貧血とは違う!脳貧血を起こしやすい人はどんな人?起立性障害とも関係のある脳貧血、その対処法は?

脳貧血を起こしやすい人とはどのような人なのでしょうか。脳貧血は貧血とよく似ていますが、貧血より慎重な対処が必要です。脳貧血の原因として、とくに思い当たるものがない特発性脳貧血はどのような人が起こりやすいのでしょうか。予防法と正しい応急処置の方法を紹介します。

view16786

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 似ているけど違う!脳貧血と貧血

  • 朝礼などで突然、倒れ込む人がいます。このように、突然倒れてしまう症状は、脳貧血や貧血と呼ばれます。とても似ている言葉なので、同じものだと思っている人も多いようですが、厳密には違います。一般に、貧血と呼ばれるのは、実際に血液が不足しているのではなく、血液中の酸素が不足している状態です。そのため、「血が薄い」とも言われるようです。
    一方、脳貧血とは、脳の血液量が不足することで起こります。しかし、素人目には具合が悪くなった人が貧血なのか脳貧血なのかは、判断が難しいところです。また、見た目には健康そうに見えることから軽く見られることもありますが、大きな病気が隠れていたり、症状が長引けば重大な疾患の原因になることもあります。周囲の人は無責任な判断をせず、安静にさせましょう。

  • 貧血とは、血液に酸素が足りていない状態です。血液中のヘモグロビンが少なく、「血が薄い」と表現される事もあります。疲れやすく、頭痛、動悸、息切れ、立ちくらみ等の症状が出ます。
    出典 :貧血と脳貧血の違い
  • 脳貧血の症状は、めまいや冷や汗、顔に血が上るような感覚があり「朝礼で倒れる」などは、脳貧血の場合が多いのです。
    出典 :貧血と脳貧血の違い: 口臭に悩む女性、諦めないで!必ず治る!原因と対策
  • 原因は、一時的に脳への血液が足りなくなる事から、立ちくらみが起こります。
    出典 :貧血と脳貧血の違い: 口臭に悩む女性、諦めないで!必ず治る!原因と対策
  • 脳貧血の原因

  • 脳貧血の原因は、様々なものがあります。その中で原因が特定できるものは「症候性脳貧血」と言われ、原因の特定できないものは「特発性脳貧血」と呼ばれます。原因の特定できない脳貧血は意外と多いものです。
    低血圧や自律神経が要因と思われる脳貧血はよく起こるものですが、実は低血圧や自律神経の乱れというのは、そのメカニズムが完全に解明されていないので、これらの脳貧血も原因が特定できないものの中に入ります。
    一方で、パーキンソン症候群、僧帽弁狭窄症、副腎機能不全などにより、明確に血流量に影響のでる病気や症状があるものについては、その病気に伴う症状や、その病気が治ることで脳貧血も治ることがわかっています。

  • 低血圧の人が起こしやすく、長時間立っていることなどで、血液が重力で下に集まり脳に血液が十分に行き届かないことから起こります。
    出典 :脳貧血は低血圧やストレスが原因で起こる
  • 他にも自律神経が原因の場合もあります。低血圧でなくても自律神経(血液の流れや血圧・心拍数などをコントロールしているもの)が弱まり、脳貧血を起こすのです。
    出典 :脳貧血は低血圧やストレスが原因で起こる
  • 脳貧血の原因として考えられるのは、他の病気による自律神経の障害であったり、大動脈弁狭窄症、アジソン病、パーキンソン症候群、僧帽弁狭窄症、副腎機能不全などの病気が原因になることもあります。
    出典 :脳貧血 - 貧血ガイド
  • 原因の特定が出来るものを「症候性脳貧血」、病院で調べても特別な原因のわからないものを「特発性脳貧血」と分類します。
    出典 :脳貧血 - 貧血ガイド
  • 脳貧血を起こしやすい人

  • 脳貧血の原因には不明なものが多いのですが、どのような人が脳貧血を起こしやすいのか、また、どのような状況下で脳貧血が起こりやすいのかはわかっています。脳貧血を起こしやすい人とその対処を紹介します。

  • 脳貧血:子ども場合

  • 子どもの脳貧血は大抵、学校などで起こるため、親にとってみれば非常に心配なものです。学校によっては単なる貧血と思われたり、虚弱体質として扱われ、短期的だけでなく長期的にも子どもの健康を損ねることにもなりかねないからです。一部の学校では脳貧血や貧血に対して慎重に対応するようになっていますが、未だに多くの学校や教師たちの認識では、子どもの体力のなさのためや筋肉が未発達なためだと思われ、すぐに起き上がることを促したり、歩いて保健室に行かせたりするなど配慮に欠けた対応も頻繁に行われます。

  • 応急処置と予防法

  • 子どもが倒れたり座り込んだりした場合、まずは脳貧血を疑いましょう。そして、以下の基本的な対処を行います。また、この対処は大人に対しても有効です。

  • 基本の処置...無理やり体を起こしたりせず、楽な姿勢で横たわらせます。衣服を緩め、クッションや丸めたタオルなどを使って足を高くします。
    出典 :子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 嘔吐をともなうかもしれないため、顔は横向きにして吐しゃ物が詰まらないようにしましょう。
    出典 :子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上
  • 倒れてから5~6分で意識がしっかりすることが多いですが、なかなか回復しないなら受診をお勧めします。
    出典 :子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上
  • 子どもの脳貧血:予防法

