キレイな女性になりたい方必見!ヒールとぺたんこ靴はどっちが痩せる?

ヒールを履くと足がきれいに見え、足首の筋肉を使ってる様に思えますが、ぺたんこ靴を履いていても足がきれいな人もいますよね、どっちが美脚になるのでしょうか?調べてみました。
ヒールとぺたんこ靴はどっちが痩せるのでしょうか?

view12396

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ヒール靴は脚に良い?

  • ハイヒールのほうが痩せるは本当?

     

    ハイヒールのほうが痩せると勧める人もいます。

    実際にハイヒールの人の脚の筋肉を調べてみた所、ふくらはぎの筋肉が13%も縮んでいたことがわかっています。かかとが常に上がっている状態のためで、つねに筋肉が収縮を続けるとふくらはぎが発達するのではなく、逆に使われず機能しなくなると指摘する人もいます。

  • 結論からいうとハイヒールはあまり体に良い靴ではありません。脚が綺麗に見えるのはヒールの分長くなるからです。膝下がより長く、スラットした脚に見えるため女性の多くは利用しているのでしょう。
    ただし、脚が綺麗に見えるからといって、体に良いとはいえません。かかとが常に上がることで、骨盤のバランスを悪くし、腰痛を抱える女性も少なくありません。

  • ペタンコ靴は脚に良い?

  • ペタンコすぎても脚に負担が

     

    では、ペタンコ靴はどうなのでしょうか?

    ペタンコ靴とはソールの部分が薄くできています。このことから足裏への衝撃が伝わりやすく、クッション性が無いため負担が出てきます。歩き方によってはふくらはぎや足裏が痛くなってしまうこともあります。

  • ペタンコ靴は足首が太くなりがちです。足首を良く使って歩けるのは適しているのですが、歩き方が悪いと脚全体が使われにくくなります。ペタンコ靴を長い間履き続けると、脚が太くなったように感じられるわけです。

  • ヒールとぺたんこ靴の両方を活用しよう

  • ヒールとぺたんこ靴両方を上手く活用するのが理想的です。

    なぜなら、高いヒールばかりだとふくらはぎの筋肉が萎縮してしまいますが、逆にぺたんこ靴のみだと足首だけが使われがち。どちらが良いということではなく、両方にメリットがあります。バランスの良い筋肉を作るために、ふくらはぎと足首の両方を使うとよいのです。

  • ヒールでも正しく歩けば負担軽減!

  • 正しい歩き方 ハイヒール編 - YouTube

  • 自分に合ったヒール選びが大事!

  • 自分に合ったヒールならダイエット効果が得られる

     

    要は高すぎるハイヒールもダメ、低すぎる靴も負担がかかるから避けたほうが良いのです。自分に合った靴の高さを見つけると、ダイエット効果が高まります。

    ・ヒールは5cm程度まで
    ・バランスよく歩けるかチェック
    ・サイズが合った靴を選ぶ
    ・ストラップが合った方が安定感が増す

  • 仕事中やデートなどは高いヒール、プライベートではペタンコ靴。歩きやすさと見た目を重視するなら5cmヒールなど、色々と使い分けましょう。

    また、最近ではダイエット効果が高いトーニングシューズもあります。かかとの部分が不安定になっていて、様々な筋肉を鍛えるよう作られています。休日に歩く際に利用して効果的に筋肉を刺激するのもいいですね。

  • ぺたんこ靴でも歩き方を意識して!

  • ペタンコ靴でも歩き方を工夫して

     

    ペタンコ靴でも背筋を伸ばして、颯爽と歩くようにしましょう。脚全体を使って歩くよう心掛けていれば、部分的に太くなってしまうことはありません。問題は楽だからといって雑な歩き方をしてしまうことです。

  • ぺたんこ靴も美脚に見えるものを選ぶ!

  • ペタンコ靴しか履けないママや妊婦さんでもオシャレを楽しむ方法があります。
    それは、つま先のほうがすっと細くなったデザインを選ぶことです。ヒールがないと足が太く見えやすいため、つま先のデザインによって見た目が変わります。また、丸みを帯びたデザインなら、肌がより露出するようなファッションを選びます。パンツをロールアップして足首を見せるだけで違いますよ。