日常の姿勢の悪さが【骨盤】の【ゆがみ】を生み、ひいては体調に悪影響を及ぼすようになります。ご注意!!

人の背骨には自然に備わったS字カーブ(生理湾曲)があり、その乱れは【骨盤】の【ゆがみ】の原因となります。
【骨盤】が【ゆがむ】事で、腰痛や肩こりを始め下肢の変形(O脚)、神経痛、頭痛、女性の生理痛などと、骨盤から離れた個所にも影響が出てくるほどです。
日頃から姿勢に気をつける事が重要なのです!!

view394

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも【骨盤】の【ゆがみ】ってどういうこと?

  • 【骨盤】の【ゆがみ】のタイプ

     

    骨盤の歪みには「開いている」「ねじれている」「傾いている」といったタイプと、又これらのタイプが組み合わさった場合などがあります。

  • 歩いているときに内股もしくはガニマタになってしまう、靴の外側ばかりすり減る、O脚、足を閉じて座るのが苦痛、お尻や太ももが太って痩せにくい、大股歩きが苦手などの特徴が見られる場合、骨盤が開いてしまっているかもしれません。このタイプは女性に多く、スカートやパンツをウェストでサイズ合わせをするとお尻が入らないという方は、このタイプである可能性が高いです。


    いつも同じ足の組み方をする、左右の足の長さが違う、正座をして座ると片方だけ膝が前に出てしまう、お尻の大きさが左右で違うなどの特徴がある場合は、骨盤が前後に食い違ってねじれている可能性があります。履いているスカートのスリットがいつの間にか横や前にきているなんていう経験のある方は要注意です。


    どちらかの片足に体重をかけて立つ癖がある、下腹やお尻が突き出て目立つ、左右の肩の高さやウェストの高さが違う、そり腰や猫背、ウェストの締まりがなく寸胴体型に悩まされている方は、骨盤が傾いている可能性があります。傾きは決まった一方向だけでなく、前後左右のいずれかに骨盤が傾いているということです。
    出典 :骨盤のゆがみと特徴 | 骨盤のゆがみに注意! 骨盤のゆがみの及ぼす影響
  • 【骨盤】の【ゆがみ】となる原因はなに?

  • 背骨には生来そなわった生理湾曲がある。

     

    背骨は首から骨盤まで椎骨が組み合わさってできており、自然なS字カーブを描いています。
    そのカーブが姿勢の悪さなどによって崩れると、骨盤にも影響を及ぼします。
    骨盤が背骨の歪みに対応しようとして骨盤までが正常でなくなります。

  • 妊婦さんは骨盤が歪む可能性が大きい

  • 生理湾曲が崩れる

     

    お腹が大きくなるにつれて背骨の生理湾曲が崩れ、骨盤の歪みを生じます。
    また、お産をする事で骨盤が開きます。
    出産後のケアは充分にしておかないと、後々悪影響が出ます。

  • 【骨盤】の【ゆがみ】による体への悪影響

  • こんなことも・・・

     

    ①新陳代謝が低下し、冷えの原因となる
    ②疲れやすく、下半身がむくむ
    ③肩こり、腰痛
    ④生理不順、生理痛
    ⑤便秘
    ⑥ボディラインがたるみ、見た目が老人の姿勢のようになる

  • 【骨盤】の【ゆがみ】を治そう!

  • 骨盤のゆがみチェック法 - YouTube

  • かんたん! 自動整体! 骨盤の歪みを自分で矯正! ウエストのたるみにも効果的 ...

  • 骨盤のゆがみを予防する方法 - YouTube