アナタ・・・最新のエイジングケア「幹細胞コスメ」って知ってる?

「幹細胞コスメ」って聞いたことありますか?
幹細胞とは、細胞の“元”になる細胞とのこと。
ちょっと難しいですが・・・
この細胞を活性化させてアンチエイジングしようってものらしいのです。

ちょっと、興味・・・出てきました?

view866

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 幹細胞の種類

     

    体性幹細胞・・・体の各組織にある幹細胞。

    ES細胞・・・受精卵から核を取り出して作られる幹細胞。倫理的な問題があるため扱いが難しい。

    iPS細胞・・・再生医療の分野で最も注目されている細胞。皮膚から取り出した細胞に特定の遺伝子を入れたもので、あらゆる種類の細胞への分化が可能。

    引用)http://bihada-mania.jp/blog/19693#i-2

  • 元々の体にあるのは「体性幹細胞」つまり、これをどうにかするってことみたい?

  • 幹細胞コスメとは

  • 皮膚生理学や細胞学の進化に伴い、コスメの世界も大きな進化を遂げています。基底膜にある幹細胞の一種、表皮幹細胞が表皮細胞を作り出しターンオーバーの周期を司っています。また、真皮層にある線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成し肌組織を作り出しています。この線維芽細胞を生み出しているのは真皮幹細胞です。真皮幹細胞が線維芽細胞を量産し、表皮幹細胞が表皮細胞を量産すれば、線維芽細胞がタンパク質を量産しターンオーバーが短縮し、肌組織は若々しい健康な状態に戻ります。私たちの考える「幹細胞コスメ」とは、幹細胞に直接働きかけて肌組織を活性化する次世代のコスメです。
    出典 :幹細胞培養液 | アンチエイジング株式会社 | アンチエイジング株式会社
     

    美肌に関連する色んな「幹細胞」を活性化させるコスメってことなんですね~。

  • 幹細胞研究は、医療分野以外でも注目され、化粧品業界では、ES細胞から少し進んだ幹細胞「体性幹細胞」に着目し、研究が進められた。体性幹細胞とは、身体の各組織に存在し、特定の細胞になれる幹細胞を指し、その一つ、皮膚幹細胞へアプローチする成分や理論を確立することにより、革新的な肌のエイジングケアが実現可能になることを意味する。
    出典 :化粧品研究の最先端、幹細胞化粧品・幹細胞コスメの動向を追う - 化粧品業界人必読!日刊コスメ通信 | 週刊粧業
     

    肌の生成“そのもの”にアプローチするってことなのでしょうか。

  • 皮膚の幹細胞

  •  

    皮膚には、表皮を生まれ変わらせる「表皮幹細胞」と、新しい線維芽細胞を生み出して、真皮を生まれ変わらせる「真皮幹細胞」が存在します。年齢を重ねると、この二つの幹細胞の再生能力が低下。肌のシワ・たるみ・乾燥などの肌老化は、幹細胞が衰えることも大きな原因であることがわかっています。

    線維芽細胞とは
    コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの真皮の成分をつくる工場のこと。

    引用)http://bihada-mania.jp/blog/19693#i-2

  • 美肌を求めるのであれば、この2つの「幹細胞」に注目し、活性化させることってことですね。

  • 植物幹細胞由来の成分

  • 植物幹細胞を由来として化粧品の成分に配合しているコスメは、化粧品メーカーが独自に研究・開発しており、現状”この成分を使ったから「幹細胞コスメ」である”という明確な定義はありません。
    ※化粧品成分として認可はされています。

    出典 :最新のエイジングケア「幹細胞コスメ」とは | 美肌マニアの美容情報
     

    なるほど~・・・まだハッキリできないとこがあるのかな?でも、効果はありそうですよね!

  •  

    ■スイスの希少なリンゴから抽出した、リンゴ果実培養細胞エキス

    ■アルガンツリーの芽から抽出した、アルガンセルエキス(アルガン幹細胞エキス)

    ■クリステマリンというフランスの薬草から抽出した、クリスマムマリチマムカルス培養液

    引用)http://bihada-mania.jp/blog/19693#i-2

  • 色々な「幹細胞コスメ」たち