異常に眠いのは病気のサイン?なぜかいつも眠いのは病気の症状のひとつかも!

眠いのは病気のせいって考えたことありますか?会社、学校、自宅や車の運転中でも突然、眠気が異常に襲ってくるのは、怖い病気の徴候かもしれません。病気そのものも怖いですし、突然眠気に襲われことにより、事故をおこすのも怖いですよね。眠くなることがサインの病気を調べてみました。

view62153

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 日中、なぜか異常な眠気に襲われていませんか?

  •  

    食後に眠いとか、昨日夜更かししたから眠いとかならわかるのですが…。

  • 眠いのは病気のサインかもしれないのです。

  • 現代は学校や職場、家庭などにあらゆるストレスが氾濫しています。そのため、ここ数年は子供~大人まで睡眠のトラブルを訴える人が後を絶ちません。
    その一方で、自らが「睡眠障害」であることに気付いていない人も多いのです。睡眠障害=不眠症というイメージが根付いていますが、他にも過眠症や睡眠時呼吸障害など、さまざまなタイプのものがあります。
    出典 :【睡眠障害ガイドブック】 - 原因や症状、治療について解説
     

    自分が、いつのまにか病気になっているパターンがもっとも怖い気がします…。

  • 睡眠の障害は、いくつかのタイプに分類されます。

  • ひとつずつ、病名を挙げていきますね。あなたの眠たさの症状はどれに当てはまりますか?

  • ①脳内の変化が原因の障害

  • ナルコレプシー
    日中の居眠りを我慢できない
    寝入りばなに悪夢のような状態におそわれる。
    笑ったり、驚いたり、怒ったりすると体の力が抜ける。
    金縛りにあう。
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    10代に多くみられる病気です。原因は不明ですが、発症した方には共通した白血球の血液型が見られます。通常では考えられない場面、例えば受験や会社の面接などでも発作が起こり急に眠ってしまいます。突然寝てしまうなんて、車の運転をしていたとしたら、非常に危険ですね。また突然倒れると外傷も受けそうですね。

  • 反復性過眠症(はんぷくせいかみんしょう)
    強い眠気でウトウトする時期が3日から3週間つづき、自然に回復するがその後また繰り返される。
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    眠気から回復している期間は、普通の生活が送れますが、眠い時期(傾眠期)には過食になったり、攻撃性が増したりします。原因不明のため、治療法は確立されていません。

  • 特発性過眠症(とくぱつせいかみんしょう)
    短時間の仮眠ではかえって眠気が残る、無理に起こそうとすると、ひどく寝ぼける
    10時間以上の睡眠時間の延長
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    ナルコレプシーと同様に日中、睡眠発作が起きますが、前者が10~30分位の発作に比べ、こちらは1時間から3、4時間もあることがあります。さらに夜の睡眠も8時間以上と長いのが特徴です。こちらも原因は不明で対症療法になります。

  • 薬剤性過眠(やくざいせいかみんしょう)
    睡眠薬や精神科の薬、かぜ薬、アレルギーの薬を飲んでいる
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    いわゆる、薬の副作用ですね。こころの病気の薬だけでなく風邪薬、花粉症の薬にもあります。昨今は花粉症の患者が多くなり、勤務中の眠気の不便さも問題になっています。薬の種類によっては以前より改善されているものもありますね。

  •  

    睡眠薬の飲み過ぎは、かえって過眠や不眠をもたらすそうですよ。

  • ②睡眠の質が落ちている

  • 睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)
    いびきをよくかく、睡眠中の呼吸が不規則
    朝起きた時、頭痛がしたり、のどが渇いている
    高血圧、肥満、あごが小さい
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    お相撲さんでよくこの病気になる方を聞きますね。寝ているときに10秒以上無呼吸な状態を繰り返します。いびきもひどいものです。脳の呼吸中枢が原因の場合と上気道の閉塞が原因の場合があります。後者の場合は、まずはアルコールを控え、肥満を解消しましょう。

  • むずむず脚症候群(あししょうこうぐん)
    夕方から夜にかけて脚がむずむず、ちくちく、ひりひりする
    脚に虫がはうような不快感がある
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    寝ているときの不快感も、重要なチェックポイントですね。足が気になって眠れない、ということですね。足を動かすと症状が軽くなりますが、これから寝ようとしているのですから、じっとしていますよね。昼間に運動するなど日常生活を見直したり、刺激物を夕方以降は控えるなどによって、症状が改善されますが、それでも改善しない場合は、薬による治療が行われます。いずれにせよ長期的な治療になります。

  • ③睡眠時間が不足している

  • 睡眠不足症候群(すいみんぶそくしょうこうぐん)
    夜間の睡眠が不十分、十分な睡眠をとると日中の眠気がなくなる
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    これは一番単純な睡眠不足、といわれるものかもしれませんが、本人が睡眠不足だと気づいていない状態から慢性化します。寝る間を惜しんで勉強や仕事のする人、ゲームやSNSなどに夢中になって寝るのが遅くなってしまう、という方など。もともとたくさん寝ないとやっていけない方もいます。

  • 不眠症(ふみんしょう)
    寝つきがわるい、眠りが浅い、朝早く目覚める、寝ている間に
    何度も目が覚めるタイプがある
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    もっとも多いのがこのタイプかもしれませんね。日本人の国民病とも言われ、1か月このような眠れない状態がつづくと不眠症と診断されます。原因もストレスなどの心の問題や他の病気が原因の場合があります。また、勤務体制が不規則なために体内リズムが乱れ、引き起こされる場合も。

  • 睡眠相互後退症候群
    (すいみんそうごこうたいしょうこうぐん)
    睡眠の時間帯が遅いほうにずれて、極端なよいっぱりの朝寝坊になる
    出典 :あなたの眠気異常かな? 過眠・睡眠障害の話
     

    朝方になれば寝ることはできて、長時間寝てしまい、遅くにならないと起きれません。夏休みなどの長期休みでこのような状態になる方もいますが、普通は仕事や学校が始まれば、数日で元に戻りますが、この病気になると自力では元に戻すことはできません。

  • あなたの睡眠はどうでしたか?眠いのは病気の場合、適切な治療によって改善される場合も、残念ながら治療法が確立されていないものもありますが、身近な人でも、眠たさを訴える人がいたら注意してあげてくださいね。