あれ?あなた…二重アゴになってませんか?今すぐ、原因究明と対策を!

「あれ・・・私、フツウにしてるのに二重アゴになってない?」

鏡の前で固まっちゃったアナタ!
今すぐ、原因を突き止めて、対策しちゃいましょう!

view811

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 色々な2重アゴの原因

  • 【二重あごの主な原因】

    ・アゴに脂肪が付く
    ・コラーゲンの産生量が減る (弾力を保つ成分)
    ・ヒアルロン酸の減少 (水分を保つ成分)
    ・エラスチンの減少 (ハリを保つ成分)
    ・顎の筋力低下
    ・姿勢が悪い
    出典 :二重あごの原因と解消法
     

    脂肪が付くだけだけじゃないんですね~肌の成分バランスがカギのようです。

  • ■二重あごのおもな原因3つ

    (1)表情筋の衰え
    顔を動かすことでしか鍛えられない筋肉は、感情豊かに楽しく過ごすことが正解。

    (2)咀嚼(そしゃく)の数が少ない
    硬いものを噛まなくなった現代の食生活にも問題がありそうです。

    (3)姿勢が悪い
    猫背や枕が高いなど、長時間不自然な姿勢をとると脂肪の位置がずれてしまいます。
    出典 :これで必ず二重あごを撃退できる!「顔の筋トレ」3つ | 美レンジャー
     

    硬いものを食べないから、ガムを噛まなくなったからなんて、良く聞きますよね。枕も原因になるなんて、知りませんでした。

  • 原因1:肥満

    肥満になると、皮下脂肪が増え、リンパの流れが悪くなります。
    流れが悪くなったリンパ節にはむくみやセルライトとなって現れます。
    それが二重あごの原因になっているのです。
    出典 :原因を知って解消しよう!二重あごになる理由 | 美肌マニアの美容情報
     

    これは比較的分かりやすいですね。太ってる人で2重アゴじゃない人の方が珍しい。

  • 2重アゴの原因は「オトガイ筋」の衰えでもある

  • 二重あごは、顎の下に脂肪がついてアゴと首の境目がなくなってしまう状態。2重と言わず3重4重になっていることもあります。二重あごになる主な原因は、表情筋の衰えです。顎を押し上げる筋肉である「おとがい筋」が弱くなると、周辺がたるんできて、二重アゴになってしまうのです。
    出典 :二重あご解消エクササイズ!
     

    おとがい筋って?

  •  

    オトガイ筋」って、あまり聞いたことがない場所ですが、ものすごく簡単に言うと、あごの先の方の筋肉です。あごの先が尖ってる人のフェイスラインは、スッキリ・ハッキリしてますよね?あれは、オトガイ筋が鍛えられて尖ってるからです。あごがたるんでくると、あごの先の尖がりがなくなり、丸くなってきますが、これが「オトガイ筋が衰えてる」という状態なんですね。


    引用)http://terebitime.com/category9/

  • 2重アゴを解消しよう!

  • ① 日常生活でのエクササイズ

    ◾姿勢を正す

    正しい姿勢をとっている状態では、5~6kgの重さの頭を脊柱が支えています。しかし、姿勢が崩れて首が正しい位置にないと、筋肉がバランスを摂ろうとして緊張した状態になります。そして姿勢が前のめりになり首が前に出ると、あごの動きを妨げてしまい、その結果、あごの周りに老廃物が溜まり慢性的なむくみとなり、重力に負け、とうとう二重あごになってしまいます。まずは、姿勢を正すだけでも立派なエクササイズになるのです。
    出典 :2週間で二重あご解消!7つの超簡単ストレッチ&エクササイズ
     

    「姿勢を正すだけで、立派なエクササイズ」これ、大切ですね!

  • ② 血行を良くして老廃物や不要な水分を流すストレッチ

    ◾天井を見るように顎を突き出し、首を後ろに反らせる。
    ◾ゆっくりと「あ、い、う、え、お」と言いながら口を大きく動かす。

    上記のストレッチは、気がついたときにマメに行いましょう。
    次に、シャープなあご作りのための筋肉のエクササイズです。あご周りには普段使われない筋肉も多くあります。
    出典 :2週間で二重あご解消!7つの超簡単ストレッチ&エクササイズ
     

    首を後ろに反らせる・・・これは効いてる感じしますね!仕事中でもちょいちょいできるので、良いのでは?

  • ③ あご周りの筋肉を鍛えるエクササイズ

    まず、エクササイズを行う前に、どこの筋肉を刺激しているのか意識できるようにしておきましょう。<二腹筋>口を開けるときに使う筋肉です。普段行われる動きですが、重力に頼っているため、実は筋肉はあまり鍛えられていません。

    <翼突筋>顎を前後左右に動かす筋肉です。実際に動かしてみると、普段あまり行わない動きだということが分かりますね。
    <顎舌骨筋>口の中の舌下にある筋肉です。日本語の発音は舌の筋肉をあまり使わないので、日本人は日頃からこの筋肉を鍛えることができません。
    出典 :2週間で二重あご解消!7つの超簡単ストレッチ&エクササイズ
     

    日本語の発音は舌の筋肉をあまり使わない・・・そうなんですね~確かに、外国語の発音が難しく感じるのも、そのせいかな?さて、そのエクササイズとは・・・?

  • ◾背筋をまっすぐ伸ばし、ゆっくりと上を向きます。

    ◾ゆっくりと、出来るだけ大きく口を開けます。

    ◾その状態を5秒保ちます。

    ◾5秒かけて、ゆっくりと口を閉じます。

    ◾5秒かけて、ゆっくりと正面を向きます。
    出典 :2週間で二重あご解消!7つの超簡単ストレッチ&エクササイズ
     

    お風呂に入ってる時なんかにやってみては?

  • 美容家田中愛 簡単二重あご解消方法 How to make a beautiful chin ...

     

    これは「イ~」の口で解消する方法。ほうれい線にも効果があるそうです!