痩せない人の、ダイエットを妨げる悪しき習慣とは?

痩せよう痩せよう・・・そう思いつつ、なかなか実行できない方、あるいはそれなりにダイエットの努力をしているつもりなのに、とお悩みな方、もう一度見直してみましょう。食生活の習慣について。

view679

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • バービーのダイエットでフォーリンラブ - YouTube

  • いつまでもダイエットが終わらない万年ダイエッタ―っていませんか?食べるものに気を遣い我慢ばかりしては、ストレスになってしまいます。どうして痩せないのでしょうか?

  • おそらく根本的な食習慣や癖に問題があるのかも知れません。

  • お腹いっぱい食べても痩せるダイエット法 2013 09 09 - YouTube

  • 「肉=太る」という嘘

  • 肉は太ると思って食べない方がいらっしゃいます。しかし肉はダイエットの敵ではなく、むしろ味方なのです。良質のタンパク質は、筋肉を作るのに欠かせない栄養素です。

  • 肉を減らすと筋肉の素となるタンパク質が不足し基礎代謝の悪い太りやすい身体を作ってしまいます。肉を食べる際に気を付けたいのが、お肉についてくる脂肪です。脂肪分の少ない、牛モモ肉、鶏ささみ、豚もも肉などをしっかり食べて、基礎代謝の良い痩せ体質を作りましょう。

  • 最新ダイエット対決【食べながら2週間で痩せられるダイエット】 お米食べるダイエットVSすりおろし ...

  • 生野菜が痩せるという嘘

  • ビタミンや酵素が摂れて良いのですが、身体を冷やしてしまう傾向があるのは、実は野菜の摂取方法によるものです。特に冷え症の方には不向き、身体が冷えると血液の循環が悪くなり、代謝が悪くなるだけでなく、むくみの原因にもなってしまいます。

  • 生野菜を食べる時は、ネギ・生姜・三つ葉・シソなどの身体を温める食材を入れるなどして、身体を冷やさない工夫をしましょう。

  • 炭水化物の嘘

  • 炭水化物は体に必要な栄養素です。ただし一度に摂りすぎるとエネルギーとして使われなかった分は、体内で脂肪として溜めこまれてしまいます。最近話題の「糖化」も炭水化物の摂り過ぎが原因となって起こります。

  • 谷澤恵里香 ダイエット成功 - YouTube

  • 糖化とは、余分な糖が体内でタンパク質と結びつき、細胞を老化させてしまう現象。クスミやたるみといった肌トラブルだけでなく、全身の細胞を老化させ、代謝の悪い太りやすい身体になってしまいます。健康のためにも、ダイエットのためにも炭水化物ばかりの食事は控えましょう!