お肌がテカってる~!!!どうしてこんなにテカっちゃうの???気になるお肌のテカリの原因まとめ☆☆

お肌のテカリが嫌で気になってしまうという人も多いのではないでしょうか???
そんな人におすすめのお肌のテカリ原因に関する情報やその予防法についてまとめてみました!!!
これを見てお肌のテカリを予防しましょう!!!

view589

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうしてお肌がテカっちゃうの??

  • お肌のテカリ原因とは???

     

    顔がテカる直接の原因は、毛穴の中にある皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されて起こります!!!

  • 顔は体の中でも皮脂腺が多く、また顔の中でも特におでこや鼻のTゾーンに皮脂腺が集中しているため、Tゾーンはテカリが目立ちやすくなります。

    生まれつき皮脂の分泌が多い脂性肌の方はもとより、乾燥肌の方や、乾燥肌と脂性肌が入り交じった混合肌の方にも多く見られます。
    出典 :顔がテカる原因とは?お肌の質を知ってテカリを防止しましょう!
  • お肌の保湿不足!!!

     

    極度の保湿不足が原因となっていることが多いのです!!!
    意外にも保湿が不足するとテカってしまうのです!!!

  • 保湿が不足して、お肌の水分量が低下すると、肌は乾燥し、外的刺激を受けやすくなります。そうすると、人間の体は毛穴から過剰に皮脂を分泌し、お肌の水分の蒸発を予防したり、皮膚を外的刺激から守ろうとします。これが顔がテカる原因です。
    出典 :顔がテカる原因とは?お肌の質を知ってテカリを防止しましょう!
  • インナードライ肌

     

    インナードライ肌というのは、とにかくお肌の奥底の水分が足りなくて乾燥しているお肌のこと。肌の外側からは乾燥していることに気づきにくく、隠れ乾燥肌ともいわれています!!!
    このインナードライ肌もテカリの原因になるようです!!!

  • 頬がカサカサしている。
    頬の毛穴が開いている。
    あごのUゾーンがつっぱる。
    口の周りに粉を吹くことがある。
    このような症状がある場合、あなたはインナードライ肌かもしれません!!
    出典 :Tゾーンのテカリが治らない本当の原因は?
     

    あなたのお肌はどうですか???

  • ストレス

    ストレスによって、自律神経のバランスが崩れると、
    ホルモンバランスも崩れてしまい、それによって皮膚の新陳代謝が下がってしまうので、
    皮脂が過剰に分泌される原因に。
    出典 :肌のてかり防止
     

    ストレスが原因になってる場合もあるようです!!!

  • 生活習慣

    脂肪分の高い甘いものや揚げもの、アルコールは
    体内で中性脂肪に変わって皮脂の原因に。
    出典 :肌のてかり防止
     

    生活習慣もお肌のテカリに影響があります!!!
    注意しましょう!!!

  • テカリ肌を防止するにはどうしたら良いの???

  • 保湿不足を解消しましょう!

    まずは早急にお肌を保湿して、お肌がもともと持っている保水力を回復してあげましょう。べたつく保湿ケアが苦手な方や脂性肌の方は、油分の少ないジェルタイプのものやオイルフリーの化粧品で保湿しましょう。
    出典 :顔がテカる原因とは?お肌の質を知ってテカリを防止しましょう!
  • ビタミンCで皮脂を抑制しましょう!

    ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する効果があることが知られています。ビタミンC誘導体やビタミンC配合の化粧品を使ってビタミンCをお肌の中へ補給し、皮脂の分泌を予防しましょう。
    出典 :顔がテカる原因とは?お肌の質を知ってテカリを防止しましょう!
  • テカリを防止するにはまずはスキンケアから始めてみましょう!!!

     

    肌をうるおいで満たすことで根本からの皮脂を抑えることができます!!!
    丁寧にスキンケアを行いましょう!!!

  • 【洗顔】
    ゴシゴシこすらず、たっぷりの泡でやさしく
    「ベタつくから」といって、洗顔のし過ぎは禁物。
    肌本来のうるおい成分まで奪ってしまい、乾燥や肌荒れを招く結果に。
    基本的には朝、夜の2回で十分。
    出典 :肌のてかり防止
  • 【化粧水】
    肌内部へしっかり水分を届ける
    化粧水はただ“つける”のではなく、“浸透させる”つもりでケア。
    乾燥がひどいときは、シートマスクや化粧水を含ませたコットンでパック。
    ・とろみのある高保湿タイプの化粧水に切り替えるのもひとつの方法。肌表面にとどまる時間が長いので、浸透力がUP。
    出典 :肌のてかり防止
  • 【乳液・クリーム】
    うるおいを逃がさぬように油分でフタ
    ベタつくからといって油分を極端に避けるのは逆効果!
    化粧水で水分を補給した後で、手のひらに適量を取ったら、両手をこすり合わせるようにして人肌程度に温めてから塗ると、より浸透。
    ベタつかずさらっとした感触が好みなら乳液、よりしっかり保湿したいならクリームと使い分けてもOK。
    出典 :肌のてかり防止