誤用される「アスペ」 厄介な精神病の真実を知ろう。

アスペルガー症候群の症状って、具体的にどんなものかご存じですか? 最近では「行動が奇妙な人」が「アスペ」と決めつけられるようになりました。そんなに簡単なものじゃありません。ホントのところを知って、差別を失くしましょう。

  • inoue 更新日:2013/08/14

view1941

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 確認しよう。アスペルガー症候群ってなんだ!?

  •  

    アスペルガー症候群は先天的な原因も大きい心の病です。定義を確認し、その特徴を知りましょう。「なま分かり」はNGです。

  • アスペルガー症候群は周囲との交流が難しく、日々の行動がルーチン化しやすいなど、自閉症との類似症状が特徴的な疾患。

    アスペルガー症候群の原因は決して親のしつけ方に問題があったわけではありません。自閉症と同じく、出生前、胎内での中枢神経系の発育に何らかの問題が生じた結果らしいと考えられている、先天的要素の強い疾患です。
    出典 :アスペルガー症候群の対処法・治療法 [発達障害] All About
     

    定義はこんなところでしょう。自閉症といっても、「引きこもり」などとはまるで異なります。

  • 生理的な面での感覚的な特徴

  • アスペルガーの人は他の様々な感覚、発達、あるいは生理的異常を示すこともある。その子供時代に細かな運動能力に遅れをみせることが多い。 特徴的なゆらゆら歩きや小刻みな歩き方をし、腕を不自然に振りながら歩くかもしれない。手をぶらぶら振るなど(常同行動)、衝動的な指、手、腕の動きもしばしば認められ、チック症を併発している場合も多い。
    アスペルガーの人は感覚的に多くの負荷がかかっていることがある。音、匂いに敏感だったり、あるいは接触されることを嫌ったりする。 例えば、突然大きい声でまくしたてられたり、頭を触られたり、髪を触られるのを嫌う人もいる。音に神経質過ぎて不眠を訴える人も多い。これが子供の場合、教室の騒音が彼らに耐えられないものである場合等、学校での問題をさらに複雑にすることもある。
    別の行動の特徴として、やまびこのように、言葉やその一部を繰り返す反響言語(エコラリア)と呼ばれる症状を示す場合がある。
    出典 :アスペルガー症候群 - Wikipedia
     

    行動からわかることもあります。しかし、「風変わりな人」というレベルではありません。具体的にこのような症状が出るそうです。

  • 才能が開花する場合も

  • アスペルガー症候群の学習能力

    アスペルガー症候群でも、学習能力にはそれぞれ個人差があります。
    平均以上の学習能力がある子供も居ますし、学習を不得意とする子供も居ます。
    アスペルガー症候群でも学習能力が無いわけではないので、普通学級で授業を受けることが多いとされています。ただ、小学校高学年になると、勉強についていけなかったり、個人差が出ることから特殊学級に移ることもあります。
    アスペルガー症候群の子供で、特定の科目だけを好むことがあります。理科が好きだと、図解から難しい内容を理解してそれだけを学習し続けたり、漢和辞典といった辞書を読み、熟語やことわざをたくさん習得することもあります。
    また、アスペルガー症候群でも学習能力が優れている場合は、大学に行くこともあります。
    学習能力に大きな問題はありませんが、自発的な研究の計画を立てるなどは少し苦手です。
    出典 :アスペルガー症候群の学習能力
     

    単純な反復・記憶には強くてもクリエイティビティがない、そういう症状が出る場合も多いそうです。

  • アスペルガー症候群では知能や言語発達は正常です。そのため、「周りの暗黙のルールがわかりにくい」「興味の対象が限定されている」といった症状は病気ではなく、その子の個性とみられやすいので、治療の必要性が軽視されやすいのが特徴。

    アスペルガー症候群であっても、自己の限定的な興味の対象が社会のニーズに合っているような場合もあります。例えば、特定の分野に興味を持ったアスペルガー症候群患者が芸術の道を究めた結果、著名な芸術家になるケース。一風変わってはいるが立派な人だと社会的にも認められ、社会生活上、特に困難がない場合もあるのです。しかし、他者との交流は社会生活を送る上での基本的要素なので、一般的には社会的に孤立して自己の能力が発揮できなくなることなどがないよう、治療を受けることが望ましいと考えられています。
    出典 :アスペルガー症候群の対処法・治療法 [発達障害] All About
     

    映画『レインマン』をご覧になってください。アスペルガー症候群の患者には、天才的な一面を持つ人もいます。

  • アスペルガー症候群の器用さについて

    アスペルガー症候群の場合、器用さの面にも特徴があります。必ずしも全ての子が不器用わけではありませんが、多いとされています。
    例えば、他の子が補助輪を外して自転車に乗れても、なかなか上達出来なかったり、球技もあまり得意ではないなど、運動面でも見られます。また、箸の使い方も悪く、なかなか上手く持てないなどの特徴があります。
    また、歩き方や走り方にも少しおぼつかないところがあり、何もないところで躓いたり、何かにぶつかることもあります。
    そのため、小学校の授業の中でも体育が不得意科目となることが多いようです。
    平均台やドッジボールといった体育は、あまり得意ではありません。そのため、皆の輪の中で参加することが困難な場合があります。
    手先もあまり器用ではなく、工作が苦手、字を上手く書けないなど。
    しかし、その反面、ひとつの事に対して器用さを発揮することもあります。
    例えば、自分が関心を持った物には徹底的なので、誰よりも器用にこなすこともあります。
    箸が使えなくてもゲームのコントローラーは使いこなせたりと、差が出ることがあります。
    また、運動が全く出来ない場合でも、ピアノなど楽器が得意だったり、字を書くのが苦手でも、絵が大人顔負けの上手さだったりと、それぞれ得意分野も違います。
    この器用面についても、アスペルガー症候群には特徴があります。
    出典 :アスペルガー症候群の器用さについて
     

