージ」

  • お腹まわりのマッサージ

  • おなか周りのリンパマッサージ!

  • 顔のマッサージ

  • 【簡単】【大人気】小顔リンパマッサージ beauty massage

  • 顔リンパマッサージ