一年中多い「食中毒」。その原因は、「牡蠣」?どんな食品が原因になるの?

美味しくご飯を食べたのはいいけれど、そのあと「食中毒」で苦しむなんてことになったら、元も子もありませんよね。では、「食中毒」をもたらす原因にはどんなものがあるのでしょうか?

view598

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食中毒が起こるのは、飲食店だけじゃない!そして冬も注意が必要!

  •  

    単にお腹を壊しただけ、と思っていたら以外にも食中毒?

  • 食中毒というと、外食をしたときの飲食店での食事が原因で集団感染と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。普段、当たり前にしていることが、思わぬ食中毒を引き起こすことがあるのです。

    家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず、放置したまま重症化することもあります。

  • 食中毒を引き起こす原因はなーに?

  • 食中毒を引き起こす主な原因は、「細菌」と「ウイルス」です。細菌もウイルスも目には見えない小さなものです。細菌は温度や湿度などの条件がそろうと食物の中で増殖し、その食物を食べることにより食中毒を引き起こします。一方、ウイルスは自ら増殖しませんが、手や食べ物などを通じて体内に入ると、腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。
    出典 :食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒の原因は何?:政府広報オンライン
     

    目に見えないだけに、難しいですね。

  •  

    人間の体温で活動が活発になってしまうサルモネラ菌

  • 細菌が原因となる食中毒は夏場(6月~8月)に多く発生しています。その原因となる細菌の代表的なものは、腸管出血性大腸菌(O-157、O-111など)やカンピロバクター、サルモネラ菌などです。食中毒を引き起こす細菌の多くは、室温(約20℃)で活発に増殖し始め、人間や動物の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。また、細菌の多くは湿気を好むため、気温が高くなり始め、湿度も高くなる梅雨時に、食中毒が増え始め、例えば、O-157やO-111などの場合は、7~8℃ぐらいから増殖し始め、35~40℃で最も増殖が活発になります(*)。
    出典 :食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒の原因は何?:政府広報オンライン
     

    夏場は食虫毒が発生しやすい時期。

  •  

    調理の際には、しっかり加熱することが重要

  • 一方、代表的なウイルスであるノロウイルスは、調理者から食品を介して感染する場合が多く、ほかに二枚貝に潜んでいることもあります。特に冬は、ノロウイルスによる食中毒が毎年多く発生しています。 このほか、毒キノコやフグなどの「自然毒」、殺菌剤などの「化学物質」なども、食中毒の原因となっています。
    出典 :食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒の原因は何?:政府広報オンライン
     

    冬場に大発生する、ノロウイルスによる食中毒

  •  

    冬の味覚、牡蠣ですが、食べるには注意が必要です

  • O-157ってどんなもの?

  • 牛や豚などの家畜の腸の中にいる病原大腸菌の一つで、O-157やO-111などがよく知られています。毒性の強いベロ毒素を出し、腹痛や水のような下痢、出血性の下痢を引き起こします。腸管出血性大腸菌は食肉などに付着し、肉を生で食べたり、加熱不十分な肉を食べたりすることによって食中毒を発症します。乳幼児や高齢者などは重症化し、死に至る場合もあります
    出典 :食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒の原因は何?:政府広報オンライン
     

    死亡者のニュースも聞いた、O-157

  • サルモネラ菌ってどんなもの?

  • 牛や豚、鶏、猫や犬などの腸の中にいる細菌です。牛・豚・鶏などの食肉、卵などが主な原因食品となるほか、ペットやネズミなどによって、食べ物に菌が付着する場合もあります。菌が付着した食べ物を食べてから半日~2日後ぐらいで、激しい胃腸炎、吐き気、おう吐、腹痛、下痢などの症状が現われます。;
    出典 :食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒の原因は何?:政府広報オンライン
     

    ペットなどが媒介する場合も。

  • 食中毒は全国各地、さまざまな原因で発生!


  • キノコで9人食中毒 全員軽症、県内3年ぶり発生




     山梨県は26日、峡南地域の山中で採ったツキヨタケとみられる毒キノコを食べた男女9人が食中毒になったと発表した。吐き気や嘔吐(おうと)などの症状を訴えたが、全員軽症で回復している。県内でキノコによる食中毒は3年ぶり。

     県衛生薬務課によると、食中毒になったのは20~50代の男女9人。中北保健所峡北支所管内(南アルプス市、韮崎市、北杜市)に住む男性が23日、峡南地域の山中でキノコを採り、知人2人にキノコを分けたという。

    出典 :キノコで9人食中毒 全員軽症、県内3年ぶり発生 - 山梨日日新聞 みるじゃん
     

    野生のキノコには危険がいっぱい。

  • 食の祭典で5人が食中毒、ホッキ飯が原因


     北海道旭川市で開催された食の祭典「北の恵み 食べマルシェ」に出店した「三洋水産」(枝幸町)のホッキ飯を食べた20代の男女計5人が、下痢や腹痛などの症状を訴え、うち3人からウェルシュ菌が検出されたと、イベントの実行委員会が22日、発表した。いずれも快方に向かっている。
    出典 :食の祭典で5人が食中毒、ホッキ飯が原因 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
     

    ホッキ飯でも食中毒が