日本人の5人に一人は悩む不眠・・・不眠症について

日本人の5人に一人の割合で不眠の症状があるそうです。

不眠症の種類、原因、対策を知って不眠の悩みを解消しましょう。

view253

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。
    出典 :不眠症とは|睡眠障害の種類|睡眠障害の種類|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
  • 日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。

    不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

    男性よりも女性に多いといわれています。
    出典 :不眠症とは|睡眠障害の種類|睡眠障害の種類|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
  • 入眠困難 ⇒ 寝つきが悪い

  • 中途覚醒 ⇒ 眠りが浅く途中で何度も目覚めて睡眠が中断

  • 早朝覚醒 ⇒ 早朝に目が醒めてしまう

  • 熟眠困難 ⇒ ある程度眠っても熟睡感に乏しい

  • 環境要因

  •    ●時差がある場所への移動

       ●交替制勤務

       ●騒音・明るさ

       ●温度・湿度

       など・・・

  • 身体要因

  •    ●胸苦しさ ⇒ 心臓病、高血圧

       ●咳・発作 ⇒ 呼吸器疾患

       ●頻尿 ⇒ 腎臓病、前立腺肥大

       ●痛み ⇒ 糖尿病、関節リュウマチ

       ●かゆみ ⇒ アレルギー疾患

       など・・・

  • こころの要因

  •    ●ストレス ⇒ 悩みやイライラ、極度の緊張、睡眠に対するこだわり

       ●うつ病 ⇒ 早朝覚醒、日内変動

       など・・・

  • 生活習慣要因

  •    ●治療薬の副作用 ⇒ 降圧剤、甲状腺製剤、抗がん剤、など

       ●覚醒作用のある嗜好品 ⇒ コーヒー(カフェイン)、紅茶(カフェイン)、たばこ(ニコチン)

       ●運動不足

       ・・・など

  • 就寝・起床時間を一定にする

  • 睡眠時間にこだわらない

  • 太陽の光を浴びる

  • 適度の運動をする

  • 自分流のストレス解消法をみつける

  • 寝る前にリラックスタイムをつくる

  • 寝酒は駄目!

  • 快適な寝室づくり