子宮がチクチクする・・・絶対に知っておきたい危険なサイン

生理前などに子宮がチクチクすることがありますよね。今回もそうかも・・・。
しかし、子宮の病気は本当にたくさんあります。子宮の痛みからくる病気を知っておきましょう。
妊娠の場合もありますので、妊娠・病気の二つのケースを見ていきます。

view352233

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 痛いのは何かのサインです

     

    子宮がチクチクと痛むというは体が何かの信号を送っているのです。
    例えば、もうすぐ生理がきますよとか、どこか異常がありますよ、と教えてくれているのです。
    ここでは妊娠の場合と病気の場合を取り上げてみましょう。

  • 妊娠の場合

  • 妊娠初期症状 腹痛

     

    妊娠している場合にも子宮がチクチクしたりします。
    これは、妊娠初期に多いようです。
    症状としては、お腹が痛いというよりも下腹部に違和感があって、重いな~と感じたりチクチクしたり・・・
    なんとなく、生理痛にも似たような痛みを感じることがあります。

    ただ、軽い生理痛といった感じなので、もがくほどの痛みはありません。

  • 妊娠中期(妊娠16週~27週まで)
    出血が続く、赤色の出血(新しい出血)、お腹が痛いときは診察が必要です。ほんの小量(下着にわずかに血液はつく程度)でお腹が痛くなければ、また安静にして出血が止まればあわてて診察をうける必要はありません。(妊娠中は流産早産の治療の基本は安静です。)
    出典 :まのレディースクリニック(愛知県名古屋市港区) :: Q&A【注意が必要な症状】
     

    妊娠中期にも、子宮がチクチクしたりします。
    出血もあるときには、早産や流産の可能性も捨てきれませんので、早めに産婦人科を受診しましょう。

    お腹の痛みがなく、少量出血したという場合は、それほど心配するものではありませんが、気になる方は担当医に話しておくと良いでしょう。

  • 病気の場合

  • 子宮筋腫
    子宮筋腫ではそのその症状として、月経血の量が増えるとともに、月経時に痛みを感じる事が多いとされています。主な変化としては、生理痛がひどくなったり、出血量がかなり増えるため、子宮筋腫による貧血の症状も多くみられます。
    出典 :症状・診断・検査について - 子宮筋腫の正しい知識
     

    子宮筋腫が原因で、チクチク痛むということもあります。特に毎月の生理の時、腹痛を伴うようです。
    痛みの程度には個人差がありますが、チクチクなんてものじゃないくらい痛くなる人もいます。

    出血量が多くなって貧血を起こすというのは怖いですね。
    心配な方は、生理中は安静にしたり、病院を受診してカルテを作っておくと良いでしょう。

  • 子宮内膜症
    主に20~30歳代の女性に多くみられる、病気の1つです。症状も激しい月経痛、下腹部に組織の癒着があるので骨盤の痛みや排便痛、性交痛などが感じられるようになってきます。
    出典 :子宮内膜症ってなんだろう?
     

    子宮内膜症は若い女性に多い深刻な婦人病ですよね。
    最近では歌手の松浦あやさんが罹患していることを公表し、芸能活動を休止していました。
    ただ、妊娠すると生理が無くなるので快方に向かうと言われていて、松浦あやさんも妊娠を発表したばかりでした。

    子宮内膜症は良性の腫瘍ですが、放っておくとガンになる可能性も無くはありません。
    不妊の原因にもなりますので、早めの治療が望ましいでしょう。

  • 子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)
    子宮頸管炎とは、子宮の下部にある頸管の粘膜が病原菌に感染して炎症が起こることです。膣炎から病原菌が子宮頸管に上ってきて炎症を起こすケースが多く見られます。
    出典 :博愛医院 病気・症状 事典│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
     

    子宮頚肝炎とは、あまり聞きなれない病名ですが、子宮の頸管に炎症が起こる病気です。
    原因は、感染によるものがほとんどで、性交により性病から発症するケースや、中絶手術で頸管に傷がついて罹患する場合もあります。ひどいと不妊の原因にもなります。

  • 外陰ヘルペス
    単純ヘルペスウィルスが原因です。強い痛みが特徴です。再発を繰り返すこともあります。
    出典 :まのレディースクリニック(愛知県名古屋市港区) :: Q&A【妊娠と病気】
     

    性交渉によって感染し、4~10日以内に発症すると言われています。
    感染部位に痛みを感じ、赤いぶつぶつができてただれた様になってきます。
    膀胱や子宮に感染したり、かなり痛くなって排尿が辛くなることもあるそうなので、違和感があったらすぐに医療機関を受診した方が良いでしょう。治療すれば1週間程度で完治します。
    (放っておくと治るまで3週間くらいを要します。)

  • 卵巣がん
    卵巣から発生するがん(悪性腫瘍)です。
    出典 :子宮内膜症のページ
     

    卵巣がんは、早期発見の場合、症状を感じない人がほとんどです。しかし、進行すると下腹部痛や排尿痛、体重減少などが起こり、すぐに身体の変化に気づきます。

  • 子宮頸がん
    20~30代の女性が発症するすべてのがんの中で第1位。子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、初期には全く症状がないことがほとんどで、自分で気づくことはできません。そのため、不正出血やおりものの増加、性交のときの出血などに気がついたときには、がんが進行しているということも少なくありません。
    出典 :しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|子宮頸がんの症状 -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-
     

    子宮頸がんでは、下腹部痛や不正出血、血便や血尿、腰痛などがあります。若い女性に多い病気なので、定期検診を受けるなどして、例え罹患してもすぐに対処できるように備えましょう。

  • 子宮体がん
    子宮体がんは、女性のホルモンであるエストロゲンによって子宮内膜を刺激することが関与しています。
    出典 :SOSサインを見逃すな!
     

    子宮体がんも子宮頸がんと同じように下腹部痛や不正出血があります。しかし、子宮体がんは初期から症状が出るので、おかしいと思ったらすぐに病院を受診しましょう。

  • 我慢できないほど痛い時は、レディースクリニックなどの病院にかかりましょう。
    放っておくとガンになったり、不妊の原因になることが多いそうです。
    妊婦さんが悪化すれば、流産することも考えられますので、早めの対処をして下さい。

  • PMS「月経前症候群」の可能性もあります

  • 月経が始まる1~2週間ぐらい前から起こる、イライラ、腹痛、眠気、頭痛などのさまざまな不快症状。月経がはじまると消えるこのような症状を、PMSといいます。
    出典 :PMS【月経前症候群】 | ライブラリー | ソフィ-ユニ・チャーム
     

    PMSは、腹痛や下腹部痛のほかに、胃痛やお腹の張り・腰痛や吐き気、寒気やのぼせなど様々な症状を伴います。
    ただし、PMSはサプリメントでも改善されますので、探してみると良いでしょう。