季節別!毛穴黒ずみ対策

目に付く毛穴の黒ずみは、年中除去しておきたいもの。しかし、季節によって対処の仕方が違うということをご存知でしたか?

view528

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    一気に紹介!

  • 日本人の肌はそのときの季節によって色々と変化を見せます。また季節に影響されやすい肌をしているとも言われており、その季節にあった肌ケアをしていく必要があります。基本的なケア方法は変わることはありませんが、その季節意識したいというケアはありますのでぜひとも試してみてください。

  • 黒ずみ対策:春

  •  

  •  

    保湿と夜間の洗顔をしっかり!

  • 春はそこまで気温が高くなく比較的過ごしやすい天気が多くなります。ですが、丁度季節の境目なので肌水分が不足しないように注意する必要がります。
    特に口の周りに粉が吹くことがありますが、これは乾燥によるものであり肌全体の水分が不足しています。
    ちょっと暖かくなり保湿をおざなりになりがちですが、この季節もしっかりと保湿を行うようにしましょう。
    花粉の飛散が多い時期は肌に多く付着するため夜間の洗顔はしっかり行うようにしましょう。

  • バリア機能が低下することで、一年中でもっとも不安定になりやすい春の毛穴。日中は日焼け止めで肌をしっかりガードし、紫外線をたっぷり浴びた後は美白ケアでメラニン毛穴を予防しましょう。外出時には日傘や帽子、サングラスなどで紫外線対策を行うのも効果的です。

  • 黒ずみ対策:夏

  •  

  •  

    汗をしっかり拭いて、洗顔はしすぎない!

  • 夏になると気温や湿度が高くなり多くの汗をかくようになります。汗はきちんとふき取るようにしないと毛穴に汚れが入りやすくなり、毛穴の黒ずみの原因ともなります。そのため汗はこまめに拭いて清潔にするようにしましょう。
    汗の他にも皮脂分泌も活発になる傾向があるため夏場は油分の多い化粧品を使うと毛穴が汚れがちになります。
    夏場だからといって洗顔料を使った洗顔の回数は増やさないで問題ありません。夜のお風呂の時間に洗顔料を使用するだけで、後は水かぬるま湯で顔を洗い流す程度にしましょう。

  • 乾燥たるみ毛穴とは、エアコンや紫外線などの影響で肌が乾燥。そこからコラーゲンが減少することによって起こります。

    たるみ毛穴には:
    ・肌の潤いが失われると、肌は縮んだ状態に。たっぷり保湿し、肌の弾力を復活させる
    ・肌の新陳代謝が悪くなると、肌のハリ感が失われ、たるたる肌に。レチノール系の化粧品で、スキンサイクルを正常に働かせる
    ・暑くて食欲がなくなるときは、肌を作る基本の栄養素、たんぱく質(肉、魚、卵、豆腐など)をとるよう心がけましょう

  • 黒ずみ対策:秋&冬

  •  

  •  

    適度に洗顔を行い、肌にしっかり水分を与える!

  • 秋冬はどうしても乾燥しがちな季節です。空気が乾燥していると自然と肌の水分量も少なくなってしまいます。
    乾燥肌の人はケアが一段と大変になるかと思われますが、オイリー肌の人も皮脂を取りすぎると乾燥肌状態になるので注意がj必要です。
    乾燥している季節に毛穴パックを頻繁に行って角栓を取り除いたり、必要以上に油取り紙などで皮脂を取りすぎていたり、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗うなどすると、肌の水分が失われ状況が悪化してしまいます。

    秋から冬にかけての毛穴黒ずみ対策のコツは、皮脂をとりすぎないように洗顔を行い、肌に水分をしっかりと補給させることが重要になります。
    この季節からは洗浄力が高い洗顔よりも保湿力の高い洗顔を利用するようにし、洗顔後はしっかりと水分をキープできる、化粧水や乳液、美容液を利用し肌にたっぷりと水分を与えるようにしましょう。

  • 黒ずみ対処の裏技☆

  •  

    10g 約200円以下

  • 毛穴の黒ずみにオロナインH軟膏を塗りこむと綺麗に消える

  • 黒ずみを予防するには、毛穴を開いて汚れを浮き上がらせるのがポイント。そこで、今回は、毛穴の汚れを浮き出す手軽な方法をご紹介します。

    1.肌を温める入浴中の「蒸しタオル」
    電子レンジで温めた「蒸しタオル」を顔にのせて毛穴を開かせる方法ですが、入浴中に行えばさらに簡単。

    お湯から立ち上がる蒸気の相乗効果でまさに「蒸す」お手入れができます。肌を温めることで、汗とともに汚れが流れ出るので、肌のキメも整い一石二鳥です。

    2.蒸しタオルが面倒という人は「ホットコットン」
    洗顔する前に、クレンジングミルクか乳液を黒ずみの気になる部分になじませる。その後、お湯を含ませたコットンを置いて1分パック。

