働く人たちのための疲れ知らずになる健康管理術

世の中の仕事人たちは、日頃の疲れをどのように解消しているのでしょうか。健康な身体を維持するための健康管理術をまとめてみました。

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食事の「質」という観点からは、低脂肪高繊維食がおすすめです。近年大腸がんの患者さんが増えていますが、これは食事の欧米化が原因の一つと考えられています。和食と洋食の違いが脂肪と繊維成分。脂肪を避け繊維を増やすことは便通の改善にも役立ちます。

    出典 :健康維持のための3つのポイント - 団塊世代退職 | セカンドライフを充実させるために - AllAbout
     

    さらに、糖質も控えましょう。

  • 冬やダイエットには最適の時期

     

    冬はマラソンのシーズンでもありますが、暑い時期に走ると汗を大量にかいて脱水症状を起こしたり、熱中症になったりするリスクが高いため、寒い時期に開催されることが身体にとっても負担が少ないのです。こうしたことを考えて、冬でも楽しめる運動としてまずオススメしたいのは、ランニング、ジョギング、ウオーキングといった有酸素運動です。

  • 東洋医学では、この腹式呼吸が正いものと伝られてきました。 別名「丹田呼吸法」と呼ばれています。おへその下の丹田という部分を意識して行うためにそう呼ばれています。 座禅やヨガのときに教えられるのも、この呼吸法です。

     この丹田式呼吸法を行なうことで、セロトニン神経が活性化され、脳内セロトニンが分泌されることが分かってきました。 セロトニンが十分に分泌されると、幸せ感や痛みの軽減、睡眠の質を高める、うつ症状の改善などが挙げられます。

    出典 :呼吸法は腹式呼吸でリラックスさせストレス解消
     

    ぜひやってみて。丹田呼吸法。

  •  休日に昼頃まで寝て、日頃の睡眠不足を解消しようとしている方は要注意です。 起床時間がいつもより遅くなるということは、生活リズムも乱れるということであり、逆に体を疲れさせてしまう結果となります。

     朝はまずがんばって起き、昼過ぎに上手な昼寝を取るようにすればよいのです。
     朝日を浴びることで、時計の時刻合わせが行われます。 ここで多少のズレなら修正されます。

     早起きの生活習慣で、太陽の光を俗びで体内時計が正常になり、夜もスムーズに寝つくことができるようになります。 太陽の光を浴びることに意味があります。

     太陽の光を浴びると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が止まり、セロトニンが分泌されます。 セロトニンは神経伝達物質の一種で精神を安定させます。セロトニンを増やすには、早寝早起きの生活に戻すことから考えましょう。セロトニンは太陽の出ている日中に分泌されやすいので、人間の本来の生活習慣直がセロトニンを活性化しやすいのです。

    出典 :早起きの生活習慣でストレス解消
     

    規則正しい生活が一番、身体によいのです。

  • 規則正しい生活を送りましょう。 幼い頃から、何度も聞いた言葉ではないでしょうか?

     規則正しい生活とは、生まれつき体に備わっている生体リズムに沿った生活という意味で、最も自然で健康的な生活といえます。
     しかし、現代の生活環境は、健康的な生活を崩す要因が多く、24時間営業の飲食店や夜通しの娯楽、コンビニやテレビ・パソコンなどの普及により急激に変化しています。 このような変化により、体の生体リズムにも悪影響が及んでいます。

     生体リズムを無視した不規則な生活を送ると、様々な不調を感じるようになります。 生体リズム、自律神経、ホルモンはすべて連帯しているため、生体リズムが乱れると自律神経やホルモンバランスにも悪影響が及んでホメオスタシス機能を乱すのです。

    出典 :健康保持のメカニズムはホメオスタシス
     

    慣れないうちは、朝起きる時間だけでも同じ時間にしてみるという方法があります。

  • ●ストレス解消と健康管理の生活習慣を!
     ストレスが体の仕組みに影響しています。 正常な状態を保つために無意識のうちに、健康保持のメカニズムが自律神経とホルモン・免疫系 の体制を整えますが、長期化するとこころと体も疲れきってしまいます。

     ストレス解消法は、スポーツ、マッサージ、アロマテラピー、腹式呼吸、クラッシック音楽などさまざまです。 長く息を吐く呼吸法、表情筋を働かせての笑いや散歩、運動などで、環境を変えてみてください。 プラス思考で過ごすし、良い言葉で発想をかえ、良い遺伝子のスイッチをオンし、ストレス解消の生活習慣を身に付け、ストレス解消の健康管理を目指しましょう。 

    出典 :ストレス解消と健康管理・ストレス解消法と私の健康管理はこころと体
     

    自分に合わせたストレス解消術を身につけましょう。

  • 病は気からと言われますように、
    思いひとつで病気になることも、それを避けることもできます。
    心が健康に及ぼす影響は計り知れないものがあります。

     ところが心も健康であったはずが、一旦悪くなった肉体、特に臓器が自己治癒力だけでは
    回復できないほどに働きが悪くなっていたり、
    治癒力そのものが低下してしまうと、
    今度は健康な心(精神)が肉体(健康)の奴隷になってしまいます。
    心が健康ではなくなってしまうのです。

