不眠症でも、ただの寝不足でもない“かくれ不眠”の正体とは

“かくれ不眠”という言葉をご存じでしょうか?
不眠症でも寝不足でもない症状とはいったいどんなものなのでしょうか。
健康にも関わってくることなので解消しておきたいですね。

view172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • かくれ不眠とは

  • 慢性的な不眠ではなく、専門的な治療をする必要はないけれど
    睡眠に悩みや不満を抱え、日常生活に影響がある。
    そんな状態にもかかわらず睡眠の重要性に対して
    認識が低い状態を示す言葉です。

    出典 :「かくれ不眠」とは?|かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会
  • 毎日じゃないけど、布団に入ってもいつまでも眠れない、
    ちゃんと寝ているはずなのに、朝に疲れが残っている・・・。
    そんな症状があっても「毎日じゃないから大丈夫、体質だから」
    などと、考えてはいませんか?何か思い当たることがあれば、
    あなたは「かくれ不眠」かもしれません。
    出典 :「かくれ不眠」とは?|睡眠改善薬 ドリエル 【エスエス製薬】
  • 不眠症とかくれ不眠の違い

  • ・不眠症
      継続的に不眠状態になる(週2回以上、1ヶ月継続)
      不眠のために生活に支障をきたす。

    ・寝不足
      不快感はあるが、深刻さはない。

    ・かくれ不眠
      軽度で短期の不眠状態になる。
      不眠の状態に気付いていないことがあるにもかかわらず
      生活に支障がではじめる。

  • かくれ不眠のタイプ

  • 生活不規則タイプ

     

    仕事などに追われて生活が不規則になり睡眠が削られている
    というかくれ不眠です。
    生活の流れに身を任せているため、睡眠不足を苦にしていないようで
    実は脳が疲れていたり身体機能のバランスを崩していることがあります。

  • 自分は大丈夫!というタイプ

     

    本格的な不眠症に最も近いといわれる、かくれ不眠のタイプです。
    寝なくても大丈夫、睡眠時間を削ってでもがんばらないと
    などという思いでいる人は要注意です。

  • 高ストレスタイプ

     

    不十分な睡眠の質と量にいよって、様々なストレスが顕在化
    している恐れのある、かくれ不眠のタイプです。

  • 眠りが浅いタイプ

     

    眠りが浅いために、質の悪い睡眠となる
    かくれ不眠のタイプです。
    生活も乱れておらず、睡眠をとろうとしているけども
    ぐっすり眠れない・・・。
    比較的、高齢の方に多いといわれています。

  • 初期かくれ不眠タイプ

     

    初期の段階でのかくれ不眠タイプです。
    この時点でも睡眠についての悩みがあるという人が多く
    早めに対処する必要があります。

  • 睡眠が重要だといわれる理由

  • 睡眠は、起きた時にちゃんと活動できるようにするための
    準備時間なので健康維持にはかかせないものとなります。

    浅い眠り(レム睡眠)の時には、脳は起きていた時と同じように働いており
    起きていた時に得た必要な情報や記憶を整理しています。

    また、深い眠り(ノンレム睡眠)に入ると、脂質やタンパク質、骨などの代謝などに
    関わる成長ホルモンがさかんに分泌されます。
    これは、子供の場合は体の成長に大きく関わり、また大人の場合は
    組織の修復作用などによる疲労回復に関わっていると考えられています。


  • よい睡眠をとるために・・・

  • ・寝る2時間前までに食事をすませる
    ・日常的に軽い運動をする
    ・ぬるめのお湯にゆっくりと浸かる
    ・お気に入りの寝具や、温度、湿度、暗くするなど寝る環境を整える
    ・早起きをしたり、短めの昼寝をしたりする
                                など

  • 快眠におすすめのドリンク

  • ・ホットミルクを飲む
     温かい飲み物は身体を芯から暖めてくれるため、
     リラックス効果があります。
     また、ミルクは興奮状態を抑えてくれるので
     頭が冴えてしまうのを防ぎます。
    出典 :快眠する方法 | nanapi [ナナピ]
  • 良質な睡眠をとることで、健康にも美容にもいいことばかりです。
    不眠症になってしまう前に、かくれ不眠の段階で改善できるようにしましょう。