なんだか怖い病名【子宮破裂】原因と対策のまとめ

子宮破裂というのはどのようなものなのでしょうか?
陣痛が関係しているこの病気について
まとめてみました

view740

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮破裂とはどのようなものなのか

  •  分娩(ぶんべん)のとき、まれに子宮壁の弱いところが裂けてしまうことがありますが、これを子宮破裂といいます。ひどいときには、裂けた部位から胎児(たいじ)が母親の腹腔内(ふくくうない)に押しだされてしまいます。その結果、胎児は死亡し、母体も子宮の傷からの大量の出血によってショック状態におちいります。産科の救急処置が必要となる重要な病気の1つです。
    出典 :子宮破裂 とは - コトバンク
     

    これは危険な状態といえるでしょう

  • 妊娠している子宮体部(たいぶ)に起こる裂傷を子宮破裂といいます。多くは分娩時に起こり、突発的で大量の腹腔内出血と腟からの出血を伴います。母子ともに死亡する可能性のある救急疾患であり、迅速な診断と適切な治療、とくに輸血を中心とする母体の全身管理と緊急手術が必要になります。全妊娠の0・1%程度に発生しています。
    出典 :子宮破裂 - goo ヘルスケア
     

    想像すらつかないですね

  • 原因はどのようなものなのか

  • 子宮の壁は筋肉でできていますが、陣痛(じんつう)が強すぎたり、胎児が大きすぎるとき、胎児の位置が異常なために分娩が進まないときなどに、子宮壁が裂けることがおこります
    出典 :子宮破裂 とは - コトバンク
  • http://kotobank.jp/word/%E5%AD%90%E5%AE%AE%E7%A0%B4%E8%A3%82(一部引用)

     

    また、かつて帝王切開(ていおうせっかい)や子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)の手術などを受けて、子宮に瘢痕(はんこん)(ひきつれ)ができていると、それが原因で裂けることもあります。

  • 子宮筋腫が関係ある?

  • 子宮筋腫はガンとは違い、良性の腫瘍なので放置していても大丈夫だと考える人もいますが、腫瘍ができてしまうことが身体にいいわけはありません。あまり知られてはいませんが、子宮筋腫を放置して腫瘍がどんどん大きくなっていってしまうと子宮破裂のリスクもあるのです。
    出典 :子宮破裂のリスクもある子宮筋腫を、手術なしで自宅で改善する方法!
     

    やはりリスクがあった!

  • 大きくなってしまい自分でも体調の不調を感じるほどになっている頃には、腫瘍は他の臓器を圧迫していることでしょう。臓器だけでなく神経まで直接圧迫することもあります。腰痛があまりに酷くて整形外科に通院していたものの症状が改善されなかったため、詳しく検査していくと大きく育ってしまった子宮筋腫が発見されることも多いです。
    出典 :子宮破裂のリスクもある子宮筋腫を、手術なしで自宅で改善する方法!
     

    不調を感じる前に気づきたいですね

  • 子宮破裂の症状は?

  • 陣痛が強くなった時に、突然強い腹痛が生じ、陣痛がこなくなります。母体は不穏状態になり、ショック症状を示します。
    出典 :子宮破裂 - goo ヘルスケア
     

    これ以上はもう危ない状態としか言えないのでしょうね

  • 治療する方法や対策はあるのか

  •  子宮破裂の危険があると予測できるときは、陣痛が始まる前に帝王切開を行なうのが原則です。
     事前に診断し、妊娠中から分娩まで十分な管理と適切な処置を行なえば、子宮破裂は予防することができますし、過去に子宮の手術を受けたことがある人でも、その傷の深さや治り方によっては、正常な分娩ができることもあります。
    出典 :子宮破裂 とは - コトバンク
  •  輸血・輸液によって全身状態を改善して、できるだけ早く開腹手術を行い、破裂創(そう)からの出血を止めます。子宮全摘出術を行わなければならないことも多くあります。
    出典 :子宮破裂 - goo ヘルスケア
  • http://kotobank.jp/word/%E5%AD%90%E5%AE%AE%E7%A0%B4%E8%A3%82(一部引用)

     

    子宮破裂がおこりそうになっている状態を切迫子宮破裂(せっぱくしきゅうはれつ)といいますが、その部位を押すと強い痛みがみられます。この場合、陣痛を弱くする処置をしたり、早めに帝王切開を行ないます。