大気汚染物質の【PM2.5】対策方法とPM2.5とはなにか?まとめ

PM2.5が話題になりましたが
結局どのようなものなのか
対策もまとめてみました

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • PM2.5とはそもそも何なのでしょうか?

  • 空気中に浮かんでいる小さな粒子のことをエアロゾルと呼びます,そのうち,粒径2.5μm(マイクロメートル,ミクロンとも呼ぶ。2.5μmは2.5mmの1000分の1)以下の粒子をPM2.5(一般的にはPM2.5と書くことも多い)と呼び,その大きさから人間の肺の奥にまで到達しやすいとされています。ただ,PM2.5は最近急に発生したものでなく,太古の昔から一定量は地球上のどこの大気にも存在しています。また,自然起源のものと,人間の活動により発生するものがあり,自然起源のものについては原始時代から人類は呼吸してきたものです。
    出典 :PM2.5に関するFAQ
  • 《PMは、particulate matter の略》直径2.5マイクロメートル以下の超微粒子。自然由来以外に、自動車の排気ガスなどに含まれる。肺の奥まで入りやすく、肺癌(はいがん)や呼吸系・循環器系への影響が懸念されることから、平成21年(2009)に環境基準が設定された。微小粒子状物質。→エス‐ピー‐エム(SPM)
    出典 :PM2・5 とは - コトバンク
  • 最近のPM2.5濃度の上昇

  • 今年に入って、微小粒子状物質(PM2.5)という大気汚染物質への関心が高まっています。まず1月、PM2.5による中国の大気汚染が大きく報じられました。中国の大気汚染は以前から問題になっていましたが、今回は汚染物質が滞留しやすい気象状況や、暖房のための石炭の使用増加なども重なり、北京市を中心に大規模かつ深刻な大気汚染が発生。健康への影響だけでなく、視界不良による航空便の欠航など交通機関にも支障をきたすほどでした。
     日本でも西日本を中心に広範囲にわたって環境基準(健康保護のために維持することが望ましいとされる水準)を超えるPM2.5が観測され、環境省は越境汚染が影響していた可能性があると発表しました
    出典 :警戒される微小粒子状物質PM2.5とは - goo ヘルスケア
     

    このようなニュースになるくらい問題になったのです

  •  

    PM2.5とは何か簡単におさらいしておきましょう。大気中には、揮発性有機化合物や窒素酸化物などの汚染物質が混ざってできた粒子状の物質が浮遊していますが、その中でも粒径2.5マイクロメートル(2.5ミリの千分の1)以下のごく小さな粒子をPM2.5と呼んでいます。
     PM2.5は化石燃料や草木などを燃やしたときに発生し、車の排気ガスや工場のばい煙などが主な原因となっています。直径が髪の毛の30分の1程度と大変小さいため、吸い込むと肺の奥まで入りやすく、ぜんそくや気管支炎、肺がんなどの呼吸器系の病気のほか、血管に入り込んで動脈硬化や心臓病、脳梗塞など循環器系の病気を引き起こす恐れがあると言われています。

  • 環境基準について

  • ◦環境基本法第16条第1項に基づく人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として以下のとおり環境基準を定めています。
    1年平均値 15μg/m3以下 かつ 1日平均値 35μg/m3以下
     (平成21年9月設定)
    ◦この環境基準値は、呼吸器疾患、循環器疾患及び肺がんに関する様々な国内外の疫学知見を基に、専門委員会において検討したものです。
    出典 :環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報
  • 画像はクリックして拡大

     

    注意喚起の為にだされたものです
    どれくらいで危ないのかが記載されています

  • 行動の目安と対策

  • ・不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らし、屋内でも窓の開閉や換気を必要最小限にする。
    ・高感受性者(呼吸器系や循環器系疾患のある人、小児、高齢者など)は、体調に応じてより慎重に行動することが望まれる。
    *1 日平均値が70マイクログラム以下であっても、高感受性者では健康への影響がみられる可能性があるため、体調の変化に注意する。
    出典 :警戒される微小粒子状物質PM2.5とは - goo ヘルスケア
     

    行動の目安はこれです
    おちおち外出も出来ないですよね

  • マスクの着用 医療用や産業用の高性能な防じんマスクには微粒子の吸入を減らす効果があるが、顔の大きさに合ったものを空気が漏れないように着用する必要がある。不織布マスクなど一般用マスクにはさまざまなものがあり、それぞれの性能によって吸入防止効果は異なる。
    出典 :警戒される微小粒子状物質PM2.5とは - goo ヘルスケア
  •  

    現在では結構マスクの需要が高まっています
    外出時にマスクが手放せないと言う人も
    おおいのではないでしょうか

  • 空気清浄機 PM2.5除去効果は、フィルターの有無や性能など機種によって異なるため、効果に関する詳細は製品表示や販売店・メーカーに確認する必要がある。
    出典 :警戒される微小粒子状物質PM2.5とは - goo ヘルスケア
     

    病院では空気清浄器がおかれていますよね

  • PM2.5はたばこの煙にも多く含まれる

  •  実は、PM2.5の発生源には、車の排気ガスや工場のばい煙などよりもっと身近で問題の大きいものがあります。それはタバコです。PM2.5はタバコの煙にもたくさん含まれていて、特にフィルターを通さず周囲に広がる副流煙に多いのです。環境省は、喫煙によって室内のPM2.5 濃度が大きく上昇することに注意を呼びかけています。
    出典 :警戒される微小粒子状物質PM2.5とは - goo ヘルスケア
     

    煙草を吸っている人は要注意
    女性の方が喫煙者は増えているのですよ?