    器用な人もいれば不器用な人もいる。人間社会ってそんなものですから、自然なことです。

  • ずばり。アスペルガー症候群は治るのか!?

  •  

    アスペルガー症候群は治らない症状ではありません。日常生活の中で少しずつ自分を変えていきましょう。

  • 現時点ではアスペルガー症候群の詳細なメカニズムがわかっていないため、根本的原因を取り除いて完治することはできません。そのためアスペルガー症候群の対処法としては、「自分の気持ちを他人に伝えにくい」「周りの暗黙のルールがわかりにくい」など、社会生活を送る上でハンディキャップになりやすい症状を心理療法などで改善させることが主な手段となります。

    心理療法と平行して行うのは、ストレスのケアとケースに応じた服薬。アスペルガー症候群では自分の気持ちを他人に伝えにくく、その場の空気が読むことが苦手なため、相手を誤解しやすくなったり、相手から誤解されやすくなったりします。訓練を進める期間も人間関係においてフラストレーションが生じやすいので、ストレス対策は大事。もし本人の気持ちの落ち込みが大きいようだったり、不安症状が顕著に出現している場合は、抗うつ薬や抗不安薬などによる服薬治療が必要になる場合もあります。
    出典 :アスペルガー症候群の対処法・治療法 [発達障害] All About
     

    治療の道は日常の会話・態度の改善から始まります。ゆっくりと歩いていきましょう。

  • 投薬治療で治るケースも…

  • オーソモレキュラー療法の自閉症、アスペルガー症候群 治療へのアプローチ

    オーソモレキュラー療法の自閉症、アスペルガー症候群への治療では、子どもの脳は小学校入学後もまだ発達段階であるということを大前提としてアプローチしていきます。発達状態にある子どもの脳には、脳にとって必要かつ充分な栄養素を補給することが何よりも大切です。

    しかし、その子ども一人ひとりにとってポイントになる栄養素が異なってくることがあります。それらを調べるために、オーソモレキュラー療法ではあまり診断名にとらわれずに基本的にすべての方に血液検査を行います。そして正常な脳の発達に必要な栄養素を選び、量を決めてアプローチしていきます。このことは、ADHD、LD、自閉症、アスペルガー症候群など、様々な疾患に診断されたお子さまに共通しています。

    一時的に投薬を行う場合もありますが、最終的には、薬を使わなくても集団生活に問題のない日常を送れるということが治療の目標となります。
    出典 :自閉症、アスペルガー症候群 | 栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。 | オーソモレキュラー.jp
     

    投薬でも改善には期待できるようです。

  • 誤解されるアスペルガー症候群…誤用は差別に繋がる

  • 最後に「アスペ」の誤用と差別について紹介します。
    「風変わりな人」を短絡的に「アスペ」と決めつけず、個性を深く理解していきたいところです。

  • 昭和大学附属烏山病院院長の加藤進昌は、アスペルガー症候群の社会認知が広がる一方で、アスペルガー症候群の人間は「頭の良い人」であるとか、「ちょっと変わった人」という一種のステレオタイプ化が進んでいる風潮に警鐘を鳴らしている[22]。加藤自身、診察で否定しても「自分はアスペルガー症候群に違いない」であるとか、対人関係がうまくいかないことに「アスペルガー症候群でこうなった」と決め付け、食い下がる患者が多いという[22]。
    出典 :アスペルガー症候群 - Wikipedia
     

    ステレオタイプな見方が問題となることもあります。

  • 「アスペ」とはアスペルガー症候群の略である。
    アスペルガー症候群は自閉症の一つとされ、社会性、コミュニケーション、想像性に関して障害があるとされている。

    そのため、人のことを考えられなかったり感覚が過敏だったりするため、インターネット上で自分勝手の発言や行動をしている様な人に対して蔑称の意味でアスペと言う場合がある。特に「このマンガのオチが分からない人はアスペ」などといったようなスレッド名でユーザーを引きつけるような手法をとるユーザーも多い。
    最近では実際にアスペルガー症候群ではない人でも少し自己中心的な発言をしただけで「アスペか」と書き込まれることがある。
    出典 :アスペとは - 意味/元ネタ|ネットスラング
     

    ネットでの定義と精神医学上の定義を混ぜるのは危険です。

  • 全ての人間には個性があります。差別をするのではなく、違いを認め合うことが大切と言えるでしょう。アスペルガーの誤用は決してしないよう、知識をもって接していきましょう。