妊娠前に予防接種をしよう!

妊娠前に予防接種をしよう!
でも、予防接種ってどんなものがあるのでしょうか?                                                                                                                

view175

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 予防接種とは?

  •  

    予防接種とは、病原性のない、または弱い病原体を接種して抗体を作ってもらおうというものです。
    妊娠中の接種が胎児に影響することを考え、妊娠中の接種は避けること、予防接種後2ヶ月は避妊することが望ましいとされています。

  • 妊娠前にはどんな予防接種が受けられるの?

  • 妊娠中風疹にかかると赤ちゃんに影響が。

     

    風疹抗体価は、妊娠初期に検査される項目のひとつ。なぜなら「妊娠中の女性、とくに妊娠20週頃までの女性が風疹に感染すると、赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が出る可能性があるのです。これを『先天性風疹症候群』といいます」と国立感染症研究所・感染症疫学センターの多屋馨子先生。

  • 風疹や水痘では、妊娠中に初めて感染すると胎児にも感染が起こることがあり、その場合、赤ちゃんの目や耳に不具合が生じたり、精神的発達に遅れが出たり、流産や早産になる場合があるといわれています。流行性耳下腺炎では、流産の可能性が高くなるといわれています。
    出典 :妊娠前にしておきたい準備 - goo ヘルスケア
  • 妊娠前に受けておきたい予防接種

  • 妊娠前のブライダルチェックで血液検査で行う抗体検査では、風疹の抗体を調べることが非常に大切になります。妊娠中に風疹にかかると、高い確率で胎児に影響が出るからです(先天性風疹症候群といいます)。
    出典 :妊娠前に受けておきたい予防接種 - はっぴーママ.com
  • 抗体がない場合、予防接種を受ければ基本的に感染を防ぐことができます。成人になってからこうした感染症にかかると重症化しやすくなりますし、妊娠中では治療の範囲も限られてしまいます。予防接種を受けておけば抗体が赤ちゃんに移行するため、生後しばらくは赤ちゃんの感染も防ぐことができます。
    出典 :妊娠前に受けておきたい予防接種 - はっぴーママ.com
  • ブライダルチェックとは?

     

    一般に、結婚を控えている人、もしくは遠くない将来に結婚の予定のある人が結婚前に受ける健康診断のことです。
    女性の場合、特に妊娠・出産を視野に入れた産婦人科でのチェックが多いです。
     

  • 風疹とはどういう病気?

  • 風疹(ふうしん)は麻疹(はしか)に似ていて、赤く小さな発疹が首から始まり、全身に広がる病気です。熱は38度前後ですが、4人に1人は発熱もないと言われています。

    出典 :妊娠初期の風疹
  • 症状としては麻疹よりも軽く、3日程度で落ち着くので3日はしかと呼ばれています。ところが、軽い症状で済むのは子どもだけです。大人が風疹にかかると子どもよりも症状が重くなりがちです。更に、妊娠初期の女性が風疹にかかると、胎児に危険な影響を及ぼす可能性があるのです。
    出典 :妊娠前に受けておきたい予防接種 - はっぴーママ.com
  • 妊娠中に風疹にかかったら?

  • 妊娠中の風疹感染では、妊娠初期~中期(妊娠4週~16週頃まで)に感染した場合に問題となります。
    この頃は器官形成期といい、赤ちゃんが様々な器官を形成している時期に相当するため、風疹に感染すると胎児に奇形を起こすことになります。
    出典 :妊娠中に風疹に感染したら?
  • 主な胎児の異常

     

    ・先天性心疾患
    ・眼症状(白内障、緑内障、網膜症など)
    ・聴覚障害(主に感音性難聴といい、中耳から脳に原因がある難聴)

  • 働き盛りの男性の間で風疹が大流行

     

    風疹が流行し始めたのは2011年の春から。「風疹ワクチンが導入されていないアジアの国に出張した方などが感染し、2~3週間の潜伏期間を経て発症し、職場で流行したというケースもあります。咳や会話などの飛沫で感染するため、発疹などの症状が出る2~3日前から、周囲に感染してしまうのです」と多屋先生。

  • 風疹の予防接種は抗体がないのであれば、夫婦で受けるようにしよう!

  •  

    「自分は男性だから」「妊娠していないから」などと、風疹を他人事のように考えていませんか?
    風疹は潜伏期間が長いため、かかっても自覚症状がないまま人の多いところへ行き、まわりの人や妊婦さんにうつしてしまう可能性があるのです。風疹の感染拡大を防ぎ、生まれてくる赤ちゃんを守るために、一人一人が感染しないよう予防することが大切です。