短期間でダイエットの効果を上げるには?

短期でダイエットするにはどうすればいいでしょう?意外なものの見方にありました。

view592

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 何をしても痩せない人っていますよね?これを読んでいるあなたも、そうでしょうか?

  • 実は、痩せられないのは、方法がまちがっている可能性もあるのです。

  • まず、「痩せる」というメカニズムを考えてみましょう。

  • 健康的に痩せて、なおかつ美しさがないと、意味がないと思いませんか?

  • これまでさまざまなダイエット方法がテレビや雑誌などで紹介されてきました。「○○するだけでやせる!」「○○ダイエット!」といった具合にセンセーショナルに現れるこれらの方法は、ダイエットに成功した姿に憧れる多くの女性のハートをキャッチし、よくブームになったりもしていますね。実際に試してみた方も多いのではないでしょうか。
     つらくて長く、厳しい印象が漂うダイエットのイメージを覆し、カンタンに短期間でやせられるとうたわれた方法が人気傾向にあるようです。誰だってラクはしたいもの、ですからね。

     こうしたラクな方法をgooダイエットでは全否定するものではありません。どんなダイエットをしようとも基本的には個人の自由。現にこのサイトでも、やせた体験者から寄せられた話や取材を通じて、いろんな方法を紹介しています。

     ただし、こうしたダイエットを参考にする場合は、科学的、医学的な裏付けのあるダイエットのベースになる考え方を知っておく必要があります。

     ○○でやせた、というのはあくまでそのやせた人の体験。普遍的なものではありません。たまたま本人の体質に向いていただけ、という可能性もあります。

     その体験を真似して健康を損なってしまっては元も子もありません。もしあなたが科学的、医学的な裏付けのあるダイエットを知らないのなら、ぜひこのコーナーの熟読をおすすめします。

     ダイエットの基本は「美しく健康的にやせ、そして維持する」こと。そのためには、次からの各コーナーでふれる考え方に沿ってダイエットを行うことが一番の早道になるでしょう。
    出典 :やせるメカニズム[ダイエットとは美しく健康的にやせること] - gooダイエット
     

    健康を損ねてしまったら、何の意味もありませんよね。

  • また、こういうことも言えます。

  • 太るメカニズムはいたって単純で「太る」というのは摂取カロリーが消費カロリーを上回りあまったカロリーが脂肪として体に蓄積された結果です。
    裏を返せば消費カロリーが摂取カロリーを上回ればちゃんと痩せるということなんですね。

    じゃあ脂肪1kg減らすためには一体どれくらいのカロリーを消費すればいいの?


    答えは「摂取カロリー」-「消費カロリー」=「7200kcal」です!

    個人差はありますが7200kcalとは体重55kgの人が約60時間散歩するか、または約13時間半水泳(平泳ぎ)することでようやく消費できるカロリーです。

    反対に1ヶ月間、ごはん1杯(約240kcal)分を余分に食べ続けたら、楽々1kg太ってしまいます。

    まさに「太るは簡単、痩せるは困難」ですね。
    出典 :■太るメカニズムとやせるメカニズム
     

    うーん、具体的に数字になると現実が見えてきますね。

  • では、具体的な方法を見ていきましょう。

  • まずは、食生活の改善からです。

  • ダイエットするならまず普段の食生活を見直す事から始めましょう。


    スタートして何日かは頑張れても中だるみという事も出てきます(^^;)


    私がダイエット中、甘い物が欲しくなってきたりダイエットを挫折してしまいそうになった時にお助けしてくれた商品があるので紹介します。

    良かったら参考にしてみてください♪
    ダイエットお助け商品詳細はこちらをクリック


    運動はいくらたくさんしても間違った食事方法では運動の効果も得られないし
    逆に体を壊してしまいます。


    ではどのような食事が良いのか。


    答えは簡単です。


    昔ながらの「和食」にするだけです。


    和食が痩せる食事のポイントです!


    欧米化が進んだ現代で難しいと思いがちですが、実はとても簡単な事。


    出来ないと思うのはあなたが「無理!」と決めつけているだけです。


    野菜・魚・鶏肉・大豆製品、ご飯は玄米か雑穀米が良いでしょう。


    少なく見えますがこれだけで十分いろんな料理が出来ます。


    例えば野菜サラダに鶏肉じゃが、根野菜たっぷりの味噌汁。


    炭水化物はあまり取らない方がいいのでご飯を控えれる人は控えて。


    逆に足りない人はご飯半量に魚を1切れ付けてはどうでしょう。


    初日から気合を入れて量を減らし過ぎると続かない可能性もありますが
    短期間で痩せるという目標なので、頑張れるだけ頑張りましょう!


    和食と言ってもてんぷらや油を多く使う料理は止めてくださいね。


    逆に野菜だけでもいけません。


    筋肉を作るたんぱく質が不足してしまうからです。


    何事もバランスが大事ですね(^^)
    出典 :和食中心にする@ダイエット中に改善する最低限の事です。
     

    意外と簡単なことですね。

  • また、炭水化物の摂り方を変えるだけでも、意味があります。

  • ダイエットに興味を持ってる人なら聞いた事あると思う「炭水化物抜きダイエット」。

    おかずの方がカロリーが高いのでは?
    と思いがちですが、単にカロリーの問題だけではなさそうです。


    炭水化物と言うのは体に取り込まれると糖質に変わります。


    糖質と聞くと太りやすいという事がわかるのではないでしょうか。


    太ってしまった原因・・・それは・・・


    炭水化物の多いパンや麺類・お菓子を食べすぎている自覚はありませんか?