  • 子どもが知らないうちに脳貧血で倒れてるということがないように、親ができることはなにでしょうか。貧血の場合は、レバーや緑黄色野菜などの積極的に摂取させます。しかし、脳貧血の場合は、食べ物での予防はあまり期待できません。何を食べるのか、というより、いつ食べるのか、という生活習慣の問題の方が大きいと言われています。というのも、脳貧血の原因として自律神経の乱れが関係していると言われているからです。そのため、食事や睡眠の時間を一定に決めて、規則正しい生活の中をさせることが大切になっていきます。
    しかし、このように大人が正しい生活習慣を促しても規則正しい生活ができない場合、環境要因ではなく体内から自律神経の乱れが起こっている可能性があります。最近では、小学生や中学生の自律神経が非常に乱れやすいということが研究やアンケート調査でわかってきています。一部の研究者の中には朝10時以降から授業を開始することを推奨している人もいます。以前は怠けや詐病として、寝起きの悪さや規則正しい生活のできない人を差別視する傾向もありました。

  • レバーやほうれん草などを食べて予防をすることができません。...体を使ってたくさん遊ばせれば、足に筋力がついて予防になります。
    出典 :子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 血液循環を良くするため、水分補給もしっかりと。夏場は特に注意が必要です。
    出典 :子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上
  • 近年、そのような朝起きられない人や夜に寝付けない人が起立性障害として広く知られるようになってきました。このような場合、本人や周囲が努力しても体調不良は改善されませんので、きちんと医療機関で診察しましょう。
    中学生くらいまでにきちんとした対処をせず、根性論で無理をさせた結果、高校生や大人になっても規則正しい生活ができないどころか、体の成長にとって大事なときに必要な睡眠が取れないために免疫力などが育たないまま成人を迎えることになる可能性もあります。そうなると症状を軽くすることはもちろん、通常の社会生活ができない体となるおそれもあります。

  • 足や血管だけではなく、自律神経も脳貧血に関係するといわれます。自律神経が血圧や脈拍をコントロールしているからです。夜更かしをしていないか、朝食を食べているか、...子どもの生活を見直しましょう。
    出典 :子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上
  • 大人の脳貧血:血圧の低い人

  • 大人の脳貧血の原因として、もっとも多くの人が口にするのは低血圧です。低血圧の人は心臓が血液を押し出す力が弱かったり、心臓が鼓動する回数が少ないことが特徴です。また、一度上昇した心拍がなかなか正常に戻らないために、強い疲労を感じたり、疲労からなかなか回復しないなどの症状に悩まされるようです。
    低血圧の原因がとくに見当たらないような本態性低血圧の人は、運動によって心肺機能を高めるということは難しいことが多いようです。というのも、低血圧の症状がでるような人は心肺機能やそれぞれの臓器に先天性の問題がある場合も多く、普通の人と同じ運動を行うことが平易ではないからです。このような人の場合、筋トレやプール通いよりも、適度な運動として散歩をすることや身の回りのことを自分でするなど、最低限の行為を行うなかで生活体力をつけることが優先されます。
    また、過食や深酒も、運動と同じく内臓に負荷をかけるものです。しかし、栄養はしっかり摂取する必要がありますし、適度なアルコールも心拍の働きを助けるものです。そのため、一度の食事量を少なくして回数を増やしたり、お酒も食前酒や食後酒として少しだけの摂取にしましょう。

  • 血圧の低い人が長時間立ったままでいると、下半身に血液がたまり、心臓より高いところにある脳まで十分に行き渡らない状態になります。
    出典 :貧血 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
  • 脳貧血が起きたら、足を高くして横になるのがいちばんです。学校や会社なら、保健室や休養室などカラダを横にできるところで休みましょう。
    出典 :貧血 | ライブラリー | ソフィ-ユニ・チャーム
  • また、お酒を飲むと脳貧血になる人もいます。(私も)
    お酒を飲むと、血圧が上がる前、一度下がります。その影響で、脳に血液がいかなくなります。

  • 大人の脳貧血:次のような人は冷え性の可能性?!

  • 日頃から人ごみの中にいると気分が悪くなったり、普段から顔色が悪く、緊張すると具合が悪くなる人

  • 朝起きるのが苦手、暑いのが苦手、お風呂で気持ち悪くなる

  • 人ごみで気分が悪くなる人や低血圧ではないのに朝起きることや暑さが苦手だという人は冷え性の可能性があります。これは自律神経の働きに関係していると考えられていますが、はっきりとはわかっていません。私たちの体調は交感神経と副交感神経が絶えず働いて、体調や体内のホルモンバランスや多様な神経を正常に働かせています。しかし、この交感神経と副交感神経の働きは自律神経として、私たちの意思とは関係なく働くものであるため、この自律神経系に何らかの障害があると、全身の不調を引き起こします。

  • この症状は人によっても違って来ますが、緊張やストレスで具合が悪くなったり、冷え症である場合もかなり多いようです。この辺りも自律神経に関係して来ますね。
    出典 :脳貧血: 貧血改善サイト
  • 西洋医学ではこの自律神経の乱れに対して有効な治療法がないばかりか、原因のわからない不定愁訴に対して自律神経失調症と安直に診断を下す風潮があるようです。一方、東洋医学においても有効な対処法は出ていません。ただし、古くから自律神経の乱れを整えるためには呼吸法が効果的であるとは言われています。自律神経は私たちの意識とは関係なく働きますが、呼吸と自律神経には強い関わりがあることがわかっています。そのため、呼吸法が自律神経の乱れに効果があると言われています。実践した人の中には朝晩2回程度の30分から1時間程度の深呼吸で、あらゆる不定愁訴が治ったという人もいます。