「パーキンソン病」は「ぼけ」と「鬱」を合併するってしってましたか?

神経変性疾患の一つであるはパーキンソン病は、アルツハイマー病についで頻度が高い病気として知られています。ただ、このパーキンソン病は単体の症状の他に、「ぼけ」や「鬱」といった症状と合併することがわかってきました。ただ、パーキンソン病そのものの原因は現在でもわかっておりません。

view842

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パーキンソン病

  • まずはパーキンソン病について知りましょう。

  • パーキンソン病

  • パーキンソン病の国内患者数

  • パーキンソン病

     

    国内患者数です。

  • 主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定され、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています。パーキンソン病は50歳、60歳代で発病することが多いのですが、70歳代以上の高齢で発病する方も稀ではありません。また、時には40歳前に発病する方もいます。一般的には遺伝する病気とは考えられていませんが、年齢の若い段階で発病した方の中には、遺伝子の異常がある方がいる事が解ってきています。
    出典 :パーキンソン病とは?
     

    パーキンソン病の患者数は高齢化に伴い増加しています。

  • パーキンソン病の症状

  • 初発症状は、片方の手の震え(安静時振戦(しんせん))や歩きづらさ(歩行障害)が多く、前かがみで小きざみに歩くようになります(図23)。筋のこわばり(歯車様固縮(こしゅく))や手足の震え(振戦)は当初は片側だけですが、進行するにしたがって反対側にも現れます。

    1歩めが出にくくなり(すくみ足)、歩幅も小さくなります(小きざみ歩行)。全体に動作が遅くなり(動作緩慢(かんまん))、方向転換や寝返りが苦手になります。歩いているうちに足が体に追いつかなくなり(突進現象)、姿勢の反射も障害されている(姿勢反射障害)ために前のめりの姿勢を立て直せずに転倒することもあります。

    そのほか、表情が乏しく(仮面様顔貌(がんぼう))、おでこや頬が脂っぽくなります。自律神経系では、便秘や立ちくらみ(起立性低血圧(きりつせいていけつあつ))が現れます。精神症状として、うつ状態もみられることがありますが、一般には知能は正常に保たれます。
    出典 :パーキンソン病 - goo ヘルスケア
     

    このように精神症状として鬱状態も見られるわけですが、一般には知能は正常に保たれます。ですが、最近では、ぼけや鬱が合併していることが指摘されるようになってきました。

  • パーキンソン病はぼけや鬱を合併する

  • 最近パーキンソン病の患者さんも非常に寿命が長くなって、少し、ボケの症状を出していらっしゃる方がいらっしゃいます。配偶者の方が心配して、相談に来られる場合もありますが、パーキンソン病の患者さんのボケが、すべてその病気のためだとは限りません。(以下途中省略)

    それから、パーキンソン病の方のかなりのパーセンテージで欝を合併していらっしゃるということがわかってきました。患者さん自身もお家の方も気づいていらっしゃらないことが多いですね。これは世界保健機構の調査で分かってきたことで、その調査によると、患者さんの実に60%が欝を患っていらっしゃる。治療が必要なはっきりとした欝の患者さんは、それほど多くはなくて、多分20%とか、15%とかそれぐらいだと思いますが、欝の症状が出ますと、それは生活の質を低下させる一因となります。
    出典 :水野先生講演13.14
     

    パーキンソン患者の60%は鬱を煩っているそうです。

  • パーキンソン病の原因

  • 原因は現在も不明です。脳の病理学的変化では、中脳の黒質(こくしつ)ドーパミン性神経細胞の変性が確認されています。ドーパミン性神経細胞の変性により、神経伝達物質であるドーパミンの産生が減少し、前述した特徴的な症状が現れます。
    出典 :パーキンソン病 - goo ヘルスケア
     

    残念ながら原因は特定されていません。

  • パーキンソン病の治療

  • 原因は特定されていませんが、治療方法は色々と存在します。