    お菓子の炭水化物を抜いた時、物足りなさを感じたり食べたくなった時は
    こちらの商品がおススメです。参考にしてみてください☆


    食べ過ぎなければ太る原因になることもありません。


    ダイエット中でも甘い物が食べたい人におススメですよ♪


    私がおススメする炭水化物の抜き方は3食のうち2食で抜く方法です。



    炭水化物好きがいきなりゼロにしてしまうと
    必ずと言って良いほど続かなかったり
    止めた後のリバウンドにも影響しかねないからです。


    もちろんゼロに出来る人は頑張って抜いてみましょう。


    その方が効果は高いです。
    出典 :炭水化物抜きダイエット@急いでダイエットしたい人はコレを抜け!
     

    炭水化物も摂りたいときがありますもんね。

  • 水を摂ることも大切です。

  • 水分が不足すると血液はドロドロになり老廃物も流れなくなります。


    そうならない為にも水は十分飲みましょう。


    お茶ではなく「水」がいいです!


    ジュースは糖分だらけなのでとうてい良いとは思えないし
    お茶は利尿作用が高く、体内を循環する前に流れてしまいます。


    ちなみに私は水を飲むのと並行して取り入れていたドリンクがあります。
    →→→酵素ドリンク詳細はこちらをクリック

    それは「酵素」という体の働きにとても重要な成分がぎっしり詰まっていて
    ダイエット中のお肌の調子を整えたり不足した栄養素を補ってくれます。


    ダイエットを終えた後も私にとって愛用のドリンクになりました☆
    おススメですよ♪


    水を飲むと良い事は他にもたくさんあります。


    血液の循環が良くなれば代謝も上がります。


    代謝が上がればカロリー消費も増え体温も上がり痩せやすくなります。


    腸内の宿便も出てお腹スッキリです☆


    水を飲むとダイエットに効果的だという事をもっと詳しく話します。


    体に取り込むエネルギー量が減ると
    今度は体内の脂肪をエネルギーとして使うようになります。


    その脂肪がエネルギーに変えられた時に出来た成分が
    とても水に溶けやすいのです!


    脂肪が水に溶けやすい成分に変わった→水を飲んで流してあげる。


    という事なのです!


    ではいったいどのくらいの量を飲むのか。


    短期間で痩せたい人は頑張って4L!


    そんなに無理だと感じる人は4Lを目標に2L以上飲んでください。


    私は冷たい物をたくさん飲むのは苦手なので、
    温度は常温かぬるま湯を飲んでいます。


    その方が体温を下げる事無く飲む事が出来るのでいいと思います。



    水をたくさん飲んで余分な脂肪や老廃物をどんどん流してください。


    トイレの回数が格段に増えます(^^;)
    出典 :水をたくさん飲む@痩せるコツは水!水の摂り方・量を教えます。
     

    水を飲むことは、美しく生きることにつながります!

  • カロリーも、ちゃんと意識しましょう。

  • 短期間で痩せるダイエット中のカロリーは成人女性で1200~1400カロリーがいいと思います。


    カロリー計算をするのが難しい時は
    私のおススメダイエット食品を紹介します☆


    どれも美味しくてダイエット中の欲求に重宝します(^^)


    参考にしてみてください。    おススメダイエット食品詳細はこちらをクリック


    ここで間違ってしまいがちな事は、野菜ばかり食べてしまう事です。


    野菜は確かに低カロリーで体に良い食べ物ですが
    それだけでは体を動かす力になりません。


    たんぱく質もきちんと取ってあげましょう。


    牛肉や豚肉は脂肪分が多くおススメしませんが
    鶏肉のささ身や胸肉は料理の幅も広がり
    良質なたんぱく質が摂取出来ますよ。


    私はささ身を焼いて塩コショウで味付けし、レモンを絞っただけの物も
    美味しく食べています☆


    焼きながらドレッシング(ノンオイルやオリーブオイルの物)を掛けて味付けしても美味しいですよ♪肉も柔らかくなります(^^)
    出典 :低カロリーの食事@たくさん食べても大丈夫なものはコレです!
     

    読んでいるだけで食べたくなりますね(笑)。

  • ダイエットをする上での注意点です。

  • 自己流ダイエットは危険が伴いますので、下記の注意事項をよく守り正しいダイエット方法を覚えて下さい。
    食事はゆっくりよく噛んで。栄養バランスの取れたものを規則が正しく!
    寝る前2時間は食べない
    体重や脂肪を落とすなら、有酸素運動を20分以上続ける。
    (ウォーキング・ジョギング・水泳(ゆっくり泳ぐ)・サイクリング・エアロビクスなど)
    太りにくい体作りには、筋肉をつける無酸素運動を。
    運動する時間が取れなくても、電車やバスでは座らない、一駅分歩く、エスカレーターやエレベーターをやめて階段にする、など、日ごろの生活の中に動きを取り入れて。
    ストレスをためない。
    出典 :ダイエット方法や注意・正しいダイエット方法手続き
     

    上記のことを、ちゃんと頭の片隅に入れておきましょう。

  • では、まとめです。

  • 1、摂取するもののバランスを考える。
    2、無茶なダイエットはしない。

    綺麗に健康的に痩せましょう。