美肌を作るスキンケアをまとめました

美肌は美人を作るのに欠かせない要素です。ぜひスキンケアで美肌を手に入れましょう。

view341

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女度アップ!「恋愛ホルモン」で肌も身体もキレイにする

     

    恋をすると女性は「恋愛ホルモン」の分泌が促され、美肌になったり、身体が引き締まったり、いいことずくめ! キレイになって女度を上げるため、恋のドキドキをうまく利用したいですよね。

  • 毎日の食事の中で、ヘモグロビンの主成分である鉄分や良質なたんぱく質を多くとりましょう。鉄分は赤身の肉や魚、レバー、アサリ、卵黄、ホウレンソウなどに、良質なたんぱく質は玄米、豚肉、豆類などに多く含まれています。鉄製の鍋やフライパンを使うのもいいでしょう。また、鉄分の吸収を高めるビタミンCの豊富な野菜や果物もバランス良くとりましょう。
    出典 :顔色が悪い 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    良質なたんぱく質は、美肌づくりに欠かせません。

  • 体を冷やすと皮膚の血行が悪くなります。冷房の効いた部屋で長時間過ごすことや、冷やした食べ物などには注意が必要です。ぬるめのお風呂にゆったりとつかったり、しょうが入りの飲み物で体を温めたりして、冷えを防ぎましょう。

    出典 :顔色が悪い 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    血行がよいと、肌がきれいに健康的に見えますよ。

  • ドクターペリコン ビタミンC エスター15

     

    コラーゲンの生成を活性化し、シワや赤みをおさえるアイテム

  • ピュアヘルス ウェルエイジング フォーミュラ オリゴノール

     

    メーカー:(株)ウィングWAS
    価格:7980円
    購入可能場所:ドラッグストアや公式オンラインショップなど
    HP:wing-inc.com/prod_helth_green.htm

  • 美容業界で注目を集めている“炭酸”。なぜ、美肌に効果的といわれているのでしょうか?

    そもそも炭酸とは、二酸化炭素が水に溶けたもの。肌への浸透力が高く、血管を拡張する作用があるので、皮膚から吸収されると血液の循環が良くなり、肌のすみずみまでたっぷり酸素や栄養が行き渡ります。

    老廃物の排出もスムーズになり、新陳代謝がアップ。肌のターンオーバーも促進されるので、くすみや乾燥といった肌トラブルを解消する効果が期待できるのです。

    出典 :美肌のための新定番!ウワサの“炭酸美容”って? [スキンケア] All About
     

    有名なモデルさんもよくやっていると聞きますよね。

  • 「睡眠は最高の美容液」ともいわれるように、睡眠中は肌のダメージを修復する成長ホルモンが分泌されるため、しっかり睡眠をとることは美肌作りに欠かせない要素。しかし、忙しい現代人にとって、睡眠時間を十分に取るのはなかなか難しいのも事実ですよね。
    そこで最近では、短時間の睡眠でもしっかりと疲れを取り、朝すっきり目覚められるよう、睡眠の“質”を高めようという動きが高まっています。

    出典 :ぐっすり眠って美肌に!快眠を得るたった2つのコツ [スキンケア] All About
     

    良質な睡眠が良質な肌をつくります。

  • 敏感肌とひと口に言っても「アトピー性皮膚炎」から「自称敏感肌」まで、呼び名も症状もさまざまです。なかでも、最近よく目(耳)にするのが「ゆらぎ肌」と呼ばれるもの。
    この「ゆらぎ肌」、何故起こるかというと
    1、 強い紫外線
    2、 気温や湿度の差
    3、 環境の変化によるストレス
    4、 ホコリや花粉、黄砂      
    などが原因と考えられています。

    出典 :ゆらぎ肌を正常な状態に整えるのは保湿がポイント [スキンケア] All About
     

    ゆらぎ肌には保湿が効くんですって。

  • 今よりもワンランク上の明るい肌を目指すには、顔のうぶ毛の処理が有効といえます。
    さらに、かみそりによるシェービングには、くすみの原因である古い角質を除去して肌の再生(ターンオーバー)をサポートしてくれる嬉しい効果も。肌表面の凹凸がなくなることで化粧水や美容液なども浸透しやすくなるので、スキンケアの効果を今まで以上に感じやすくなります。メイクのりもアップするので、色ムラのない、なめらかな肌を演出できるでしょう。

    出典 :スキンケア効果をUPさせる!顔そりケアのすすめ [スキンケア] All About
     

    顔のうぶ毛がスキンケアの効果をあげるなんて、知っていました?

  • 間違った洗顔や過剰な洗顔は、皮膚の状態を悪化させます。トラブルのある肌はもちろんのこと、健康な肌であってもダメージが加わる可能性があるため、気を付けて行いたいものです。

    出典 :ガイドの考える、正しい洗顔法 [スキンケア] All About
     

    いつもの洗顔方法を見直してみるのもよいですね。

  • “美肌は夜つくられる”という美容のことわざがあるように、成長ホルモンが活発に分泌される夜に良質な睡眠をとることで、肌の修復・活性をうながすといわれています。

    出典 :美意識を高める、夜のハンドケア [スキンケア] All About
     

    良質な睡眠が美肌をつくります。

  • 不十分なクレンジングで残った余分な汚れは、肌を酸化させる、つまり“肌のサビ”を作ります。そして不十分な保水で、乾燥した肌はそのサビのダメージをもろに受けることになります。冬の乾燥よりも手強いのが夏の乾燥からくる夏枯れ肌です。

    出典 :肌の不調で秋を感じる! 乾燥肌対処法 [肌の悩み・対処法] All About
     

    夏のスキンケアって大事ですよね。

  • 敏感肌は生まれつきの体質だけでなく、日常生活が原因でなってしまうことがたくさんあります。中でも多いのは、いつも行っているスキンケアを間違ったやり方で続けてしまうこと。お肌のために行うスキンケアは、方法を間違えると逆に肌への負担となり、肌トラブルを悪化させてしまうので注意が必要です。
    出典 :敏感肌でも、キレイを楽しめる
     

    正しいスキンケアを行いましょう。

  • お風呂あがりにはすぐにタオルで水分をふき取り、遅くとも5分以内に、化粧水や乳液、ワセリンなどの保湿剤を塗りましょう。水分をそのまま自然乾燥させると、余計にお肌が乾燥してしまいます。できるだけ素早くタオルで水気をふき取り、保湿ケアを行うことが大事です。
    出典 :お風呂あがりは、5分以内に即保湿しよう | スキンケア大学
     

    入浴後は保湿!保湿!で美肌をつくりましょう。

  • 入浴後のお肌からは、想像以上に水分が逃げていってしまいます。それゆえ、できるだけ、5分以内に保湿ケアをすることが大切です。
    出典 :お風呂あがりは、5分以内に即保湿しよう | スキンケア大学
     

    入浴後は急激に乾燥が進むので要注意!