    油分と蒸気力で毛穴の周りが柔らかくなり、汚れが浮きやすくなります。

    3.手軽に行うなら「マグカップ蒸し」
    温かい飲みものを飲むときに、カップに鼻を近づける。これだけで、簡易スチーマーの出来上がり。

    帰宅後、コーヒーなどのホットドリンクで一息ついてから洗顔するならこの方法がオススメです。会社などで顔全体に行えば、乾燥対策にもなります。

  • 毛穴黒ずみケアの基本原則
    1.毎日必ず洗顔をする
    2.洗顔後は必ず正しく保湿をする

  • ●メイクは必ずクレンジング剤で落とす
    メイクは毛穴やお肌にかなりの負担をかけます。自宅に帰ったら、できるだけ早くメイクを落としてください。そのまま寝てしまうなんてダメですよ。

    また、この際、ちゃんとクレンジング剤を使うことが大切です。

    化粧品に含まれている油分や顔料は、洗顔料や石鹸では落としきれません。肌のトラブルを避けるためにも、クレンジング剤できちんとメイクを落としましょう。

    ●蒸しタオルで毛穴を開いてから洗顔する
    蒸しタオルで毛穴を開いて、角栓を柔らかくしてから洗顔すると、奥深くに進入した毛穴の汚れまで良く落ちますよ。

    蒸しタオルで顔を温めると、毛穴の汚れが浮き上がって、洗顔の泡に汚れが吸着しやすくなるんです。

    また、このとき、少量のオリーブオイルを手に取って、やさしく小鼻をマッサージしてみてください。ちゃんと継続すると、徐々に毛穴の角栓が取れていきますよ。

    ●オイルで毛穴を引き締める
    油分が足りないと角質の表面が乾燥し、皮脂だけが増えて、余計に毛穴が目立つことになります。肌がベタつきやすいからといって、化粧水や美容液だけでケアをすますのはよくありませんよ。

    洗顔の後は、オイルやクリームなどでしっかり油分を補うことが大切です。油分と皮脂のバランスを整えることで、毛穴が小さくなり、皮脂が酸化しづらくなります。

    健康なお肌をキープするには、油分と皮脂のバランスがとても大切!バランスの良いお肌は、細菌の繁殖や乾燥などからお肌を守ってくれます。

    ●角栓は絶対に取らない
    小鼻の黒ずみを解消する一番の秘訣は、「角栓を取るのをやめること」です。

    え!だって角栓が黒ずみの原因じゃないの?だったら角栓を取った方が…、そう思うかもしれません。しかし、小鼻の黒ずみを解消するうえで大切なのは、最初に言ったように正しい洗顔と保湿ケアです。この2つのことを面倒くさがらずをきちんと行えば、自然に毛穴の穴は小さくなり、いつの間にか角栓に詰まっていた黒ずみの原因もキレイに解消されていくのです。

    いいですか?小鼻の黒ずみを本気で解消したければ、今日から角栓を取るのを止めて下さい。角栓取りシート、小鼻パックなどあまりお勧めできません。とくに、角栓を爪で押し出すなんてもってのほか!小鼻に詰まった角栓は、毎日のケアで徐々に取れていくので、余計な負担をかける方法は行わない方が無難です。

    これは小鼻だけにかぎらず、基本的にお肌に強い刺激や摩擦を与えるものはよくありません。いま、一瞬はキレイになれても、将来お肌がくすんだり、凹凸の原因にもなりやすく、お肌が老化するのが通常よりも格段に早くなります。そうなると、以前より毛穴が開いて、黒ずみが余計目立ってしまうことにもなりかねません。

    お肌は優しく丁寧にケアをしてあげるのが一番!ちゃんとケアを継続していくことが、毛穴の汚れ、黒ずみ対策には一番よいのです。

  • 薬局で簡単に買えます。

     

    49g 294円

  • 保湿のためにヴァセリンを使う

    やけどなどに使うと良いとも聞きますが、顔にヴァセリンを塗ると、余分な成分が入っておらず、次の日の朝には肌がすべすべになりますよ。
    特に肌が弱い人にはとてもおすすめ。私も以前はニベアでさえ肌が敏感に反応してしまうくらいでしたが、ヴァセリンのおかげで毎日肌を保湿できています。