あなたはどのタイプ?腰痛症状の種類

万人が一度は経験するともいわれるほど、多くの人が悩んでいる腰の痛み。
職業柄やストレス、生活習慣など多くの原因が腰痛を引き起こすとも言われていますが、痛み方、症状などは皆それぞれ違うのでしょうか?
とういうことで今回は、腰痛症状の種類をまとめてみました。

view281

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ~はじめに

     

    腰が痛い、重い、しびれる…と痛み方の表現は様々。
    そもそも、腰痛って特別な病気なの?

  •  腰痛(ようつう)は、人類が四足歩行から二足歩行へ進化したとき以来の宿命ともいえる病気です。
    出典 :腰痛 とは - コトバンク
  •  腰痛は年齢を問わず発症し、誰でも一度は経験するといっても過言ではないほど一般的な症状です。
    出典 :腰痛と上手につき合うコツ:ゼリア新薬工業株式会社
  • 人間が直立したときに、体重を支えるのに一番負担がかかるのが「腰」なんだそう。
    そうともなれば、まったく腰痛と無縁になるのは難しそうですね!

  • 腰痛の基本/緊張性腰痛と慢性型腰痛

  • 緊張性腰痛は長時間同じ姿勢でいたり過度なストレスが原因としてあげられている。筋肉などにストレスが掛けられることにより激しい行動をすると動く交感神経が常に優勢になるため他の筋肉に力が入ってしまいバランスを調整しようとしてしまい腰痛になる。
    出典 :腰痛とは|腰痛ガイド
  • 慢性型腰痛は腰に日常的に継続した鈍い痛み。尿路系に沈着する結晶の石またはその石が詰まる尿路結石と勘違いすることがある。
    出典 :腰痛とは|腰痛ガイド
  • 「椎間板ヘルニア」

     



    最近では、聞き馴染みのある方も多い病名ですよね。
    軽度の場合は姿勢など日常生活に気をつければ自然と直ることもありますが、重度になると手術が必要になることもあります。

  • 椎間板の線維輪層の後部が裂隙を生じ、そこから、髄核がヘルニアに突出し、脊髄神経根を圧迫する。腰および下肢に痛みしびれが放散する。
    出典 :腰痛の種類とメカニズム「あなたの腰痛のタイプはどれでしょう?」栃木県さくら市(氏家町)のカイロプラクティック氏家療院
  • 「脊椎分離」および「すべり症」

  • 腰椎のおなか側の部分<椎体(ついたい)>が前にすべるようにずれた場合、脊椎すべり症といいます。脊椎すべり症の代表的なものとして、分離症があるために椎体が徐々にせり出す脊椎分離すべり症と40~50代の女性に好発し、椎間板(ついかんばん)や椎間関節(ついかんかんせつ)が傷んでずれる変性すべり症があります。
    出典 :腰痛オンライン 脊椎分離症(せきついぶんりしょう)・脊椎すべり症
  • 腰椎の関節突起間部にひびが入ることが原因で、腰痛が起こるのが脊椎分離症です。とくにおしりに近い第5腰椎に頻発します。スポーツを熱心にしている子どもや成長期にスポーツをしていた人に起こりやすいのが特徴です。
    出典 :腰痛オンライン 脊椎分離症(せきついぶんりしょう)・脊椎すべり症
  • 「筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)」

     

    筋肉が損傷したり過緊張を起こしたためになる、腰痛症。
    損傷し炎症を起こした時には、「ズキン・ビリツ」と鋭い痛みを感じますが、
    過緊張を起こした際には「重い・だるい」といったような鈍い痛み方をするようです。

  • 急性期の筋筋膜性腰痛は、いわゆるギックリ腰として発症します。一般的には、急に重いものを持ったり、体をひねったりしたときに生じます。
    出典 :筋筋膜性腰痛 さらに詳しく原因と症状:鍼&マニピュレーション療法 ほんがわ治療院
  • 急性の筋筋膜性腰痛が、時間の経過とともに慢性化することがあります。腰部の筋肉がオーバーワークの状態に陥ると、異常な緊張や攣縮がおこります。この異常な緊張や攣縮が持続することで、慢性的な筋肉痛が現れます。
    出典 :筋筋膜性腰痛 さらに詳しく原因と症状:鍼&マニピュレーション療法 ほんがわ治療院
  • 「腰部脊柱管狭窄症」

  • 腰椎(ようつい)内部の神経の通路である脊柱管が狭くなることにより、神経組織が圧迫されて症状が出現する病気です。主な原因は加齢変化ですが、生まれつき脊柱管が狭い人や椎弓(ついきゅう)や椎間関節(ついかんかんせつ)の形状が異なる人に多くみられます。また、変性すべりによるものは女性に多くみられます。
    出典 :腰部脊柱管狭窄症 - goo ヘルスケア
  • 「変形性腰椎症」

     

    椎間板や関節、靭帯が老化によって劣化することによって起きる変形性腰椎症」、聞き馴染みのない人も多いのではないでしょうか。
    高齢者に多く見られるため、年のせいと諦めてしまう人も多いようです。

  • 椎間板ついかんばん内の水分が減少することでクッションの役割が低下。椎体ついたいが刺激を受けて、骨棘こっきょく(とげ状の骨)が出てきます。これが神経を刺激し痛みやしびれを引き起こします。40代半ば以上の人であれば程度の差こそあれ、普通に見られます。
    出典 :腰痛大百科|腰痛にはどんな種類が|SIGMAX
  • 「骨粗鬆症」

  • 骨の密度が減少し、もろくなって起こります。ある程度以上の負荷がかかると圧迫骨折を起こすこともあります。高齢の女性に多く見られます。
    出典 :腰痛大百科|腰痛にはどんな種類が|SIGMAX
  • 腰にかかる負担が腰の強度を上回ってしまうと起きる症状…

     

    軽い腰痛や原因がはっきりしない腰痛を総称して、「腰痛症」というようです。

    なかでも、中腰で重いものを持ったり、体を変にひねった時に突然起こる「ぎっくり腰」。こちらの名称は有名ですよね。
    ドイツでは「魔女の一撃」というようですよ!