    出典 :心と健康の話◇心と健康について◇身体精神医学など
     

    身体の健康とともに、心の健康にも気を配りましょう。

  • 一旦、「健康な体」の管理を怠り病気の体になると、本人ばかりでなく、家族の生活リズムと健康な体も損なわれ、
    医療費の負担や社会生活の制約を受け、健康体の時にはなんとも思わなかった日常生活が、とても貴重に思えてきます。
    出典 :健康な体の話◇健康な体とからだのバランス、そして自覚について
  • あらためて「睡眠は健康管理に重要である」なんて言われなくても、睡眠は健康に欠かせませんよね?
    ふとんに横になった瞬間に意識がなくなる時と、
    とても疲れているのに、いつまでも横になったまま「眠れな~い」って時も確かにありますよね。

    睡眠と健康の間の関係は、心身ともに健康な時にはよく眠れ目覚めたあともさわやかな事からも明白です。

    病気になるとからだの病気であっても睡眠が充分に取れなくなってしまいます。
    精神的なストレスや心に悩みがある場合も、寝つきが悪くなり熟睡出来なくなってしまいます。


    出典 :睡眠と健康◇睡眠と健康の関係について◇脳の眠りとからだの眠り
     

    良質な眠りがあなたを健康に導きます。

  • ● 適度の運動を効果的に行いましょう。脈拍数110〜120/分くらいの運動を、1日30分。

    血圧を下げるための運動は、その人の最大運動能力の半分くらいの強さがいちばん適しています。それは1時間運動した後、さらにあと1時間やれといわれても楽に続けられる程度の運動で、目安は脈拍数110〜120/分くらいです。具体的には、早歩きで十分です。ジョギングだと最大運動能力の70%くらいになり、少しきつすぎます。軽い運動を1日30分、もしくは2日に1回60分くらい行いましょう。

    出典 :健康ネット | 健康・体力アップ|健康・体力づくりのための知識|血圧
     

    たとえば、出勤時のエスカレータを階段に変えるというだけでも変わってきますよ。

  • ● 軽い運動は最大血圧値を下げます。

    軽度の運動を継続して行うと、高血圧だけでなく、高脂血症の改善、糖尿病や骨粗しょう症の予防など良いことだらけです。血圧が高くてもよく運動するグループの方が、血圧が正常でも運動しないグループより、死亡率が低くなります。

    出典 :健康ネット | 健康・体力アップ|健康・体力づくりのための知識|血圧
     

    いつもの駅から一駅前で降りて歩いてみましょう。

  • 1日に必要な食塩量は1gもあれば十分で、生理的な安全を見積もっても3g程度です。ところが日本人の食塩(ナトリウム)の摂取量の平均は、1日12gになっています。従って、ほとんどの高血圧の人が減塩の対象となります。半分の量である1日6〜7gをめざせば、最大血圧値の低下が大いに期待できます。また、カリウムは身体からナトリウムの排泄を促進し、血圧低下作用をもっています。腎臓病などで特別にカリウムを制限している人以外は、食品からカリウムを多くとるように心がけ、血圧を下げましょう。

    出典 :健康ネット | 健康・体力アップ|健康・体力づくりのための知識|血圧
     

    日頃の食生活から減塩を気にしてみましょう。

  • 飲酒量の多い人には高血圧が多くみられます。血圧を上げるのはアルコールの量そのものです。蒸留酒などはアルコール濃度が高いので、飲みすぎると血圧が上がります。1日にビールなら大ビン1本、日本酒なら1合にしましょう。

    出典 :健康ネット | 健康・体力アップ|健康・体力づくりのための知識|血圧
     

    働く人なら、つきあいのお酒もあることでしょう。自己コントロールができるようにしましょう。

  • 肥満によりなぜ高血圧になるのか、そのメカニズムはよくわかっていませんが、肥満になると高血圧が多くなります。肥満の解消は血圧低下、血清総コレステロール値や中性脂肪の低下、善玉HDLコレステロールを増やすため糖尿病の予防になるなど、メリットがいっぱいあります。

    出典 :健康ネット | 健康・体力アップ|健康・体力づくりのための知識|血圧
     

    肥満予防も健康管理のひとつです。

  • 足裏マッサージだけでは不十分! 足の甲もマッサージを

     

    足部への負荷が強まると、立ち姿勢の際、本来は足首の少し前方へかかるべき体重の位置にズレが生じます。足の裏を見ると土踏まずの部分にくぼみがありますが、そのくぼみが浅くなったり、足裏の皮膚が部分的に硬くなってしまうといった変化も足部の状態が悪いというサインになります。

    そこで、普段気がつかない足裏への負担を足裏マッサージにより軽減させて、腰痛や膝痛予防へとつなげることができると良いでしょう。姿勢的アンバランスを整える基礎ともなります。足裏をマッサージする際に、足の甲も軽くマッサージを加えると、よりバランスがとれやすくなります。