花粉症の人は控えた方がいい食べ物

花粉症に効く食べ物を摂ってもあまり効果がないという人も多くないですか?花粉症の人は控えた方がいい食べ物を紹介します。一度食生活を振り返ってみて下さい。

view299

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 甘いものは控えよう

  • ケーキやアイスクリームなどの甘い食べ物は食べ過ぎると、炎症を起こしやすくなるといいます。食養生でも、甘いものや冷たい食べ物は「陰性」と言って、カラダを冷やすので、血行を悪くし症状を悪化させると言われます。確かに、カラダを冷えると、免疫力が低下する事にもつながります。
    出典 :2/3 花粉症になったら、こんな食べ物にご注意! [食と健康] All About
  • 甘いものが大好きな人にとってはストレスがたまってしまいそう…

  • アルコールを控えよう

  • お酒は粘膜を流れる血液の量を変化させ、鼻づまりの原因になります。花粉飛散期にはなるべく避けてください。血液の中のアルコール分は、脳の神経を麻痺(マヒ)させ、特に交感神経のはたらきを弱くする作用があります。交感神経は血液の流れを調節する大切な働きをもっているので、この神経の麻痺は、血流の障害を起こし、鼻の粘膜内を流れる血液の量が減って、うっ血状態になります。これによって鼻の粘膜が腫れて、鼻づまりの原因になるのです。
    出典 :飲酒や喫煙の花粉症への影響 - 花粉症時の食事 - 花粉症と鼻水.COM
  • アルコールは鼻づまりを悪化させてしまうのですね。

  • リノール酸に注意

  • 必須脂肪酸のリノール酸からできるアラキドン酸という物質が、いろいろな反応の元の物質になるのです。アラキドン酸からできるいろいろな物質は免疫系に対しては花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーに関係した炎症反応を強めるように働きます。ですからアラキドン酸の元になるリノール酸はアレルギーのアクセルと言えます。
    出典 :アトピーや花粉症のアレルギーから油を考えよう! 加熱調理にはオリーブオイルを [花粉症] All About
  • 食用油の必須脂肪酸

     

    リノール酸は、特にべにばな油(サフラワー油)やひまわり油、コーン油に多い。

  •  

    揚げ油やスナック菓子、マーガリン、マヨネーズ、ドレッシング等にも使われていて、日本人は摂りすぎている傾向にあります。

  • まずは使っている油を変えてみるのが第一ですね。スナック菓子やマヨネーズなどはよく口にするから注意ですね。

  • 肉食注意!

  • 動物性たんぱく質は、ご存知のように摂取してから消化されるまでの時間がかかり、消化器官に長時間残ることがあります。

    その未消化の残留物を人体は栄養分と見なさず、異物として認識してしまうことがあるのです。

    この動物性たんぱく質は異物として認識されますから、撃退しようと、体内の免疫系は活発に作用します。

    これだけではなく、肉の脂身が含む「脂肪酸」はアレルギーの症状を悪化させてしまう物質を作り出す元にもなってしまいます。

    これが動物性たんぱく質・肉食が花粉症を悪化させる仕組みの簡単な説明です。
    出典 :花粉症 動物性たんぱく質で悪化 - 花粉症予防|食べ物と花粉症(予防・対策)
  • 動物性タンパク質

     

    特に肉は注意!

  • 食事から肉を減らしていくことが大事ですね。