夏バテになった時ってどうすれば良いの?夏バテの対処法とは

食欲がわかない、元気が出ない。夏バテになってしまった時のために、正しい夏バテの対処法を知っておきましょう。

view375

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏バテってどういう状態なの?

  • 夏の盛りに、暑さのために食欲が減退したり(自律神経に起因する)、冷たい水分の摂りすぎで体調をくずしてしまったり、内臓の機能が低下してしまう(クーラーなどで身体を冷やし過ぎて)などの症状の総称。
    出展:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C6%A5%D0%A5%C6

  • 夏バテになったらこうしよう

  • 冷房は利かせすぎない

  • 冷房のきいた室内と蒸し暑い外を往復すると、身体はその変化についてゆけません。5度以上の温度差に対しては、身体の温度調節機構はうまく働かないと覚えておきましょう。冷房温度は省エネの面からも28度がオススメ。
    出典 :夏ばて対策10か条! [疲労回復法] All About
     

    暑すぎず、寒すぎずが基本です。

  • 自分で温度管理する

  • こまめに上着を脱ぎ着する
    といっても公共機関の冷房はどうしょうもないし、オフィスの冷房もなかなか自分ひとりでは変えられない・・・というのも事実。はおりものを一枚持ってこまめに脱ぎ着しましょう。
    出典 :夏ばて対策10か条! [疲労回復法] All About
     

    いつでも上に羽織れるように、薄手のカーディガンなどは常備しておきましょう。冷房が強すぎると、それが原因で冷え性になってしまうこともあります。

  • 冷たいものをとりすぎない

  • 暑いと食欲が低下しがち。でも、冷たい飲み物を取りすぎると、胃液が薄まり消化機能の低下を招いてしまいます。

    オススメはぬるめのミントティー。ミントには食欲増進や、胃や腸の消化、働きを高める作用などの効果があるといわれていますし、爽快感もあります。
    出典 :夏ばて対策10か条! [疲労回復法] All About
     

    出来れば夏場も冷たい飲み物は控えましょう。喉の渇きを潤すのは、ぬるめのお茶が最適です。夏バテ中に冷たいものばかり飲んだり食べたりしていては、ますます症状が悪化してしまいます。

  • 夏バテの時こそスパイスを使おう

  • 胃腸を刺激すると食欲が増進します。胃液の分泌を促す食べ物には、辛いものや香辛料、香味野菜などがあります。辛いものは、発汗による夏ばて防止効果も期待できます。スパイスいっぱいのカレーは実は薬膳料理という話も。ただし食べすぎは胃腸を痛めるのでほどほどに。レモン・お酢などの酸味も食欲増進、疲労回復効果があります。
    出典 :夏ばて対策10か条! [疲労回復法] All About
     

    暑い夏だからこそ、スパイシーな食べ物を食べましょう。体の内側から夏バテを解消してくれます。

  • 夏バテ解消のツボ

  •  

    夏ばてで全身がだるく、元気がでないときに効くツボが湧泉です。

    【場所・押し方】
    足の裏の土踏まずからやや指よりにあります。指を曲げたときにできるくぼみの中にあります。
    親指やペンなど固いもので痛くなるまで押し続けると効果があります。
    出展:http://natsubate.x8q.net/002/ent1060.html