無添加だから安心?【食品添加物】きちんと知ろう!!!!

無添加だから安心?
本当かどうかまとめてみました
きちんとした知識を持ちましょう

view231

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食品添加物は?

  • 食品添加物は、どこが問題なのでしょうか?

    それは、一言で言うと、安全性が確認されていない点にあります。
    正確に言えば、その安全性が人間で確認されたものではないということです。
    出典 :食品添加物の問題点|食品添加物を知ろう
  •  

    毎日、私たちが口にしているあらゆる食品に使われている「食品添加物」。ネガティブなイメージで捉えられがちですが、食品添加物の力を借りなければ、現在のような食生活を送ることはできません。その一方で、「無添加食品」が注目を集め、健康食品などで盛んに謳(うた)われている現状があります。では、「無添加」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

  • 食品添加物の種類と用途

  • 食品添加物とは、食卓に上るさまざまな食品を製造・加工したり、保存したりするときに使われる物質のことをいいます。具体的には、食品の形を作ったり、味や色を付けたり、長持ちするようにしたり、栄養成分を強化したりする目的で使われる物質です。よく耳にする「甘味料」「香料」「着色料」「保存料」「酸化防止剤」といったものが、食品添加物にあたります。
    出典 :無添加だから安心? 食品添加物を知ろう|ヘルスケア情報|eo健康
  • ・指定添加物:厚生労働省が安全性と有効性を確認した添加物
    ・既存添加物:長期間にわたって使われてきた実績があるとして認められている添加物
    ・天然香料:植物や動物を起源とする香料
    ・一般飲食物添加物:通常は食品として扱われるものを添加物として用いる添加物
    出典 :無添加だから安心? 食品添加物を知ろう|ヘルスケア情報|eo健康
     

    4つに分類されているようなのです

  • 食品添加物の例

  • 1.着色料…着色します
    2.甘味料…甘味をつけます
    3.酸味料…酸味をつけます(が、実際にこの役割をする添加物は、同時に保存・酸化防止・ph調整剤としての役割をもつものが多い)
    4.糊料、及び増粘安定剤…とろみや粘性をもたせたり、ゼリー状に固めたりします
    5.漂白剤…漂白します
    6.発色剤…黒ずみを防ぎ、色を鮮やかに保ちます
    7.保存料…保存性を高めます
    8.防カビ剤…カビの発生や腐敗を防ぎます
    出典 :食品添加物の種類|食品添加物を知ろう
     

    こんな感じの効果があるのです

  • 甘味料 キシリトール
    《指定添加物》 野菜や果物に含まれている天然物。
    ガムや清涼飲料水等に甘味料として用いられている。

    香料 バニラ香料
    《天然香料》 バニラの果実から得られる香料。
    複数の揮発性成分から構成されている。

    カニ香料
    《天然香料》 カニの身から得られる香料。
    かまぼこ等の魚肉練り製品に用いられる。

    着色料 クチナシ色素
    《既存添加物》 クチナシの果実から得られる着色料。
    栗きんとん等に用いられる。
    イチゴジュース
    《一般飲食物添加物》 イチゴの果実をしぼった汁。
    饅頭の着色に用いられる。

    保存料 ソルビン酸
    《指定添加物》 カビや菌の増殖を制御する。
    チーズや食肉製品、漬け物等に使用が認められている。

    酸化防止剤 L-アスコルビン酸
    《指定添加物》 別名はビタミンC。食品の酸化を防ぐために用いられる。

    その他 かんてん
    《一般飲食物添加物》 テングサ等から粘質物を抽出したもの。
    ようかんなどの成形に用いられる。
    出典 :無添加だから安心? 食品添加物を知ろう|ヘルスケア情報|eo健康
  • 「無添加」はイメージにしかすぎない

  • 実際のところは、「無添加」という言葉の持つ良いイメージに、惑わされているだけのことも多いようです。
    「着色料無添加」という表記がある場合は、「着色料が使われていない」ことを謳っているだけで、ほかの食品添加物は使用されているはずです。「保存料無添加」という表記がある場合なら、そもそも保存料を使用する必要がない食品(例:加熱処理済みの野菜ジュース)である可能性もあります。「無添加」という表示を見たら、何が無添加なのか? どういう意味なのか? を確認するようにしましょう。
    出典 :無添加だから安心? 食品添加物を知ろう|ヘルスケア情報|eo健康
  • 特に注意したい添加物は

  • ◆数字が付くもの :
     赤104号、赤106号、赤2号など、着色料は数字が付いているものが多い。
    ◆表示の( )内に「~酸」 :
     保存料(ソルビン酸)、発色剤(亜硝酸Na、硝酸K)など、表示の( )内に「~酸」があるものが危険。クエン酸、リンゴ酸は大丈夫。
    ◆アルファベット(特にNaとK) :
     リン酸Na、ソルビン酸Kなどアルファベットが付いているもの。とくにNa(ナトリウム)とK(カリウム)が危険。
    ◆長いカタカナ :
     サッカリン、アスパルテームなどの長いカタカナ名称。コチニールやアナトー色素なども。
    出典 :geocities.jp
  • いつでも出来る予防策として

  • インスタントラーメン・中華麺はゆでこぼす
     麺をゆでたらゆで汁を1回捨て、新しいお湯でスープを作りましょう。カップ麺でも、かやくと麺が別々のものを選んで同様に作ることをお勧めします。かんすいやリン酸塩、その他の添加物が半減します。

    魚肉・練り製品は下ゆでする
     ちくわ、かまぼこなどの練り製品は、下ゆでしてから使いましょう。おでんの具などに使うときも、そのまま一緒に煮るのではなく、分けて下ゆでして煮汁は捨てることをお勧めします。かまぼこは薄くスライスしてゆでます。

    ハム・ソーセージは湯どおしする
     ソーセージは裏表に切れ目を入れるなど、表面積を大きくして、2~3分下ゆでします。これで保存料や添加物は半減します。炒めても添加物は減らないので、炒めものの前にもさっと湯通しすることをお勧めします。
    出典 :geocities.jp
     

    これくらいはしておきましょう

  • 1日の「摂取許容量」を知る

  • 一つの添加物が「指定添加物」として認められるには、10種類以上の入念な試験が行われます。その結果、人体にとっての毒性が認められなくなる量(無毒性量)が分かると、それをもとに、1日の摂取許容量や使用基準が定められます
    出典 :無添加だから安心? 食品添加物を知ろう|ヘルスケア情報|eo健康
  •  

    買い物の時に役立ててくださいね
    知っておくと健康に役立つこと間違いなしですよ